奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
38834 reports
( Participation 729 Orgs )
report count
132236 reports
( compared to the privious fiscal year + 578 reports )
( Participation 1908 Orgs )
site summary count
146775 reports
( compared to the privious fiscal year + 1026 reports )
Article Collected
119639 reports
( compared to the privious fiscal year + 527 reports )
video count
1223 reports
( compared to the privious fiscal year + 34 reports )
( Participation 110 Orgs )
Event Collected
1084 reports
( compared to the privious fiscal year + 32 reports )
※過去開催分含む

花岡木崎遺跡の調査成果

MIYAZAKI Takashi ( 宮崎 敬士 )
縄文土器、弥生土器は資料数が僅少である。縄文時代中期(阿高式)の土器片が花岡木崎遺跡の最古資料である。弥生土器は、後期後半の熊本北半地域の土器様式である。古墳時代には、製塩土器、漁撈具、紡績具を備える住居がある。古代には、駅伝制に係る佐色(職)駅の存在を示す木簡2点が出土した。木簡が出土した井戸は、出土土器から8世紀以降に築造され、8世紀後半に廃棄されたと考える。
NAID :
Prefecture : Kumamoto Prefecture
文化財種別 史跡
遺跡種別 集落 宮都 田畑 散布地
遺物(材質分類) 石器 土器
学問種別 考古学
テーマ 編年
Related Url :
Created Date : 2023-10-08
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Citation|first=敬士|last=宮崎|contribution=花岡木崎遺跡の調査成果|title=花岡木崎遺跡|date=2014-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/15667|location=熊本市中央区水前寺6丁目18番1号|ncid=BB16331132|doi=10.24484/sitereports.15667|series=熊本県文化財調査報告|volume=305}} 閉じる
このエントリーをはてなブックマークに追加

この論文は下の刊行物の 454 - 455 ページ に掲載されています。

収録刊行物