Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24065 reports
( Participation 470 Orgs )
report count
64007 reports
( compared to the privious fiscal year + 15601 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
128579 reports
( compared to the privious fiscal year + 34213 reports )

筑後国府跡 平成25年度発掘調査報告

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/59200
引用表記 久留米市市民文化部文化財保護課 2014 『久留米市文化財調査報告書347:筑後国府跡 平成25年度発掘調査報告』久留米市教育委員会
久留米市市民文化部文化財保護課 2014 『筑後国府跡 平成25年度発掘調査報告』久留米市文化財調査報告書347
File
Title 筑後国府跡 平成25年度発掘調査報告
Participation-organizations 久留米市 - 福岡県
Store Page https://www.city.kurume.fukuoka.jp
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ちくごこくふあと へいせい25ねんどはっくつちょうさほうこく
Subtitle
Volume
Series 久留米市文化財調査報告書
Series Number 347
Author
Editorial Organization
久留米市市民文化部文化財保護課
Publisher
久留米市教育委員会
Publish Date 20140331
Publisher ID 40203
ZIP CODE 8308520
TEL 0942309225
Aaddress 福岡県久留米市城南町15-3
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 筑後国府跡 第259次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 1
Address 久留米市合川町407-10
Address Transcription くるめしあいかわまち407-10
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331850
East Longitude (WGS) 1303237
Research Period
20120921-20120928
Research Space
38
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
土坑 3基
Main Foundings
土師器
須恵器
黒色土器
輸入陶磁器
古瓦
Remark
Site Type
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
土坑 1基
Main Foundings
土師器
須恵器
黒色土器
石鍋
鉄滓
Remark 筑後国府Ⅱ期政庁に付随する国司館の北東200mに位置する。中世の土坑を検出し、当地では希少な平安時代末期の遺構を確認した。
Site Name 筑後国府跡 第260次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 2
Address 久留米市合川町407-5
Address Transcription くるめしあいかわまち407-5
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331851
East Longitude (WGS) 1303236
Research Period
20120921-20121005
Research Space
30
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
土坑 5基
掘立柱建物 1棟
竪穴建物 2軒
Main Foundings
土師器
須恵器
輸入陶磁器
古瓦
Remark
Site Type
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
ピット
Main Foundings
Remark 筑後国府Ⅱ期政庁に付随する国司館の北東200mに位置する。8世紀後半~末の竪穴建物を検出した他、8世紀末頃~9世紀初頭と推定される掘立柱建物を確認した。
Site Name 筑後国府跡 第261次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 3
Address 久留米市合川町407-7
Address Transcription くるめしあいかわまち407-7
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331852
East Longitude (WGS) 1303237
Research Period
20121001-20121012
Research Space
20
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
中世(細分不明)
Main Features
竪穴建物 1軒
土坑 2基
溝 1条
Main Foundings
土師器
須恵器
輸入陶磁器
鉱床石
鉄滓
古瓦
Remark 筑後国府Ⅱ期政庁に付随する国司館の北東200mに位置する。8世紀後半~末の工房跡と考えられる竪穴建物を検出した。
Site Name 筑後国府跡 第262次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 4
Address 久留米市東合川町123-11
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-11
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331852
East Longitude (WGS) 1303244
Research Period
20121026-20121027
Research Space
31
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
ピット 48基
Main Foundings
Remark ピットを検出したのみであるが、密度濃く遺構が検出された南接する第254次調査とは異なった様相を確認できた。
Site Name 筑後国府跡 第263次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 5
Address 久留米市東合川町123-10
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-10
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331852
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20121025-20121027
Research Space
50
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
溝 2条
ピット
Main Foundings
Remark 9世紀中頃~後半と推定される溝2条を検出した。それは、過去の調査で検出された掘立柱建物や溝と計画方位が一致し、一連の官衙群を成すと思われる。
Site Name 筑後国府跡 第264次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 6
Address 久留米市東合川町123-7、123-21
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-7、123-21
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303244
Research Period
20121024-20121026
Research Space
79
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
中世(細分不明)
Main Features
掘立柱建物 1棟
溝 6基
土坑 1基
ピット
Main Foundings
Remark 掘立柱建物は、9世紀中頃~後半の所産と推定され、当該期の官衙群を形成する可能性がある。
Site Name 筑後国府跡 第265次
Site Name Transcription ちくごこくふあと 
Order in book 7
Address 久留米市東合川町123-13
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-13
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20121026-20121027
Research Space
22
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
ピット 49基
Main Foundings
Remark 掘立柱建物・溝・井戸など多くの遺構・遺物が検出された南接する第254次調査とは、対照的な遺構の分布状況を呈する。
Site Name 筑後国府跡 第266次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 8
Address 久留米市東合川町123-15
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-15
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303242
Research Period
20121025-20121027
Research Space
39
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
溝 2条
帯状硬化面 1条
Main Foundings
Remark 9世紀中頃~後半の官衙群を成すと思われる溝2条、それに先出する道路遺構の可能性がある帯状硬化面を検出した。
Site Name 筑後国府跡 第267次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 9
Address 久留米市東合川町123-9
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-9
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20121026-20121027
Research Space
28
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
溝 1条
ピット
Main Foundings
土師器
須恵器
Remark 第254次調査検出の溝の延長部分を検出した。上地区における9世紀中頃~後半の官衙群を形成する溝と推定される。
Site Name 筑後国府跡 第268次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 10
Address 久留米市合川町123-16
Address Transcription くるめしあいかわまち123-16
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20121127-20121127
Research Space
30
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
溝 1条
波板状痕跡 1基
ピット
Main Foundings
土師器
須恵器
Remark 古代の溝と波板状痕跡を検出した。
Site Name 筑後国府跡 第269次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 11
Address 久留米市合川町123-18
Address Transcription くるめしあいかわまち123-18
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20130123-20130123
Research Space
30
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
溝 2条
ピット
Main Foundings
Remark 古代の溝とピットを検出した。
Site Name 筑後国府跡 第270次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 12
Address 久留米市東合川町123-14
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-14
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20130304-20130305
Research Space
29
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
溝 2条
土坑 1基
Main Foundings
Remark 第254次調査で検出されている254SD100の延長部を検出した。
Site Name 筑後国府跡 第271次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 13
Address 久留米市合川町123-17
Address Transcription くるめしあいかわまち123-17
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20130422-20130423
Research Space
29
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
奈良
平安
Main Features
溝 2条
ピット
Main Foundings
Remark 古代の溝とピットを検出した。
Site Name 筑後国府跡 第273次
Site Name Transcription ちくごこくふあと
Order in book 14
Address 久留米市東合川町123-18
Address Transcription くるめしひがしあいかわまち123-18
City Code 40203
Site Number 30112
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 331853
East Longitude (WGS) 1303243
Research Period
20130507-20130508
Research Space
32
Research Causes 遺構確認調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
平安
Main Features
ピット
Main Foundings
Remark 専用住宅建設に先立つ遺構確認調査。竪穴建物の可能性のある土坑を1基検出した。
Abstract (筑後国府跡 第259次)
第259次調査は、立石地区における専用住宅建設に先立つ記録保存調査である。調査地は、筑後国府Ⅱ期政庁に付随する国司館の北東200mに位置する。調査の結果、平安時代末期の土坑3基、中世の土坑4基を検出した。平安時代末期の遺構は周辺の調査においては類例が少なく、希少な発見となった。また、本調査地の西側には中世の所産である「立石土塁」が所在しており、同時代の遺構の広がりを確認することができた。
(筑後国府跡 第260次)
第260次調査は、第259次調査と同じく筑後国府Ⅱ期政庁に付随する国司館の北東200mに位置する。立石地区における専用住宅建設に先立つ記録保存調査である。調査の結果、掘立柱建物1棟、竪穴建物2軒などを検出した。掘立柱建物は8世紀末頃~9世紀初頭と推定され、当該期の建物群の一部である可能性がある。また、竪穴建物は8世紀後半~末の所産で、周辺では工房跡と推定されるものも検出されており、Ⅱ期政庁との関連が注目される。
(筑後国府跡 第261次)
本調査は、第259・260次調査と同様、立石地区における専用住宅建設に伴う一連の記録保存調査である。調査地は筑後国府Ⅱ期政庁に付随する国司館の北東200mに位置する。調査の結果、竪穴建物1軒、溝1条、土坑2基などを検出した。竪穴建物は炉跡を具有し鉱床石や鉄滓が出土するなど、工房跡と推定される。近隣の調査においても、工房跡を含む同時期の竪穴建物が複数検出されており、Ⅱ期政庁との関連が注目される。また、溝については、本調査地の西側には中世の所産である「立石土塁」が所在しており、同時代の遺構の広がりを確認できた。
(筑後国府跡 第262次)
本調査は、上地区における専用住宅建設に先立つ遺構確認調査である。南接する第254次調査では、西偏5度を指向した9世紀中頃~後半の掘立柱建物・溝や居宅の囲繞施設の可能性がある鎌倉時代の大溝などが検出されている。対照的に、本調査地では、ピットを検出したのみであり、先の調査と異なった様相を確認できた。
(筑後国府跡 第263次)
第263次調査は、第262次調査同様、上地区における専用住宅建設に先立つ一連の遺構確認調査である。結果、溝2条、ピットを検出した。溝は第254次調査で検出された西偏5度を意図した溝と直交すると推定され、9世紀中頃~後半に比定される。それらの溝は、第19次調査検出の掘立柱建物群と第254次調査検出の溝とともに一連の官衙群を形成していると想定される。
(筑後国府跡 第264次)
本調査は、上地区における専用住宅建設に先立つ一連の遺構確認調査である。第262・263次調査に近接する。調査の結果、掘立柱建物1棟、溝6条、土坑1基、ピットを検出した。掘立柱建物は第254・263次調査で確認された掘立柱建物・溝と計画方位が一致し、一連の官衙群を形成する可能性がある。時期は9世紀中頃~後半に比定される。溝は、埋土や走行方位から中世の所産と考えられるものも含まれ、当地では希少な同時代の遺構の広がりを確認することができた。
(筑後国府跡 第265次)
第262~264次調査は上地区における専用住宅建設に先立つ遺構確認調査で、本調査も同様の調査である。南接する第254次調査では、西偏5度を指向した9世紀中頃~後半の掘立柱建物・溝や居宅の囲繞施設の可能性がある鎌倉時代の大溝など多くの遺構・遺物が検出されている。これに対して、本調査地では、ピットを検出したのみであり、先の調査とは異なった遺構分布状況を示しており、第262次調査とは様相を同じくしていることを確認できた。
(筑後国府跡 第266次)
第266次調査は、第262~265次調査と同じく、上地区における専用住宅建設に伴う遺構確認調査である。調査の結果、溝2条、帯状硬化面1条、ピットを検出した。溝は第254次調査で検出された9世紀中頃~後半の溝と一連のものと思われ、同時代の官衙群を形成するものと推定される。また、帯状硬化面は土層観察から幅4m程の道路遺構の可能性がある。尚、硬化面はそれらの溝に先出していることから、9世紀中頃以前の所産である。
(筑後国府跡 第267次)
調査地は、第263次調査地に西接する。本調査も上地区における一連の遺構確認調査である。調査の結果、溝1条およびピット群を検出した。溝は第254次調査で検出された溝の延長部分にあたり、所属時期が9世紀中頃~後半であることが判明している。また、本遺構は先の第263次調査検出の溝と直交する可能性がある。これらの溝は、当該期における官衙群を形成するものと推定される。
(筑後国府跡 第268次)
筑後国府跡の上地区を調査した。奈良時代と考えられる波板状痕跡と、平安時代と考えられる南北方向の溝を検出した。平安時代(9世紀後半)の溝は、東側の既往の調査地点で検出されている掘立柱建物群と主軸や時期を同じくしており、一連の官衙群を形成していると考えられる。
(筑後国府跡 第269次)
筑後国府跡の上地区を調査した。平安時代と考えられる南北方向の溝を2条検出した。9世紀後半と考えられる2条の溝は、東側の既往の調査地点で検出されている掘立柱建物群のなかでも微妙に異なる2時期の建物群とそれぞれ主軸を同じくしており、2時期にわたる一連の官衙群を形成していると考えられる。
(筑後国府跡 第270次)
上地区における専用住宅建設に先立つ遺構確認調査である。本調査地では、南側で実施された第254次調査において検出されている254SD100の延長部分を検出することを目的とした。調査では、予想通りに254SD100を検出することができ、さらにもう1条の溝と土坑を検出することができている。
(筑後国府跡 第271次)
筑後国府跡の上地区を調査した。平安時代と考えられる南北方向の溝を2条検出した。9世紀後半と考えられる2条の溝は、東側の既往の調査地点で検出されている掘立柱建物群のなかでも微妙に異なる2時期の建物群とそれぞれ軸を同じくしており、2時期にわたる一連の官衙群を形成していると考えられる。
(筑後国府跡 第273次)
上地区における専用住宅建設に先立つ遺構確認調査である。本調査地では、東西の区画施設の検出を期待したが検出できず、竪穴建物の可能性のある土坑SK1を検出するに止まった。他にはピット群が検出できたが、建物などに復元できるものか判断できなかった。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 5
File download : 0

All Events