Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23958 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63945 reports
( compared to the privious fiscal year + 15509 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127779 reports
( compared to the privious fiscal year + 33682 reports )

朝来市 宮ノ谷古墳群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/19262
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19262
引用表記 公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部 2013 『兵庫県文化財調査報告445:朝来市 宮ノ谷古墳群2』兵庫県教育委員会
公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部 2013 『朝来市 宮ノ谷古墳群2』兵庫県文化財調査報告445
File
Title 朝来市 宮ノ谷古墳群
Participation-organizations Banner 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Alternative あさごし みやのたに こふんぐん
Subtitle 県道改良事業一般県道檜倉山東線に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書2
Volume 2
Series 兵庫県文化財調査報告
Series Number 445
Author
Editorial Organization
公益財団法人兵庫県まちづくり技術センター埋蔵文化財調査部
Publisher
兵庫県教育委員会
Publish Date 20130328
Publisher ID
ZIP CODE 6508567
TEL
Aaddress 神戸市中央区下山手通5丁目10番1号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
遺跡調査番号:2010178
Site
Site Name 宮ノ谷古墳群
Site Name Transcription みやのたにこふんぐん
Order in book
Address 朝来市山東町柊木
Address Transcription あさごしさんとうちょうひいらぎ
City Code 28225
Site Number 740752/740753/740754
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351745
East Longitude (WGS) 1345233
Research Period
20101006-20101130
Research Space
568
Research Causes 記録保存調査
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
宮ノ谷56号墳
宮ノ谷57号墳
宮ノ谷58号墳
Main Foundings
鉄刀子
滑石製勾玉
須恵器
Remark 古墳中~後期-宮ノ谷56号墳主体部は木棺直葬+宮ノ谷57号墳主体部は小石棺+宮ノ谷58号墳主体部は石室
主な時代:古墳中~後期
Site Type
経塚
Main Age
中世(細分不明)
Main Features
経塚1
Main Foundings
土師器(筒形容器)
Remark 中世-石組
Abstract 本発掘調査の結果、確認調査時に発見された2基の古墳も含めて新たに4基(宮ノ谷55~58号墳)の古墳を確認し、そのうちの3基(56~58号墳)が道路工事範囲内の丘陵斜面に存在していた。宮ノ谷56号墳は墳丘の約1/3が土取りにより削られており、かろうじて木棺直葬の主体部が残存していた。鉄刀子が副葬されたおり、棺内には疎らな礫床が認められた。刀子の型式から5世紀後半~6世紀初頭の古墳時代中期後半~後期初頭頃の築造と推定される。宮ノ谷57号墳は墳丘をほとんど有さないと思われ、箱式石棺を内部主体としていた。石棺の内法長が75㎝と小さく、棺内に小型の滑石製勾玉1点副葬されていたことから、被葬者は女児と思われる。時期は56号墳と同様の古墳時代中期後半~後期初頭頃の築造と推定される。宮ノ谷58号墳は墳丘と石室の大半が破壊され、東半分が斜面下に崩落していた。円形に近い墳形と推定され、横穴式石室または竪穴系横口式石室を内部主体としていた。副葬品は遺存していなかったが、周辺出土土器から古墳時代後期前半の築造と推定される。経塚と想定している遺構は、円形土壙の端に酔った位置に石組みがなされ、内部に土師器筒形容器を納めたもので、調査時にはかなり破壊を受けていた。土師器筒型容器は丹後地域を中心に但馬地域でも認められるもので、中世前期と推定される。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 229
File download : 295

All Events

Similar Reports

Similar Events