Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24064 reports
( Participation 470 Orgs )
report count
64007 reports
( compared to the privious fiscal year + 15600 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
128515 reports
( compared to the privious fiscal year + 34172 reports )

筑後国府跡 平成26年度発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/59289
引用表記 久留米市市民文化部文化財保護課 2015 『久留米市文化財調査報告書357:筑後国府跡 平成26年度発掘調査報告』久留米市教育委員会
久留米市市民文化部文化財保護課 2015 『筑後国府跡 平成26年度発掘調査報告』久留米市文化財調査報告書357
File
Title 筑後国府跡 平成26年度発掘調査報告
Participation-organizations 久留米市 - 福岡県
Store Page https://www.city.kurume.fukuoka.jp
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ちくごこくふあと へいせい26ねんどはっくつちょうさほうこく
Subtitle
Volume
Series 久留米市文化財調査報告書
Series Number 357
Author
Editorial Organization
久留米市市民文化部文化財保護課
Publisher
久留米市教育委員会
Publish Date 20150331
Publisher ID 40203
ZIP CODE 8308520
TEL 0942309225
Aaddress 福岡県久留米市城南町15-3
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 筑後国府跡 第275次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 1
Address 久留米市合川町244、245
Address Transcription くるめしあいかわまち
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331846
East Longitude (WGS) 1303229
Research Period
20140116-20140203
Research Space
246
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
溝 2条
井戸 1基
土坑 1基
Main Foundings
土師器
須恵器
鉄製品
銅製品
縄文土器
Remark 筑後国府跡「前身官衙」・Ⅰ期政庁期の東限大溝を検出。
Site Name 筑後国府跡 第276次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 2
Address 久留米市朝妻町1383-2
Address Transcription くるめしあさづままち
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331845
East Longitude (WGS) 1303253
Research Period
20140305-20140307
Research Space
24
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
掘立柱建物 1棟
溝 1条
土坑 1基
Main Foundings
土師器
輸入陶磁器
Remark 第274次調査で検出されている掘立柱建物274SB190の南側延長部を確認した
Site Name 筑後国府跡 第279次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 3
Address 久留米市朝妻町1383-25、1383-26
Address Transcription くるめしあさづままち
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331845
East Longitude (WGS) 1303253
Research Period
20140917-20141002
Research Space
56
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
土坑 1基
ピット 2基
Main Foundings
土師器
須恵器
古瓦
緑釉陶器
輸入陶磁器
縄文土器
石器
Remark 筑後国府Ⅲ期政庁に付随する「在国司居屋敷」推定地内ので調査。当該期の遺構とともに、8世紀代の方形掘方を2基検出した。
Site Name 筑後国府跡 第280次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 4
Address 久留米市合川町420-1
Address Transcription くるめしあいかわまち
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331854
East Longitude (WGS) 1303242
Research Period
20141015-20141028
Research Space
73
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
竪穴建物 1棟
土坑 1基
Main Foundings
土師器
須恵器
瓦器
石製品
古瓦
Remark 官人居住域と推定されている吉原地区において、8世紀代の竪穴住居を検出した
Site Name 筑後国府跡 第281次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 5
Address 久留米市朝妻町1383-19、1383-20
Address Transcription くるめしあさづままち
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331845
East Longitude (WGS) 1303252
Research Period
20141030-20141031
Research Space
22
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
掘立柱建物 2棟
Main Foundings
土師器
須恵器
灰釉陶器
瓦器
青磁
Remark 第274次調査において検出されていた274SB1・90の延長部を確認。それぞれ東西8間、5間と判明した。
Abstract (筑後国府跡 第275次)
筑後国府跡「前身官衙」・Ⅰ期政庁期の東限大溝の確認調査。大溝と井戸を検出。井戸は、大溝埋没後に掘りこまれている。大溝は、従来、上下層で時期が分かれるとされていたが、今回の調査では、上層遺物と下層遺物の出土状況に時期差は認められなかった。全体的な様相ではより下層に6世紀~7世紀代の遺物が多く見受けられるものの、8世紀代の遺物も混入しており、湧水を起源とする溝による流水の効果によって遺物の移動が生じている状況が窺える。
(筑後国府跡 第276次)
調査地は、筑後国府Ⅲ期政庁の東側、「在国司居屋敷」の東部分にあたると考えられている。対象範囲は第274次調査の南東部に隣接した部分である。第274次調査で確認された南北10間✕東西2間の身舎に、東西廂が取りつく二廂建物(274SB190)の南東部を検出する目的で調査を実施した。調査の結果、274SB190の一部を検出し、「在国司居屋敷」の内部構造の一部を明らかにすることができた。
(筑後国府跡 第279次)
本調査は、筑後国府Ⅲ期政庁の東側に広がる「在国司居屋敷」推定地内において実施した。北側隣接地において実施した第274次調査では「在国司居屋敷」の主要施設と想定される廂付建物などが検出されている。合わせて、8世紀後半代の大型建物274SB1と274SB90が検出されており、8世紀代には官衙群が広がっていたことが判明している。今回の調査地は、274SB1と274SB90の南側にあたり、その南部分が検出される可能性が考えられた。調査の結果、274SB1と274SB90の延長部は検出されなかったものの、新たに方形掘方2基を検出することができた。また、「在国司居屋敷」に関する遺構としては、土坑1基が検出されており、当該期の遺構の広がりが確認できた。
(筑後国府跡 第280次)
本調査は、吉原地区における確認調査である。北側隣接地において実施されている第183次調査では白玉製の丸鞆が出土しており、吉原地区には官人居住域が広がっているものと推定された。調査の結果、8世紀後半代の竪穴建物(SI1)1棟を検出することができた。SI1は小型でカマドが認められず、製塩土器を含むなど居住用とするよりは、工房などの性格も想定できる。
(筑後国府跡 第281次)
本調査は、第276・279次調査と同様に、筑後国府Ⅲ期政庁の東側に広がる「在国司居屋敷」推定地内において実施した。東側隣接地において実施した第274次調査では、8世紀後半代の大型建物274SB1と274SB90が検出されていたが、本調査地では、その西側部分が検出される可能性が想定された。確認調査の結果、274SB1と274SB90の西部分を検出することができ、274SB1が東西8間、274SB90が東西5間と判明した。また、「在国司居屋敷」に関する遺構としては、274SB1と重複する土坑が検出されている。掘り下げを実施していないために詳細は不明であるが、12世紀前後の年代が想定できる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 1
File download : 0

All Events