奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
28366 reports
( Participation 556 Orgs )
report count
88913 reports
( compared to the privious fiscal year + 875 reports )
( Participation 1740 Orgs )
site summary count
136898 reports
( compared to the privious fiscal year + 1237 reports )
現在の文化財論文件数
14691 reports
( compared to the privious fiscal year + 13874 reports )
video count
449 reports
( compared to the privious fiscal year + 39 reports )
( Participation 50 Orgs )
文化財イベント件数
517 reports
( compared to the privious fiscal year + 9 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > All Prefecture > 県史跡 浜田城跡発掘調査報告書

県史跡 浜田城跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/90893
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.90893
引用表記 島根県浜田市教育委員会 2020 『県史跡 浜田城跡発掘調査報告書』島根県浜田市教育委員会
島根県浜田市教育委員会 2020 『県史跡 浜田城跡発掘調査報告書』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=大輔|last=藤田|title=県史跡 浜田城跡発掘調査報告書|origdate=2020-03|date=2020-03|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/90893|location=島根県浜田市殿町1番地|doi=10.24484/sitereports.90893}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 県史跡 浜田城跡発掘調査報告書
Participation-organizations 浜田市 - 島根県
Alternative けんしせき はまだじょうあとはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle 城山公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
島根県浜田市教育委員会
Publisher
島根県浜田市教育委員会
Publish Date 20200300
Publisher ID 32202
ZIP CODE 6978501
TEL 0855259731
Aaddress 島根県浜田市殿町1番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 浜田城跡
Site Name Transcription はまだじょうあと
Order in book
Address 島根県浜田市殿町
Address Transcription しまねけんはまだしとのまち
City Code 32202
Site Number L27
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 345412
East Longitude (WGS) 1320425
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.903333 132.073611
Research Period
20161202-20190329
Research Space
659
Research Causes 公園整備
OverView
Site Type
城館
Main Age
古墳
江戸
Main Features
石垣
城門
Main Foundings
土師器
須恵器
陶磁器
Remark
Abstract 平成28年度から平成30年度にかけて実施した確認調査報告を収録。
二ノ門トレンチ4では、二ノ門の礎石・敷石・階段・排水溝を検出。また幕末の落城時の焼土層も検出され、礎石には炭化した柱根も遺存してる。遺物も二次被熱を受けており、瓦は燻しが剥落し赤褐色を呈し、陶器の釉薬も変質している。
出丸トレンチ1では、土塀基礎遺構が検出され、基礎幅90㎝程度の控え柱をもたない土塀であったと推察される。また出丸トレンチ2や中ノ門谷部トレンチ5では、埋没石垣も検出された。
遺物では中ノ門谷部トレンチ3においては古墳時代の遺物が多く出土し、城山東麓に古墳時代集落の存在が想定できる。また軒平瓦凹面に水切突起をもつ上向五葉文が出土し、元和8年の浅井神社の棟札の記述を見ても大坂から瓦技術を求めていることが判明した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 33
File download : 33

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events