Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23958 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63945 reports
( compared to the privious fiscal year + 15509 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127779 reports
( compared to the privious fiscal year + 33682 reports )

元岡・桑原遺跡群23

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/54404
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.54404
引用表記 福岡市教育委員会 2014 『福岡市埋蔵文化財調査報告書1246:元岡・桑原遺跡群23』福岡市教育委員会
福岡市教育委員会 2014 『元岡・桑原遺跡群23』福岡市埋蔵文化財調査報告書1246
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 元岡・桑原遺跡群23
Participation-organizations 福岡市 - 福岡県
Alternative もとおか・くわばらいせきぐん23
Subtitle 第18次・42次・59次調査の報告
Volume
Series 福岡市埋蔵文化財調査報告書
Series Number 1246
Author
Editorial Organization
福岡市教育委員会
Publisher
福岡市教育委員会
Publish Date 20140324
Publisher ID 40130
ZIP CODE 8108621
TEL 0927114667
Aaddress 福岡県福岡市中央区天神一丁目8番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 元岡・桑原遺跡群第18次
Site Name Transcription もとおか・くわばらいせきぐん
Order in book
Address 福岡県福岡市西区大字元岡
Address Transcription ふくおかけんふくおかしにしくおおあざもとおか
City Code 40137
Site Number 2872
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 333601
East Longitude (WGS) 1301327
Research Period
19991015-20020220
Research Space
16800
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
交通
田畑
散布地
Main Age
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
段上造成面
堀立柱建物
井戸
木棺墓
土坑
杭列
道路
包含層
Main Foundings
輸入陶磁器類
国産陶磁器類
瓦質土器
土師器
鉄器
Remark
Site Name 元岡・桑原遺跡群第42次
Site Name Transcription もとおか・くわばらいせきぐん
Order in book
Address 福岡県福岡市西区大字元岡
Address Transcription ふくおかけんふくおかしにしくおおあざもとおか
City Code 40137
Site Number 2782
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 333506
East Longitude (WGS) 1301204
Research Period
20041001-20090630
Research Space
7000
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
Main Features
自然流路
竪穴住居
堀立柱建物
Main Foundings
弥生土器
土師器
楽浪系土器
無文土器
石器
小銅鐸
銅鏃
銅鏡
漢代の貨幣
木製品
Remark 五銖銭・貨泉計9枚、小銅鐸2点、青銅製鞘尻金具、辰砂の粒子の他、絵画のある琴、木偶、有文木製品(翳)舟材など特異な遺物が多数出土。総数1万箱。
Site Name 元岡・桑原遺跡群第59次
Site Name Transcription もとおか・くわばらいせきぐん
Order in book
Address 福岡県福岡市西区大字元岡
Address Transcription ふくおかけんふくおかしにしくおおあざもとおか
City Code 40137
Site Number 2782
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 333521
East Longitude (WGS) 1301258
Research Period
20120113-20130315
Research Space
2298
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
Main Features
包含層
祭祀遺構
焼土杭
Main Foundings
縄文土器
土師器
須恵器
陶磁器
滑石製品
石鏃
Remark
Abstract 【元岡・桑原遺跡群第18次】
古代末~中世中頃までは、谷部の中央に水田、斜面に複数の段上造成地(建物・屋敷墓・井戸・溝などが配置)。遺構と遺物の様相から「別所」僧坊群と推定した。中世末には戸山城の入城口となり、近世以降は農耕地となる。

【元岡・桑原遺跡群第42次】
谷を南北に流れる2本の自然流路(幅30cm前後)の中からコンテナ1万箱をこえる遺物が出土した。時代は縄文時代晩期・弥生時代中期から古墳時代前後に及んでいる。このほか小銅鐸2点、五銖銭・貨泉などの漢代の貨幣8枚、小形仿製鏡4面、青銅製鞘尻金具、辰砂の粒子、銅鏃5点などの金属器類が出土した。絵画土器や絵画のある琴、トリ形木製品、翳とみられる有文木製品、木偶など祭祀系遺物、無文土器や楽浪系土器などの朝鮮半島系の土器が出土した。船材を始めとする多種多様な木製品など、特徴的な遺物が出土した。SD01・02、これら2本の流路の間には、竪穴住居や堀立柱建物群があり、弥生時代中期中頃から古墳時代初頭における糸島地方の祭祀と交易の拠点と考えられる。

【元岡・桑原遺跡群第59次】
縄文時代~中世期の遺物を含む谷の包含層、古墳時代の祭祀関連遺物、古代の焼土坑、中世期の大規模な溝などが確認された。谷SX24は、本来急峻な谷地形であったが、古墳時代後期には谷の底面は平坦になり、小規模な流路(SD33)が流れる程度であったと考えられ、その流路のそばで土師器や須恵器、滑石製臼玉などの祭祀遺物は確認された。この谷の上流側にあたる第31次調査区でも、滑石製子持ち勾玉をはじめとする祭祀関連遺物が確認されおり、「水辺のまつり」が行われたと推測される。1~3区で確認された溝状遺構(SD05・13・14・16・20)は、谷を横断して斜面沿いを下り、さらに下流へ続く。SD05は最深部で検出面から約5mを測り、溝の底面は激しい水流により著しく削られている。谷内への水の浸入を防ぐための排水機能があったと考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 60
File download : 66

All Events

Similar Reports

Similar Events