奈良文化財研究所 ホーム
Search
List
Others
おすすめ
report count (with pdf)
30305 reports
( Participation 600 Orgs )
report count
112710 reports
( compared to the privious fiscal year + 24765 reports )
( Participation 1859 Orgs )
site summary count
138768 reports
( compared to the privious fiscal year + 2855 reports )
現在の文化財論文件数
23312 reports
( compared to the privious fiscal year + 22495 reports )
video count
689 reports
( compared to the privious fiscal year + 279 reports )
( Participation 67 Orgs )
文化財イベント件数
604 reports
( compared to the privious fiscal year + 96 reports )
※過去開催分含む

堀の内遺跡2

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/115240
引用表記 山口県埋蔵文化財センター 2021 『山口県埋蔵文化財センター調査報告108:堀の内遺跡2』山口県埋蔵文化財センター
山口県埋蔵文化財センター 2021 『堀の内遺跡2』山口県埋蔵文化財センター調査報告108
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book ... 開く
wikipedia 出典テンプレート : {{Cite book|和書|first=|last=公益財団法人山口県ひとづくり財団山口県埋蔵文化財センター|title=堀の内遺跡2|origdate=2021-03-18|date=2021-03-18|url=https://sitereports.nabunken.go.jp/115240|location=山口県山口市春日町3番22号|series=山口県埋蔵文化財センター調査報告|volume=108}} 閉じる
File
3次元画像
Title 堀の内遺跡2
Participation-organizations (公財)山口県ひとづくり財団山口県埋蔵文化財センター - 山口県
Alternative ほりのうちいせき2
Subtitle
Volume
Series 山口県埋蔵文化財センター調査報告
Series Number 108
Author
Editorial Organization
山口県埋蔵文化財センター
Publisher
山口県埋蔵文化財センター
Publish Date 20210318
Publisher ID
ZIP CODE 7530073
TEL 0839231060
Aaddress 山口県山口市春日町3番22号
Report Type report
NII Type Research Paper
NCID
JP Number
Other Resource
Remark
所収論文
Site
Site Name 堀の内遺跡
Site Name Transcription ほりのうちいせき
Order in book
Address 山口県美祢市岩永本郷
Address Transcription やまぐちけんみねしいわながほんごう
City Code 35213
Site Number
North Latitude (JGD) 341948
East Longitude (JGD) 1312831
North Latitude (WGS)
East Longitude (WGS)
経緯度(世界測地系)10進数(自動生成) 34.3332 131.4728
※当該位置周辺を表示し、同一名称の遺跡データが存在する場合は遺跡をポイント表示します。
Research Period
20200518-20200911
Research Space
820
Research Causes ほ場整備
OverView
Site Type
集落
Main Age
弥生
平安
鎌倉
Main Features
竪穴建物
掘立柱建物
柱穴列
土坑
柱穴
性格不明遺構
Main Foundings
弥生土器
土師器
瓦器
瓦質土器
輸入陶磁器
国産陶磁器
鉄鏃
鉄滓
Remark  弥生時代の円形竪穴建物を検出
 中世の土師器・瓦器・輸入磁器の一括廃棄土坑を検出
Abstract  弥生時代後期および中・近世の集落遺跡である。
 弥生時代の竪穴建物を検出し、弥生土器や炭化材が出土した。焼失家屋と考えられる。
 中世においては平安時代末~鎌倉時代初頭の掘立柱建物1棟を復元したほか、柱穴列、土坑等を検出した。廃棄土坑からは多量の土師器皿・杯・椀と共に瓦器や中国陶磁器が出土しており、文献史料に関連する良好な一括資料を得た。
 近世では、竪穴状の遺構や水溜と考えられる円筒形土坑から、近世陶磁器や瓦等が出土した。
このエントリーをはてなブックマークに追加
Page view : 8
File download : 0

All Events

外部出力