奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30283 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112700 reports
( compared to the privious fiscal year + 24754 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138747 reports
( compared to the privious fiscal year + 2836 reports )
現在の文化財論文件数
23271 reports
( compared to the privious fiscal year + 22454 reports )
video count
688 reports
( compared to the privious fiscal year + 278 reports )
( Participation 67 Orgs )
文化財イベント件数
604 reports
( compared to the privious fiscal year + 96 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > All Prefecture > 栄町大畑Ⅰ-2遺跡

栄町大畑Ⅰ-2遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/114973
引用表記 財団法人千葉県文化財センター 1985 『公益財団法人千葉県教育振興財団調査報告94:栄町大畑Ⅰ-2遺跡』財団法人千葉県文化財センター
財団法人千葉県文化財センター 1985 『栄町大畑Ⅰ-2遺跡』公益財団法人千葉県教育振興財団調査報告94
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=清隆|last=小林|title=栄町大畑Ⅰ-2遺跡|origdate=1985-03-30|date=1985-03-30|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/114973|location=千葉県千葉市葛城2-10-1|series=公益財団法人千葉県教育振興財団調査報告|volume=94}} 閉じる
File
3次元画像
Title 栄町大畑Ⅰ-2遺跡
Participation-organizations (公財)千葉県教育振興財団文化財センター - 千葉県
Alternative さかえまちおおはたⅠ-2いせき
Subtitle 県単道路成田安食線埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 公益財団法人千葉県教育振興財団調査報告
Series Number 94
Author
Editorial Organization
財団法人千葉県文化財センター
Publisher
財団法人千葉県文化財センター
Publish Date 19850330
Publisher ID 122289
ZIP CODE 280
TEL
Aaddress 千葉県千葉市葛城2-10-1
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 大畑Ⅰ-2遺跡
Site Name Transcription おおはたⅠ-2いせき
Order in book
Address 千葉県印旛郡栄町大字竜角寺字台内71ほか
Address Transcription ちばけんいんばぐんさかえまちおおあざりゅうかくじあざだいうち71ほか
City Code 12329
Site Number 013
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 354942.7722
East Longitude (WGS) 1401554.2334
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.828547 140.265064
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
19821215-19830228
Research Space
900
Research Causes 県単道路成田安食線改良に伴う埋蔵文化財調査
OverView
Site Type
集落
官衙
散布地
Main Age
縄文
古墳
奈良
平安
Main Features
竪穴住居跡
掘立柱建物跡
溝状遺構
Main Foundings
縄文土器
縄文石器
土師器
須恵器
墨書土器
Remark
Abstract  本遺跡は、現在の利根川と印旛沼の間に半島状に突き出した台地の一画に立地する。
 縄文時代の遺構は確認されなかったが、後期・晩期の土器が検出された。
 古墳時代の竪穴住居跡はすべて後期の所産で、13軒調査されているが、他にトレンチ内で約30軒の同時期と思われる竪穴住居跡が約30軒確認されている。
 奈良・平安時代になると、竪穴住居が姿を消し、掘立柱建物跡が中心となる。埴生郡衙推定地とされる大畑Ⅰ遺跡の掘立柱建物群の範囲が広がっていることが確認された。また、確認面での採集であるが、「厨」と書かれた墨書土器が2点出土した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 13
File download : 0

All Events

外部出力