奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
31652 reports
( Participation 619 Orgs )
report count
119627 reports
( compared to the privious fiscal year + 6620 reports )
( Participation 1867 Orgs )
site summary count
140344 reports
( compared to the privious fiscal year + 820 reports )
現在の文化財論文件数
61242 reports
( compared to the privious fiscal year + 37600 reports )
video count
805 reports
( compared to the privious fiscal year + 30 reports )
( Participation 77 Orgs )
文化財イベント件数
636 reports
( compared to the privious fiscal year + 17 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > 滋賀県 > 彦根市 > 平成26年度彦根市内遺跡発掘調査報告書1

平成26年度彦根市内遺跡発掘調査報告書1

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/45720
引用表記 彦根市教育委員会文化財課 2017 『彦根市埋蔵文化財調査報告書 68:平成26年度彦根市内遺跡発掘調査報告書1』彦根市教育委員会文化財課
彦根市教育委員会文化財課 2017 『平成26年度彦根市内遺跡発掘調査報告書1』彦根市埋蔵文化財調査報告書 68
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=良輔|last=田中|title=平成26年度彦根市内遺跡発掘調査報告書1|origdate=2017-03-31|date=2017-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/45720|location=滋賀県彦根市尾末町1-38|ncid=BB18779262|series=彦根市埋蔵文化財調査報告書 |volume=68}} 閉じる
File
3次元画像
Title 平成26年度彦根市内遺跡発掘調査報告書1
Participation-organizations 彦根市 - 滋賀県
Alternative へいせいにじゅうろくねんどひこねしないいせきはっくつちょうさほうこくしょいち
Subtitle
Volume
Series 彦根市埋蔵文化財調査報告書 
Series Number 68
Author
Editorial Organization
彦根市教育委員会文化財課
Publisher
彦根市教育委員会文化財課
Publish Date 20170331
Publisher ID
ZIP CODE 522-0001
TEL 0749-26-5833
Aaddress 滋賀県彦根市尾末町1-38
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 丁田遺跡
Site Name Transcription ちょうだいせき
Order in book 1
Address 滋賀県彦根市高宮町
Address Transcription しがけんひこねしたかみやちょう
City Code 25202
Site Number 139
North Latitude (JGD) 351451
East Longitude (JGD) 1361435
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 35.2507 136.2402
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20140523-20140611
Research Space
44.1
Research Causes
OverView
Site Type
集落
Main Age
奈良
Main Features
竪穴建物
Main Foundings
鉄滓(椀形滓)
鞴羽口
砥石
炭化物
手釘
Remark 8世紀後半の竪穴住居から、碗形の鉄滓や鞴の羽口、砥石、炭化物が出土した。遺構検出面からは手釘なども出土しており、古代の鍛冶工房跡と推定される。
時代 : 奈良(8世紀後半)
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 49
File download : 0

All Events

外部出力