Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24065 reports
( Participation 470 Orgs )
report count
64007 reports
( compared to the privious fiscal year + 15601 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
128579 reports
( compared to the privious fiscal year + 34213 reports )

元袋遺跡・六反田遺跡・大野田古墳群ほか

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/21310
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21310
引用表記 仙台市教育委員会 2017 『仙台市文化財調査報告書455:元袋遺跡・六反田遺跡・大野田古墳群ほか5』仙台市教育委員会
仙台市教育委員会 2017 『元袋遺跡・六反田遺跡・大野田古墳群ほか5』仙台市文化財調査報告書455
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 元袋遺跡・六反田遺跡・大野田古墳群ほか
Participation-organizations 仙台市 - 宮城県
Store Page http://www.city.sendai.jp/sebikatsuyo/kurashi/manabu/kyoiku/inkai/bunkazai/kankobutsu/kankobutsu.html
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative もとぶくろ いせき・ろくたんだ いせき・おおのだ こふんぐん ほか
Subtitle 仙台市富沢駅周辺土地区画整理事業関係遺跡発掘調査報告書
Volume 5
Series 仙台市文化財調査報告書
Series Number 455
Author
Editorial Organization
仙台市教育委員会
Publisher
仙台市教育委員会
Publish Date 20170324
Publisher ID 041009
ZIP CODE 9800011
TEL 0222148899
Aaddress 仙台市青葉区上杉1 丁目5-12仙台市役所上杉分庁舎
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 元袋遺跡
Site Name Transcription もとぶくろいせき
Order in book 1
Address 宮城県仙台市太白区大野田字元袋
Address Transcription みやぎけんせんだいしたいはくくおおのだあざもとぶくろ
City Code 041009
Site Number 01179
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
20050516-20070625
Research Space
824
Research Causes 区画整理事業市道建設
OverView
Site Type
集落
田畑
Main Age
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
火葬遺構
井戸跡
土坑
溝跡
小溝状遺構群
ピット
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土師器
須恵器
青磁
陶器
石器
石製品
木製品
金属製品
編組製品
Remark 1区の東区から中世と考えられる火葬遺構2基を検出。1基からは人骨が1体分出土した。


種別:集落跡 畑跡
主な時代:古墳~古代 中世・近世


北緯(世界測地系)38度13分05-381308秒
東経(世界測地系)140度52分37-1405240秒
Site Name 六反田遺跡
Site Name Transcription ろくたんだいせき
Order in book 2
Address 宮城県仙台市太白区大野田字下ノ内・竹松・袋前・元袋・五反田
Address Transcription みやぎけんせんだいしたいはくくおのだあざしものうち・たけまつ・ふくろまえ・もとぶくろ・ごたんだ
City Code 041009
Site Number 01189
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
20050601-20091215
Research Space
6051
Research Causes 区画整理事業市道建設
OverView
Site Type
集落
田畑
Main Age
古墳
古代(細分不明)
Main Features
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
埋設土器遺構
土坑
溝跡
小溝状遺構群
ピット
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土師器
須恵器
赤焼土器
平瓦
石器
石製品
土製品
金属製品
Remark 2B区SK180土坑から大野田官衙遺跡期の平瓦が出土した。


種別:集落跡 畑跡
主な時代:古墳~古代



北緯(世界測地系)38度12分57-381311秒
東経(世界測地系)140度52分24-1405234秒
Site Name 大野田古墳群
Site Name Transcription おおのだこふんぐん
Order in book 3
Address 宮城県仙台市太白区大野田字千刈田・竹松・宮・宮脇
Address Transcription みやぎけんせんだいしたいはくくおのだあざせんがりた・たけまつ・みや・みやわき
City Code 041009
Site Number 01361
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
20060412-20091224
Research Space
11985
Research Causes 区画整理事業市道建設
OverView
Site Type
集落
田畑
古墳
Main Age
古墳
古代(細分不明)
Main Features
古墳
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
木棺墓
土壙墓
土坑
溝跡
小溝状遺構群
ピット
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
埴輪
土師器
須恵器
白磁
陶器
石器
石製品
土製品
金属 製品
Remark 大野田37号墳周溝内から鳥形埴輪が出土した。


種別:古墳群 集落跡 畑跡
主な時代:古墳~古代


北緯(世界測地系)38度12分50-381257秒
東経(世界測地系)140度52分24-1405239秒
Site Name 下ノ内遺跡
Site Name Transcription しものうちいせき
Order in book 4
Address 宮城県仙台市太白区大野田字下ノ内・富沢四丁目
Address Transcription みやぎけんせんだいしたいはくくおのだあざしものうち・とみざわよんちょうめ
City Code 041009
Site Number 01425
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
20070719-20090514
Research Space
6820
Research Causes 区画整理事業市道建設
OverView
Site Type
集落
田畑
Main Age
縄文
Main Features
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
埋設土器遺構
土坑
溝跡
炉跡
小溝状遺群
水田畦畔跡
ピット
Main Foundings
縄文土器
土師器
須恵器
灰釉陶器
土製品
石器
石製品
Remark 種別:集落跡 水田 畑跡


北緯(世界測地系)38度12分51-381253秒
東経(世界測地系)140度52分08-1405213秒
Abstract 元袋遺跡
 古墳時代~古代の竪穴住居跡7軒を検出した。古墳時代前期の竪穴住居跡からは二重口縁壺が出土した。中世と思われるSK19 火葬遺構からは成人男性と思われる人骨1体分が出土した。中世の所産と思われるSD34溝跡、近世の所産と思われるSD1溝跡からは多量の木製品が出土した。

六反田遺跡
 6F区から検出した東西方向のSD1溝跡は、西側に位置する6B4区検出のSD72溝跡に接続するものと考えられる。またSD1・72溝跡は大野田官衙遺跡の北側区画溝の西側延長上にあり、同官衙遺跡に関連する遺構と考えられる。6G区で検出したSX30性格不明遺構は東西に溝状に伸びる。不整な掘り込みで、小溝状遺構群より古い遺構である。性格は不明であるが、畑作関連の遺構と推測される。

大野田古墳群
 11A区、12A区などから古墳群を検出した。検出した古墳はすべて円墳と推定され、西側に位置する12A区の古墳7基はすべて埴輪を伴う。11A区の30号墳は積土が認められ、埋葬施設を検出した。12A区の古墳の下からは古墳時代前期の竪穴住居跡を6軒検出した。12A 区からは木棺墓1基、土壙墓3基などを検出した。SK43 土壙墓からは6世紀以降に一般化する内面黒色処理された土師器坏が出土しており、大野田古墳群との時期差が考えられる。

下ノ内遺跡
 8区V層から古墳時代前期・中期、古代の竪穴住居跡を検出した。中期の竪穴住居跡は、大野田古墳群と同時期と思われ、付近からは古墳時代の須恵器も出土した。VI層は縄文時代後期中葉初頭の遺物包含層、VII層上面が該期の遺構検出面で、埋設土器遺構や炉跡、土坑群などを検出した。VIII層は主に縄文時代中期末葉の遺物包含層で、IX層上面が該期の遺構検出面で、複式炉を有する竪穴住居跡を7軒検出し、SI180竪穴住居跡からは敷石を検出した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 183
File download : 217

All Events

Similar Reports

Similar Events