奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28039 reports
( Participation 547 Orgs )
report count
88439 reports
( compared to the privious fiscal year + 386 reports )
( Participation 1738 Orgs )
site summary count
136109 reports
( compared to the privious fiscal year + 445 reports )
現在の文化財論文件数
1227 reports
( compared to the privious fiscal year + 410 reports )
video count
420 reports
( compared to the privious fiscal year + 9 reports )
( Participation 47 Orgs )
文化財イベント件数
510 reports
( compared to the privious fiscal year + 2 reports )
※過去開催分含む

恵庭市柏木川4遺跡(3)

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/24966
引用表記 財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2008 『財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書249:恵庭市柏木川4遺跡(3)』財団法人 北海道埋蔵文化財センター
財団法人 北海道埋蔵文化財センター 2008 『恵庭市柏木川4遺跡(3)』財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書249
File
3次元画像
Title 恵庭市柏木川4遺跡(3)
Participation-organizations (公財)北海道埋蔵文化財センター - 北海道
Alternative えにわしかしわぎがわよんいせき3
Subtitle 柏木川基幹河川改修工事に伴う事前調査
Volume
Series 財団法人 北海道埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 249
Author
Editorial Organization
財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publisher
財団法人 北海道埋蔵文化財センター
Publish Date 20081130
Publisher ID
ZIP CODE 069-0832
TEL 011-386-3231
Aaddress 北海道江別市西野幌685番地1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 柏木川4遺跡
Site Name Transcription かしわぎがわよんいせき
Order in book
Address 北海道恵庭市柏木町610,612ほか
Address Transcription ほっかいどうえにわしかしわぎちょう610,612ほか
City Code 01231
Site Number A-04-21
North Latitude (JGD) 425319
East Longitude (JGD) 1413318
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 42.8911 141.5513
Research Period
20050509-20051028
20060508-20061029
Research Space
Research Causes 柏木川基幹河川改修工事に伴う事前調査
OverView
Site Type
Main Age
Main Features
Main Foundings
Remark
Abstract [柏木川4遺跡 要約]
 平成17年度から3ヵ年発掘調査を行った。本報告書は平成17年度調査のA・C地区と18年度調査のE地区を対象としている。この3地区は柏木川右岸の河岸段丘上にある。掲載した遺構は縄文時代前期後半から中期後半の竪穴住居跡が7軒、土坑は縄文時代晩期を主として212基、焼土が1170ヵ所である。上記、種別で時期の確定できない遺構はカウントしていない。遺物は縄文時代晩期を主体に中・後期、擦文文化期などが合計約63,758点出土している。内訳は、土器約50,666点、石器約18,757点他である。最も多い縄文時代晩期の土壙のほとんどは遺物を伴わないが、KP-386、KP-397など副葬品と考えられる遺物が出土した土壙も少数ある。特にKP-397では手形付・足型付土製品が晩期まで作られ、双口土器などと共に副葬されていたことが明らかとなった。その他、擦文文化期の土壙で2基が対を成し20〜30mの間隔で3ヵ所ほど検出されている。 
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 29
File download : 0

All Events

外部出力