奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
25910 reports
( Participation 513 Orgs )
report count
70298 reports
( compared to the privious fiscal year + 1604 reports )
( Participation 1691 Orgs )
site summary count
133897 reports
( compared to the privious fiscal year + 2832 reports )
Prefecture List > All Prefecture > 史跡恒川官衙遺跡 恒川遺跡群

史跡恒川官衙遺跡 恒川遺跡群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/71499
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.71499
引用表記 長野県飯田市教育委員会 2019 『史跡恒川官衙遺跡 恒川遺跡群』長野県飯田市教育委員会
長野県飯田市教育委員会 2019 『史跡恒川官衙遺跡 恒川遺跡群』
File
3次元画像
Title 史跡恒川官衙遺跡 恒川遺跡群
Alternative しせきごんがかんがいせき ごんがいせきぐん
Subtitle 恒川清水及びその周辺における発掘調査報告書
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
長野県飯田市教育委員会
Publisher
長野県飯田市教育委員会
Publish Date 20190329
Publisher ID 20205
ZIP CODE 3958501
TEL 0265224511
Aaddress 長野県飯田市大久保町2534
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 恒川遺跡群
Site Name Transcription ごんが遺跡群
Order in book
Address 長野県飯田市座光寺
Address Transcription ながのけんいいだしざこうじ
City Code 20205
Site Number 38
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 353152
East Longitude (WGS) 1375147
Research Period
20140319-20180613
Research Space
Research Causes 保存目的調査
OverView
Site Type
官衙
Main Age
弥生
古墳
奈良
平安
Main Features
竪穴建物
集石
Main Foundings
土器
石器
土師器
須恵器
木製品
Remark 国史跡 恒川官衙遺跡において、平成25年度~30年度の間に行った調査(80次、92次、96次、97次)の報告書。
恒川清水の湧水を水源とする湧水流路(縄文遺構)とその縁辺へ礫を置いた痕跡(古墳後期)を確認した。
Abstract 古代からの祭祀空間である「恒川清水」とその周辺で史跡整備に向けての情報収集を目的とした調査を実施。古墳時代後期の旧地形(岸辺)と湧水を水源とする湧水流路を確認した。古墳時代後期においては、湧水点から南の国道153号(1次調査)にかけての範囲が祭祀空間であり、特に湧水点付近には湧水経路の縁辺に礫を意図的に配置した施設が設けられていることを確認した。律令期も前代に続いて祭祀空間を踏襲し、後代の中世では祭祀空間が信仰の場へと変化している。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 16
File download : 24

All Events

外部出力