奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
33247 reports
( Participation 633 Orgs )
report count
125091 reports
( compared to the privious fiscal year + 13974 reports )
( Participation 1874 Orgs )
site summary count
140217 reports
( compared to the privious fiscal year + 2025 reports )
現在の文化財論文件数
117174 reports
( compared to the privious fiscal year + 93585 reports )
video count
878 reports
( compared to the privious fiscal year + 103 reports )
( Participation 84 Orgs )
文化財イベント件数
695 reports
( compared to the privious fiscal year + 76 reports )
※過去開催分含む
Prefecture List > 新潟県 > 見附市 > 耳取遺跡

耳取遺跡

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/39318
引用表記 みつけ伝承館他 2015 『見附市埋蔵文化財調査報告37:耳取遺跡』みつけ伝承館他
みつけ伝承館他 2015 『耳取遺跡』見附市埋蔵文化財調査報告37
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=正美|last=安藤|first2=秀樹|last2=今井|title=耳取遺跡|origdate=2015-03-31|date=2015-03-31|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/39318|publisher=みつけ伝承館|location=新潟県見附市学校町2丁目7-9|ncid=BB18606559|series=見附市埋蔵文化財調査報告|volume=37}} 閉じる
File
3次元画像
Title 耳取遺跡
Participation-organizations 見附市 - 新潟県
Alternative みみとりいせき
Subtitle 2011年~2014年度における耳取遺跡確認調査報告
Volume
Series 見附市埋蔵文化財調査報告
Series Number 37
Author
Editorial Organization
みつけ伝承館
新潟県見附市教育委員会
Publisher
みつけ伝承館
新潟県見附市教育委員会
Publish Date 20150331
Publisher ID
ZIP CODE 954-0052
TEL 0258-63-5557
Aaddress 新潟県見附市学校町2丁目7-9
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 耳取遺跡
Site Name Transcription みみとりいせき
Order in book 1
Address 新潟県見附市名木野町字岩沢
Address Transcription にいがたけんみつけしなぎのまちあざいわさわ
City Code 15211
Site Number 10
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 373028
East Longitude (WGS) 1385510
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 37.507777 138.919444
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20110425-20140930
Research Space
5907.5
Research Causes 耳取遺跡の再評価と遺跡保護のための確認調査
OverView
Site Type
集落
Main Age
縄文
Main Features
竪穴建物
掘立柱建物
楕円形の建物
亀甲形建物
土坑
ピット
Main Foundings
縄文土器
土製品
石器
大珠
Remark 本遺跡からは縄文時代中期中葉(遺跡中央)、後期前葉(遺跡西側)、晩期後葉(遺跡東側)の3時期の集落を確認、特に後期前葉の集落は中央広場、シンボル的な建造物、骨片散布地、土器捨て場を伴い、後期集落の推定面積は約16,000平米で、新潟県最大となる。遺物では長さ10.6㎝の硬玉製の大珠が出土した。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 355
File download : 0

All Events

外部出力