奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
27471 reports
( Participation 535 Orgs )
report count
87862 reports
( compared to the privious fiscal year + 19668 reports )
( Participation 1732 Orgs )
site summary count
136221 reports
( compared to the privious fiscal year + 5600 reports )
video count
380 reports
( compared to the privious fiscal year + 380 reports )
( Participation 39 Orgs )
文化財イベント件数
501 reports
( compared to the privious fiscal year + 86 reports )
※過去開催分含む

大県遺跡・東高野街道

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/18417
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.18417
引用表記 大阪府教育委員会 2016 『大阪府埋蔵文化財調査報告2015-5:大県遺跡・東高野街道』大阪府教育委員会
大阪府教育委員会 2016 『大県遺跡・東高野街道』大阪府埋蔵文化財調査報告2015-5
File
3次元画像
Title 大県遺跡・東高野街道
Participation-organizations 大阪府教育庁 - 大阪府
Alternative おおがたいせき・ひがしこうやかいどう
Subtitle 一般国道(旧)170号交通安全施設等整備事業に伴う発掘調査
Volume
Series 大阪府埋蔵文化財調査報告
Series Number 2015-5
Author
Editorial Organization
大阪府教育委員会
Publisher
大阪府教育委員会
Publish Date 20160129
Publisher ID 27128
ZIP CODE 5408571
TEL 0669410351
Aaddress 大阪府大阪市中央区大手前町2丁目
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 大県遺跡・東高野街道
Site Name Transcription おおがたいせき・ひがしこうやかいどう
Order in book
Address 柏原市平野一丁目・二丁目
Address Transcription かしわらしひらの1ちょうめ・2ちょうめ
City Code 27221
Site Number 7/1001
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 343534
East Longitude (WGS) 1353752
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.592777 135.631111
Research Period
20120806-20130930
Research Space
660
Research Causes 記録保存
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
縄文中期-流路・河川
Main Foundings
縄文土器
Remark
Site Type
集落
Main Age
弥生
Main Features
弥生後期-竪穴住居
土坑
Main Foundings
弥生土器
石器
Remark 弥生時代後期の集落の検出
Site Type
集落
Main Age
古墳
Main Features
古墳後期-鍛冶関連遺構
井戸
土坑
ピット
Main Foundings
土師器
須恵器
製塩土器
鉄器
加治関連遺物
Remark 古墳時代後期の鍛冶関連遺構、掘立柱建物、井戸、鍛冶関連遺構、溝などを検出
Site Type
集落
Main Age
古代(細分不明)
中世(細分不明)
Main Features
古代-掘立柱建物
道路側溝
加治関連遺構
Main Foundings
土師器
須恵器
加治関連遺物
Remark 古代の鍛冶関連遺物、掘立柱建物、道路側溝などの検出
Abstract 調査地の北端部で、炉跡、排出溝、廃棄土坑、工房などからなる古墳時代後期の集落が検出され、須恵器、土師器、鍛冶関連遺物などが出土した。調査地の北端部で、古代の道路側溝と考えられる溝が検出され、須恵器、土師器などが出土した。
大県遺跡では、これまでに周辺の調査によって古墳時代後期の鍛冶関連遺構・遺物が大量に検出され、同時期の鉄器生産の様相の一端が明らかになったが、今回の調査では、これらを補填する成果が得られたとともに、古代の鍛冶関連遺構・遺物が検出され、大県の鉄器生産が古代まで存続していたことが確認された。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 397
File download : 440

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events