Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23625 reports
( Participation 459 Orgs )
report count
62054 reports
( compared to the privious fiscal year + 13506 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126682 reports
( compared to the privious fiscal year + 32489 reports )

大蔭遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/14108
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.14108
引用表記 津和野町教育委員会 2010 『津和野町埋蔵文化財報告書14:大蔭遺跡』津和野町教育委員会
津和野町教育委員会 2010 『大蔭遺跡』津和野町埋蔵文化財報告書14
File
Title 大蔭遺跡
Alternative おおかげいせき
Subtitle 第1・2・4・6・7・8次発掘調査報告書
Volume
Series 津和野町埋蔵文化財報告書
Series Number 14
Author
Editorial Organization
津和野町教育委員会
Publisher
津和野町教育委員会
Publish Date 20100323
Publisher ID 32501
ZIP CODE 699-5605
TEL 0856-72-1854
Aaddress 島根県鹿足郡津和野町後田ロ64-6
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 大蔭遺跡
Site Name Transcription おおかげいせき
Order in book
Address 島根県鹿足郡津和野町鷲原
Address Transcription しまねけんかのしかぐんつわのちょうわしばら
City Code 32501
Site Number W 19
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 342720
East Longitude (WGS) 1314540
Research Period
19981201-20040325
Research Space
7138
Research Causes 県道工事
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
弥生
古墳
古代(細分不明)
中世(細分不明)
Main Features
集落跡_縄文
弥生
古墳
古代
中世_竪穴住居跡
土坑
鍛冶炉
掘立柱建物跡
柱穴_縄文土器
弥生土器
土師器
須恵器
陶磁器
石製品
金属製品
土製品
Main Foundings
Remark  縄文時代から中世にいたる複合遺跡である。調査区は大きく西側の1区と、東側の2・4A・4B・6・7・8区に分かれる。西側調査区である1区は縄文時代後期後半から晩期前半の集落跡で、竪穴住居跡等の遺構を発見した。東側調査区では、縄文時代晩期後半から弥生時代初頭の集落跡、弥生時代後期から古墳時代前期の集落跡、古墳時代後期以降、中世前半期までの集落跡を発見した。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 116
File download : 183

All Events

Similar Reports

Similar Events