Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23625 reports
( Participation 459 Orgs )
report count
62054 reports
( compared to the privious fiscal year + 13506 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126682 reports
( compared to the privious fiscal year + 32489 reports )

西常盤貝塚II

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/46497
引用表記 諌早市教育委員会 2011 『諌早市文化財調査報告書25:西常盤貝塚II』諌早市教育委員会
諌早市教育委員会 2011 『西常盤貝塚II』諌早市文化財調査報告書25
File
Title 西常盤貝塚II
Alternative にしときわかいづかに
Subtitle 市道正尾東線・綿打橋釜郷線道路改修工事に伴う埋蔵文化財調査報告
Volume
Series 諌早市文化財調査報告書
Series Number 25
Author
Editorial Organization
諌早市教育委員会
Publisher
諌早市教育委員会
Publish Date 20110331
Publisher ID
ZIP CODE 854-8601
TEL 0957-22-1500
Aaddress 長崎県諌早市東小路町7-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 西常盤遺跡
Site Name Transcription にしときわいせき
Order in book 1
Address 長崎県諌早市正久寺町95-1ほか
Address Transcription ながさきけんいさはやししょうきゅうじまち
City Code 42204
Site Number 84-84
North Latitude (JGD) 305200
East Longitude (JGD) 1300530
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
20090513-20090513
20090827-20091113
Research Space
24
436.4
Research Causes 道路改良工事
OverView
Site Type
Main Age
Main Features
縄文土器
弥生土器
土師器
土師質土器
石器
動物遺存体
植物遺存体
Main Foundings
Remark 標高0m付近に所在する遺跡で、貝層を形成する。前回調査では土偶ほかの検出がなされ今回また春日式土器の検出がなされるなど、当該期の内海を中心とした地域間交流の研究において重要な遺跡である
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 11
File download : 0

All Events