Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
24557 reports
( Participation 475 Orgs )
report count
68817 reports
( compared to the privious fiscal year + 51 reports )
( Participation 1684 Orgs )
site summary count
130276 reports
( compared to the privious fiscal year + 95 reports )

稲荷山館跡第3次発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/14877
DOI QR code
QR Code download
※QRコードが有効化するまでにPDFの登録から2週間程度かかる場合があります。
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.14877
引用表記 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2013 『山形県埋蔵文化財センター調査報告書208:稲荷山館跡第3次発掘調査報告書』公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター 2013 『稲荷山館跡第3次発掘調査報告書』山形県埋蔵文化財センター調査報告書208
File
※モバイル対応のPDFは解像度を下げているため、画像が粗く文章が読みにくい場合があります。
3次元画像
Title 稲荷山館跡第3次発掘調査報告書
Participation-organizations Banner (公財)山形県埋蔵文化財センター - 山形県
Alternative いなりやまたてあとだい3じはっくつちょうさほうこくしょ
Subtitle
Volume
Series 山形県埋蔵文化財センター調査報告書
Series Number 208
Author
Editorial Organization
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publisher
公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date 20130329
Publisher ID
ZIP CODE 9993246
TEL 0236725301
Aaddress 山形県上山市中山字壁屋敷5608番地
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
Site
Site Name 稲荷山館跡 第3次
Site Name Transcription いなりやまたてあと
Order in book
Address 山形県米沢市大字梓山字稲荷山
Address Transcription やまがたけんよねざわしおおあざあずさやまあざいなりやま
City Code 062022
Site Number 202-405
North Latitude (JGD)
East Longitude (JGD)
North Latitude (WGS) 375340
East Longitude (WGS) 1400948
Research Period
20110825-20110922
Research Space
450
Research Causes 国道13号米沢拡幅
OverView
Site Type
城館
Main Age
中世(細分不明)
近世(細分不明)
Main Features
土塁1
堀跡1
井戸跡1
柱穴13
Main Foundings
陶磁器
内耳土鍋
古銭
Remark  今回の調査で、初めて土塁に平行する堀跡の幅を確認することが出来た。堀跡は、出土した遺物と覆土から、近代に入るまで継続して使用され、近世末期以降段階的に埋まり、昭和初め頃には完全に埋没していたことが確認された。土塁について、堀跡を掘った際に出た土を、段階的に土塁の構築土として使用したことが確認された。館跡内部では、井戸跡や柱穴が検出された。それらの遺構は調査区の南側に集中しており、建造物が南に存在していたと考えられる。なお、調査区の北側は砕石で覆われており、現代の土地利用により攪乱を受けていることが確認できた。
Abstract
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 196
File download : 152

All Events

外部出力

Similar Reports

Similar Events