Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23947 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63849 reports
( compared to the privious fiscal year + 15413 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127563 reports
( compared to the privious fiscal year + 33606 reports )

山口野中遺跡2

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/23068
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.23068
引用表記 公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団他 2015 『新潟県埋蔵文化財調査報告書258:山口野中遺跡28』新潟県教育委員会
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団他 2015 『山口野中遺跡28』新潟県埋蔵文化財調査報告書258
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 山口野中遺跡2
Alternative やまぐちのなかいせきに
Subtitle 一般国道49号阿賀野バイパス関連発掘調査報告書
Volume 8
Series 新潟県埋蔵文化財調査報告書
Series Number 258
Author
Editorial Organization
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団
株式会社帆苅組
Publisher
新潟県教育委員会
Publish Date 20150313
Publisher ID 15100
ZIP CODE 9560845
TEL 0250253981
Aaddress 新潟県新潟市秋葉区金津93-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 山口野中遺跡
Site Name Transcription やまぐちのなかいせき
Order in book
Address 新潟県阿賀野市大字月崎地内
Address Transcription にいがたけんあがのしおおあざつきざき
City Code 15223
Site Number 400
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 374952
East Longitude (WGS) 1391223
Research Period
20130401-20131130
Research Space
14857
Research Causes 一般国道49号阿賀野バイパス建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
竪穴建物
焼土
炭化物の集積
埋設土器
土器集中
ピット
Main Foundings
縄文土器
石器
漆製品
焼成粘土塊
アスファルト
Remark 縄文時代晩期
Site Type
集落
Main Age
平安
Main Features
掘立柱建物
土坑
ピット
性格不明遺構
Main Foundings
土師器
須恵器
Remark 9世紀前半~中葉
Site Type
集落
Main Age
鎌倉
Main Features
掘立柱建物
井戸
土坑
ピット
性格不明遺構
Main Foundings
土師質土器
青磁
白磁
珠洲焼
瓷器系陶器
土器転用研磨具
金属製品
石製品
木製品
Remark 13世紀後半~14世紀前半
Abstract  下層では縄文時代晩期後葉の遺構・遺物が出土した。遺構は東西の旧河川に挟まれた幅約100mの微高地端部から低位面にかけてつくられており、遺跡は旧河川に沿って南北方向に延びるものと推定される。遺構は焼土・炭化物の集積が主体である。ここでは堅果類(トチノキ・オニグルミ・クリなど)・魚類(コイ科・アユ属・サケ属など)の食物残滓の燃焼と、これらの集積を繰り返し行っていたことが推定される。埋設土器は焼土・炭化物の集積と分布がほぼ重なっており、埋設土器の土器内からは炭化した堅果類が出土した。出土状況から堅果類は土器内に納められた可能性がある。このことから、食物残滓の燃焼行為と埋設土器の設置、食物残滓の集積は一連のものと捉えられる可能性が考慮される。また、燃焼行為を示す遺構やその付近で石冠・独鈷状石製品の出土が認められることから、祭祀的な場であったことが推定される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 83
File download : 72

All Events

Similar Reports

Similar Events