Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23587 reports
( Participation 457 Orgs )
report count
61920 reports
( compared to the privious fiscal year + 13367 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126565 reports
( compared to the privious fiscal year + 32375 reports )

二本松城跡29

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/61969
引用表記 二本松市教育委員会 2018 『二本松市文化財調査報告書67:二本松城跡29』二本松市教育委員会
二本松市教育委員会 2018 『二本松城跡29』二本松市文化財調査報告書67
File
Title 二本松城跡29
Participation-organizations 二本松市 - 福島県
Alternative にほんまつじょうあとにじゅうく
Subtitle 平成29年度整備事業報告書
Volume
Series 二本松市文化財調査報告書
Series Number 67
Author
Editorial Organization
二本松市教育委員会
Publisher
二本松市教育委員会
Publish Date 20180328
Publisher ID 07210
ZIP CODE 9608601
TEL 0243555154
Aaddress 福島県二本松市金色403番地1
Report Type annual
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 二本松城跡 第26次
Site Name Transcription にほんまつじょうあと
Order in book
Address 二本松市郭内三丁目
Address Transcription にほんまつしかくないさんちょうめ
City Code 07210
Site Number 0019
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 373554
East Longitude (WGS) 1402551
Research Period
20170616-20170731
Research Space
286.5
Research Causes 史跡整備
OverView
Site Type
城館
Main Age
江戸
Main Features
石垣
Main Foundings
陶磁器
古銭
砥石
製糸会社関連遺物
Remark 本坂御殿石垣南面の明治期以降の堆積土を除去して江戸期の景観を復元。
Abstract  二本松城跡は二本松藩丹羽氏の居城として営まれた近世城郭であるが、その前身は奥州管領として下向した畠山氏が築いた中世城館であるため、中世と近世の城跡が同じ場所で営まれたことが当城跡の当城跡の最大の特徴である。
 今回整備した本坂御殿南面石垣は、谷地形を抑える形で石垣を築いたため現在でも湧水する状況がみられた。これは当該石垣が大きく孕んでいることの一要因と考えられることから、今後、慎重な経過観察と対応が必要と判断された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 80
File download : 0

All Events