Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
23859 reports
( Participation 467 Orgs )
report count
63648 reports
( compared to the privious fiscal year + 15204 reports )
( Participation 1596 Orgs )
site summary count
127111 reports
( compared to the privious fiscal year + 33207 reports )

研究紀要

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/54445
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.54445
引用表記 公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団 2019 『10:研究紀要』公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団 2019 『研究紀要』10
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
Title 研究紀要
Alternative けんきゅうきよう
Subtitle
Volume
Series
Series Number 10
Author
Editorial Organization
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団
Publisher
公益財団法人新潟県埋蔵文化財調査事業団
Publish Date 20190318
Publisher ID 15100
ZIP CODE 9560845
TEL 0250253981
Aaddress 新潟県新潟市秋葉区金津93-1
Report Type annual
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Abstract 上ノ平遺跡A地点出土彫刻刀形石器の使用痕分析-結果を中心とする予報-(沢田 敦)
縄文時代における漆利用システムの検討-青田遺跡・野地遺跡の漆製品・漆要具を中心に-(三ッ井朋子・荒川隆史)
新潟県における配石墓の沈み込み事例の検討(加藤元康)
古墳はどこに造られるのか-越後平野の場合-(小野本 敦)
田上町行屋崎遺跡出土遺物にみられる外来系要素について(田中祐樹)
新潟県名立沖海揚がり備後尾道の酢徳利(田海義正)
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 130
File download : 131

All Events

Similar Reports

Similar Events