奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
29209 reports
( Participation 578 Orgs )
report count
94705 reports
( compared to the privious fiscal year + 6707 reports )
( Participation 1789 Orgs )
site summary count
137775 reports
( compared to the privious fiscal year + 2027 reports )
現在の文化財論文件数
15304 reports
( compared to the privious fiscal year + 14487 reports )
video count
590 reports
( compared to the privious fiscal year + 180 reports )
( Participation 58 Orgs )
文化財イベント件数
549 reports
( compared to the privious fiscal year + 41 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > 長崎県 > 雲仙市 > 柿ノ本古墳

柿ノ本古墳

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/63220
引用表記 長崎県南高来郡瑞穂町教育委員会(現長崎県雲仙市教育委員会) 1978 『瑞穂町文化財調査報告書1:柿ノ本古墳』長崎県南高来郡瑞穂町教育委員会(現長崎県雲仙市教育委員会)
長崎県南高来郡瑞穂町教育委員会(現長崎県雲仙市教育委員会) 1978 『柿ノ本古墳』瑞穂町文化財調査報告書1
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=護|last=正林|title=柿ノ本古墳|origdate=1978-01-31|date=1978-01-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/63220|location=長崎県南高来郡瑞穂町西郷辛1060|ncid=BN13911695|series=瑞穂町文化財調査報告書|volume=1}} 閉じる
File
3次元画像
Title 柿ノ本古墳
Participation-organizations 雲仙市 - 長崎県
Alternative かきのもとこふん
Subtitle 南高来郡瑞穂町古部所在の古墳の調査
Volume
Series 瑞穂町文化財調査報告書
Series Number 1
Author
Editorial Organization
長崎県南高来郡瑞穂町教育委員会(現長崎県雲仙市教育委員会)
Publisher
長崎県南高来郡瑞穂町教育委員会(現長崎県雲仙市教育委員会)
Publish Date 19780131
Publisher ID 422034
ZIP CODE 8591206
TEL 0957772125
Aaddress 長崎県南高来郡瑞穂町西郷辛1060
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 柿ノ元古墳
Site Name Transcription かきのもとこふん
Order in book
Address 長崎県雲仙市瑞穂町古部
Address Transcription ながさきけんうんぜんしみずほちょうこべ
City Code 422034
Site Number
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
Research Period
19701114-19701118
Research Space
10
Research Causes 採土
OverView
Site Type
古墳
Main Age
古墳
Main Features
古墳石室
Main Foundings
須恵器
骨製小玉
ガラス小玉
鉄刀
刀子
鉄鏃
金環
銀環
管玉
勾玉
切子玉
棗玉
Remark
Abstract 有明海を見下ろす丘陵上にある古墳で、直径12メートルほどの円墳。複室(ふくしつ)構造の横穴式石室(よこあなしきせきしつ)で、石室を覆う盛土や天井の石はすでに失われている。
 副葬品には銅芯(どうしん)の耳飾(金環(きんかん)・銀環(ぎんかん))やメノウ製の勾玉(まがたま)・碧玉製(へきぎょくせい)の管玉(くだたま)・ガラス製の小玉などの装身具類、鉄鏃(てつぞく)・刀子(とうす)などの武器がある。その他、工具類、馬具類、土器類などがあり、瑞穂町一帯を支配した豪族の墓と考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 102
File download : 0

All Events

外部出力