Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23623 reports
( Participation 458 Orgs )
report count
61979 reports
( compared to the privious fiscal year + 13431 reports )
( Participation 1584 Orgs )
site summary count
126606 reports
( compared to the privious fiscal year + 32419 reports )
Prefecture List > 島根県 > 島根県教育庁 > 垂水遺跡・松林寺遺跡・庵寺石塔群

垂水遺跡・松林寺遺跡・庵寺石塔群

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/36106
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.36106
引用表記 島根県教育庁埋蔵文化財調査センター 2019 『一般国道9号(静間仁摩道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書8:垂水遺跡・松林寺遺跡・庵寺石塔群』国土交通省松江国道事務所他
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター 2019 『垂水遺跡・松林寺遺跡・庵寺石塔群』一般国道9号(静間仁摩道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書8
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 垂水遺跡・松林寺遺跡・庵寺石塔群
Alternative たるみいせき・しょうりんじいせき・あんでらせきとうぐん
Subtitle
Volume
Series 一般国道9号(静間仁摩道路)改築工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Series Number
Author
Editorial Organization
島根県教育庁埋蔵文化財調査センター
Publisher
国土交通省松江国道事務所
島根県教育委員会
Publish Date 20190314
Publisher ID
ZIP CODE 6900131
TEL 0852368608
Aaddress 島根県松江市打出町33
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 垂水遺跡
Site Name Transcription
Order in book 1
Address 島根県大田市静間町垂水ほか
Address Transcription しまねけんおおだししずまちょうたるみほか
City Code 32205
Site Number A371 
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 351153
East Longitude (WGS) 1322725
Research Period
20160523-20160824
20180531-20180720
Research Space
1430
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
奈良
平安
Main Features
掘立柱建物
炭溜まり
焼土
集石遺構
Main Foundings
弥生土器
土師器
須恵器
土製支脚
移動式竈
鉄器
Remark 奈良時代後半~平安時代にかけての遺跡、砂丘の砂が覆う
Site Name 松林寺遺跡
Site Name Transcription しょうりんじいせき
Order in book
Address 島根県大田市仁摩町大国
Address Transcription しまねけんおおだしにまちょうおおぐに
City Code 32205
Site Number B105 
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350841
East Longitude (WGS) 1322506
Research Period
20160906-20161125
20170906-20171127
Research Space
11250
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
古墳
江戸
Main Features
掘立柱建物
段状遺構
土器埋設遺構
焼土
土抗
焼土
石列
階段
Main Foundings
縄文土器
弥生土器
土師器
須恵器
石器
Remark 弥生時代後期から古墳時代前期の集落、外来系土器
Site Name 庵寺石塔群
Site Name Transcription あんでらせきとうぐん
Order in book 3
Address 島根県大田市仁摩町庵寺
Address Transcription しまねけんおおだしにまちょうあんでら
City Code 32205
Site Number B88 
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 350833
East Longitude (WGS) 1322454
Research Period
20161128-20161212
Research Space
70
Research Causes 道路建設
OverView
Site Type
Main Age
江戸
Main Features
石列
Main Foundings
土師器
近世陶磁器
石製品
Remark
Abstract  垂水遺跡は大田市静間町の谷部に位置する。黒色土やその下位の砂質の土から奈良時代から平安時代の土器が出土した。また、遺跡は砂丘の砂に覆われていた。遺構として堀立柱建物、炭溜まり、焼土や集石遺構を確認した。遺物の組成は集落遺跡と同じ。
 松林寺遺跡は大田市仁摩町の丘陵斜面に位置する。弥生時代後期から古墳時代前期の掘立柱建物、加工段や土抗、土器埋設遺構などを確認した。集落域の中の作業場と考えられる。北部九州系など外来系土器が出土した。
 庵寺石塔群は17世紀後半~18世紀前半の銘を持つ石造物のある岩窟の下の平坦面に位置する。石列を確認した。出土遺物や燈籠や瓦があったことから、石列は堂や燈籠を保護していた可能性がある。岩窟より新しい18世紀中頃から19世紀にかけて築造・機能したと考えられる。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 73
File download : 605

All Events

Similar Reports

Similar Events