奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27482 reports
( Participation 536 Orgs )
report count
87875 reports
( compared to the privious fiscal year + 19681 reports )
( Participation 1732 Orgs )
site summary count
136236 reports
( compared to the privious fiscal year + 5613 reports )
video count
384 reports
( compared to the privious fiscal year + 384 reports )
( Participation 40 Orgs )
文化財イベント件数
503 reports
( compared to the privious fiscal year + 88 reports )
※過去開催分含む

主要地方道市原茂原線(刑部・金谷)道路改良事業埋蔵文化財調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/31043
引用表記 財団法人千葉県教育振興財団 2008 『千葉県教育振興財団調査報告601:主要地方道市原茂原線(刑部・金谷)道路改良事業埋蔵文化財調査報告書』千葉県県土整備部/財団法人千葉県教育振興財団
財団法人千葉県教育振興財団 2008 『主要地方道市原茂原線(刑部・金谷)道路改良事業埋蔵文化財調査報告書』千葉県教育振興財団調査報告601
File
3次元画像
Title 主要地方道市原茂原線(刑部・金谷)道路改良事業埋蔵文化財調査報告書
Participation-organizations (公財)千葉県教育振興財団文化財センター - 千葉県
Alternative しゅようちほうどういちはらもばらせん(おさかべ・かなや)どうろかいりょうじぎょうまいぞうぶんかざいちょうさほうこくしょ
Subtitle 長生郡長柄町後領遺跡・市神遺跡
Volume
Series 千葉県教育振興財団調査報告
Series Number 601
Author
Editorial Organization
財団法人千葉県教育振興財団
Publisher
千葉県県土整備部/財団法人千葉県教育振興財団
Publish Date 20080325
Publisher ID
ZIP CODE 284-0003
TEL 043-424-4848
Aaddress 千葉県四街道市鹿渡809-2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 後領遺跡
Site Name Transcription ごりょういせき
Order in book
Address 千葉県長生郡長柄町刑部字後領3054-3ほか
Address Transcription ちばけんちょうせいぐんながらまちおさかべあざごりょう
City Code 12426
Site Number 002
North Latitude (JGD) 352716
East Longitude (JGD) 1401325
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.4577 140.2204
Research Period
20061016-20061214
Research Space
4300
Research Causes 道路建設に伴う埋蔵文化財調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
縄文
Main Features
Main Foundings
縄文土器(前期・中期・後期・晩期)
石器
土製品
Remark 中世の遺構で削平されているが縄文時代中期から晩期の遺物が出土しているので、該期の集落が存在した可能性が高い。
Site Type
散布地
Main Age
古墳
Main Features
Main Foundings
土師器(後期)
Remark
Site Type
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
曲輪
障壁
溝状遺構
Main Foundings
Remark 堀の構造(障壁)などから中世末期(16世紀)の城と判断され、刑部城という名を付した
Abstract [後領遺跡 要約]
後領遺跡は、一宮川上流域左岸の丘陵先端に立地する。堀や厚い盛土による曲輪が形成され、16世紀代に築城された城跡を検出した。この城(刑部城)は市原市西部と茂原市を結ぶ交通の要衝に築造され、長南武田氏領国の北西の境目城の機能を果たしていたものと想定される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 16
File download : 0

All Events

外部出力