奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
31645 reports
( Participation 619 Orgs )
report count
119615 reports
( compared to the privious fiscal year + 6607 reports )
( Participation 1867 Orgs )
site summary count
140334 reports
( compared to the privious fiscal year + 809 reports )
現在の文化財論文件数
61242 reports
( compared to the privious fiscal year + 37600 reports )
video count
804 reports
( compared to the privious fiscal year + 29 reports )
( Participation 77 Orgs )
文化財イベント件数
636 reports
( compared to the privious fiscal year + 17 reports )
※過去開催分含む

古戸遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/70793
引用表記 大分県立埋蔵文化財センター 2019 『大分県立埋蔵文化財センター調査報告書10:古戸遺跡』大分県立埋蔵文化財センター
大分県立埋蔵文化財センター 2019 『古戸遺跡』大分県立埋蔵文化財センター調査報告書10
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=大樹|last=井|title=古戸遺跡|origdate=2019-03-29|date=2019-03-29|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/70793|location=大分県大分市牧緑町1-61|ncid=BB29089404|series=大分県立埋蔵文化財センター調査報告書|volume=10}} 閉じる
File
3次元画像
Title 古戸遺跡
Participation-organizations 大分県教育委員会 - 大分県
Alternative ふるといせき
Subtitle 三光本耶馬溪道路建設に伴う埋蔵文化財調査報告書
Volume
Series 大分県立埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 10
Author
Editorial Organization
大分県立埋蔵文化財センター
Publisher
大分県立埋蔵文化財センター
Publish Date 20190329
Publisher ID 442014
ZIP CODE 8700152
TEL 0975520077
Aaddress 大分県大分市牧緑町1-61
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 古戸遺跡
Site Name Transcription ふるといせき
Order in book
Address 大分県中津市本耶馬溪町跡田
Address Transcription おおいたけんなかつしほんやばけいまちあとだ
City Code 44203
Site Number 20397
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
20160105-20160129
20160531-20161125
20170608-20170915
Research Space
2000
13000
3800
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
Main Features
竪穴建物
土坑
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土偶
石包丁
線刻絵画土器
鉄鏃
Remark 土偶2点、弥生時代前期の土器棺
Abstract  古戸遺跡は、大分県中津市本耶馬溪町跡田に所在する縄文時代から近代以降にかけての複合遺跡である。縄文時代では後晩期を主体とする住居跡・土坑、埋甕などの遺構の他、土器や土偶などが含まれる遺物包含層を検出した。弥生時代から古墳時代では、弥生時代前期の土器棺の他、中期後半および後期末から古墳時代前期初頭の竪穴建物が確認された。特に弥生時代前期の土器棺には、突帯文土器甕と板付式土器の壺がセットになった事例があり、大分県では最古段階に比定される弥生土器として注目される。そのほか、弥生時代前期でも古い段階に位置づけられる石包丁や中期の銅鏃など、注目すべき資料が出土した。さらに、平安時代(12世紀後半)と推定される遺構なども確認されている。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 109
File download : 0

All Events

外部出力