奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30323 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112714 reports
( compared to the privious fiscal year + 24772 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138769 reports
( compared to the privious fiscal year + 2858 reports )
現在の文化財論文件数
23317 reports
( compared to the privious fiscal year + 22500 reports )
video count
697 reports
( compared to the privious fiscal year + 287 reports )
( Participation 67 Orgs )
文化財イベント件数
605 reports
( compared to the privious fiscal year + 97 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > All Prefecture > 梶子遺跡24次

梶子遺跡24次

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/114982
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.114982
引用表記 浜松市教育委員会 2021 『梶子遺跡24次』浜松市教育委員会
浜松市教育委員会 2021 『梶子遺跡24次』
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=智博|last=井口|title=梶子遺跡24次|origdate=2021-03-12|date=2021-03-12|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/114982|location=浜松市中区元城町103-2|doi=10.24484/sitereports.114982}} 閉じる
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 梶子遺跡24次
Participation-organizations 浜松市 - 静岡県
Alternative かじこいせき
Subtitle
Volume
Series
Series Number
Author
Editorial Organization
浜松市教育委員会
Publisher
浜松市教育委員会
Publish Date 20210312
Publisher ID 22130
ZIP CODE 4308652
TEL 0534572466
Aaddress 浜松市中区元城町103-2
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 梶子遺跡24
Site Name Transcription かじこいせき
Order in book
Address 静岡県浜松市中区南伊場町
Address Transcription しずおかけんはままつしなかくみなみいばちょう
City Code 22131
Site Number 1-04-11
North Latitude (JGD) 344147
East Longitude (JGD) 1374239
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.6997 137.7078
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20210512-20210527
Research Space
102
Research Causes 新幹線台車旋盤設置工事に伴う埋蔵文化財発掘調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
奈良
平安
Main Features
土坑
井戸
小穴
Main Foundings
弥生土器
土師器
須恵器
灰釉陶器
石器
木製品
Remark 弥生時代後期の環濠集落を確認
Abstract 梶子遺跡は、伊場遺跡群を構成する遺跡のひとつであり、遺構群のほぼ中央に位置する。今回の調査地点では、主に弥生時代後期の土坑や溝、井戸、小穴等を検出した。遺構と遺物の密度は高く、過去の調査区との位置関係から弥生時代後期前半の環濠集落の中心域と考えられる。調査区中央を貫く溝は、過去の調査で検出された環濠とは掘削位置や方向が異なる。井戸内からは、装飾高杯や小型壺などの特殊な土器が出土し、祭祀に用いられたと考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 45
File download : 34

All Events

外部出力