Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23947 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63831 reports
( compared to the privious fiscal year + 15395 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127548 reports
( compared to the privious fiscal year + 33592 reports )
Prefecture List > 島根県 > 島根県教育庁 > 御堂谷遺跡 諸友大師山横穴Ⅳ群1号穴

御堂谷遺跡 諸友大師山横穴Ⅳ群1号穴

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/36143
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.36143
引用表記 島根県教育庁埋蔵文化財調査センター 2019 『一般国道9号(大田静間道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書3:御堂谷遺跡 諸友大師山横穴Ⅳ群1号穴』島根県教育委員会他
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター 2019 『御堂谷遺跡 諸友大師山横穴Ⅳ群1号穴』一般国道9号(大田静間道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書3
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 御堂谷遺跡 諸友大師山横穴Ⅳ群1号穴
Alternative みどうだにいせき もとともだいしやまよこあな4ぐん1ごうけつ
Subtitle
Volume
Series 一般国道9号(大田静間道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Series Number 3
Author
Editorial Organization
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター
Publisher
島根県教育委員会
国土交通省松江国道事務所
Publish Date 20190329
Publisher ID
ZIP CODE 6900131
TEL 0852368608
Aaddress 島根県松江市打出町33
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 御堂谷遺跡
Site Name Transcription みどうだにいせき
Order in book
Address 島根県大田市長久町・鳥井町
Address Transcription しまねけんおおだしながひさちょう とりいちょう
City Code 32205
Site Number A386
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351230
East Longitude (WGS) 1322939
Research Period
20170620-20171214
Research Space
4100
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
奈良
Main Features
落とし穴
竪穴建物
加工段
掘立柱建物
柵列
Main Foundings
弥生土器
ガラス小玉
土製勾玉
須恵器
土師器
Remark 弥生時代前期後半の高地性集落
Site Name 諸友大師山横穴4群1号穴
Site Name Transcription もろともだいしよこあな4ぐん1ごうけつ
Order in book
Address 島根県大田市久手町
Address Transcription しまねけんおおだしくてちょう
City Code 32205
Site Number A165-5
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 352155
East Longitude (WGS) 1323025
Research Period
20171218-20171222
Research Space
140
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
横穴
Main Age
古墳
Main Features
横穴
Main Foundings
Remark
Abstract  御堂谷遺跡は、弥生時代前期後半から奈良・平安時代にかけての遺構・遺物が断続的に検出されている。弥生時代前期後半の明確な遺構は確認されていないが、標高約53mの谷状地形に堆積した包含層から、多数の弥生土器が出土している。その後、弥生時代中期末~後期前半にかけて、2~3世帯程度の単位集団の集落が営まれ、古墳時代中期前葉には竪穴建物や加工段が形成される。また、8世紀後半を中心とする奈良・平安時代には、灯明皿形土器等の仏教関連遺物が多数出土し、門の可能性もある掘立柱建物などの遺構が検出されている。これらは、石見における古代史像の解明に寄与する貴重な資料群である。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 83
File download : 78

All Events

Similar Reports

Similar Events