奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30331 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112714 reports
( compared to the privious fiscal year + 24774 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138782 reports
( compared to the privious fiscal year + 2865 reports )
現在の文化財論文件数
23329 reports
( compared to the privious fiscal year + 22512 reports )
video count
699 reports
( compared to the privious fiscal year + 289 reports )
( Participation 68 Orgs )
文化財イベント件数
605 reports
( compared to the privious fiscal year + 97 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > All Prefecture > 象ヶ鼻D遺跡

象ヶ鼻D遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/115243
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.115243
引用表記 環境史研究会 1998 『象ヶ鼻D遺跡』一の宮町教育委員会
環境史研究会 1998 『象ヶ鼻D遺跡』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=弘己|last=小畑|title=象ヶ鼻D遺跡|origdate=1998-03-31|date=1998-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/115243|location=熊本県阿蘇郡一の宮町宮地504-1|ncid=BA46659895|doi=10.24484/sitereports.115243}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 象ヶ鼻D遺跡
Participation-organizations 阿蘇市 - 熊本県
Store Page http://www.city.aso.kumamoto.jp/education/publication/publication/
※ 有償頒布・配布していない場合もあります
Alternative ぞうがはなDいせき
Subtitle 第1次発掘調査概要報告書
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
環境史研究会
Publisher
一の宮町教育委員会
Publish Date 19980331
Publisher ID 43421
ZIP CODE 8692695
TEL
Aaddress 熊本県阿蘇郡一の宮町宮地504-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 象ヶ鼻D遺跡
Site Name Transcription ぞうがはなDいせき
Order in book
Address 熊本県阿蘇郡一の宮町大字中通字北山
Address Transcription くまもとけんあそぐんいちのみやまちおおあざなかどおりあざきたやま
City Code 43421
Site Number 421-031
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 325904.48
East Longitude (WGS) 1310631.57
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 32.984577 131.108769
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
19970320-19970323
Research Space
8.75
Research Causes 学術調査
OverView
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
Main Features
A層
Main Foundings
ナイフ形石器
スクレイパー
剥片
Remark
Site Type
散布地
Main Age
旧石器
Main Features
B層
Main Foundings
ナイフ形石器
スクレイパー
剥片
Remark
Abstract 在地産黒曜石を多用して石器を製作し,それに少量の搬入石器が伴うという,石材利用の上できわめて特徴的な石器群を検出できたことは,大きな成果であった。この在地産と推定される黒曜石は,表面が茶褐色に風化し,原石(角磯)の表皮と石器の剥離面との区別のつきにくい特徴的な石材である。原産地は不明であるが,この象ヶ鼻遺跡群で多量に用いられているとと,菊池市伊野遺跡や大分県天瀬町の玉馬大坪遺跡や宇土遺跡などでも使用され,南部では阿蘇南西外輪の西原遺跡群,松橋町曲野遺跡などのATn降下以前の時期の石器群にも使用されている。象ヶ鼻遺跡群を離れると使用頻度が極端に少なくなることから,この遺跡の近傍の阿蘇北外輪山および阿蘇谷に原産地が存在する可能性が高い。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 29
File download : 27

All Events

外部出力