奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
38834 reports
( Participation 729 Orgs )
report count
132236 reports
( compared to the privious fiscal year + 578 reports )
( Participation 1908 Orgs )
site summary count
146775 reports
( compared to the privious fiscal year + 1026 reports )
Article Collected
119639 reports
( compared to the privious fiscal year + 527 reports )
video count
1223 reports
( compared to the privious fiscal year + 34 reports )
( Participation 110 Orgs )
Event Collected
1084 reports
( compared to the privious fiscal year + 32 reports )
※過去開催分含む

弥生時代の渡来系技術の実像

ISHIKAWA Hideshi ( 石川 日出志 )
比較考古学という視点に立ち、比較の時間幅を1000年内外まで広げて、大陸から導入された技術がどう受容され、変容したのかに焦点を絞り考察する。
1.比較考古学という視点
2.弥生時代の大陸系技術
   土器にみる大陸系技術 / 青銅器鋳造技術の導入 / 土木・石積み技術
3.古代山城の築造技術の由来は?
NAID :
Prefecture : Kumamoto Prefecture
文化財種別 史跡
遺跡種別 城館
遺物(材質分類)
学問種別 考古学
Related Url :
Created Date : 2023-10-25
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=日出志|last=石川|contribution=弥生時代の渡来系技術の実像|title=渡来系技術と古代山城・鞠智城|date=2023-10-01|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/132522|location=熊本市中央区水前寺6丁目18番1号|doi=10.24484/sitereports.132522|series=鞠智城シンポジウム発表要旨|volume=2023}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

この論文は下の刊行物の 11 - 19 ページ に掲載されています。

収録刊行物