Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21796 件
( 前年度比 + 644 件 )
( 発行機関数 419 機関 )

簡易検索

発行機関千葉県
※遺跡名・遺跡名かな・遺跡所在地・所在地ふりがな・遺跡番号 を入力
Thumnail
副書名 : 千葉県匝瑳郡光町小川台古墳群調査報告書
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 滝口 宏 | 浜名 徳永
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 八匝教育委員会
発行年月日 : 19750320
作成日 : 2018-06-16
厚氏の念願でもあったので,その遺志を継ぎ拡大されているものである。小川台古墳群には,第4 号墳のように方形と判断されたものも含まれ,貴重な資料を提供すると恩われたが,この方墳の破損は殊に著しく,<b>石室</b>
Thumnail
副書名 : 横芝光町民ギャラリー企画展図録(弥生・古墳時代)
巻次 : 2
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝光町教育委員会
発行年月日 : 20131005
作成日 : 2018-03-29
古墳の発掘調査では、両古墳から被葬者埋葬施設( 主体部)が、墳丘の東側に、横穴<b>石室</b>として検出され、埴輸の多くは墳丘中段部の西側から出土した。発掘調査の結果」、殿塚が先に、姫塚が後に築造されたこと、築造時期は中期後半( 6
Thumnail
副書名 : 横芝地方の縄文遺跡と古墳群
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 伊藤 一男
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝町教育委員会
発行年月日 : 19790505
作成日 : 2018-06-23
基の前方後円墳です。殿塚は墳丘の長径86問、高さ8 m という堂々としたものです。遺体を埋葬した<b>石室</b>からは、ガラス玉や琉E白玉・太万などが発見され、壁面には朱彩カザ面されていたということです。この
Thumnail
副書名 :
巻次 : 2
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝光町教育委員会
発行年月日 : 20170331
作成日 : 2018-03-29
や切小玉などの副葬品も出土した。この遺跡からは古墳の跡が3 基発見されたが、いずれも墳丘が無いだけでなく、<b>石室</b>も痕跡はあったが、どれも<b>石室</b>の石材は抜き取られていて、破片のみが出土した。これは多分中世において、板碑
Thumnail
副書名 : 横芝光町民ギャラリー企画展図録
巻次 : 3
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝光町教育委員会
発行年月日 : 20141011
作成日 : 2018-03-29
は牛熊、長倉はそのままである。そのほか畔代は栗山、IJ[ 企は木戸台、片野は八回、<b>石室</b>はノ] 、111 台、幡聞は目篠・原方などに推定されているが、確かな事は分かっていない。3 4 III. 横芝光田T の奈
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 青木 幸一
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 光町小川台遺跡調査会
発行年月日 : 19780226
作成日 : 2018-06-23
らの有機的な関連は、非常に興味深いところでもある。注1 ) 千葉県文化財セJ ター「千葉県埋蔵文化財分布地図(2b 昭和61 年注2 ) 杉山菅作r宝米六号墳<b>石室</b>調査報告J 金鈴20 号昭和42 年注3 ) 滝口宏他「下総
Thumnail
副書名 :
巻次 : 1
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝光町教育委員会
発行年月日 : 20170331
作成日 : 2018-03-29
、高さ8.6m、後者が全長58.5ml こ高さが4.8mの前方後円墳である。この両古場からは昭和3 1 年の発掘調査で、多くの形象埴輪が出土し、その見事さから昭和33 年国指定史跡になった。それぞれの古墳から埋葬施設である横穴<b>石室</b>
Thumnail
副書名 : 野仏のささやき
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 横芝光町教育委員会 | 横芝光町歴史ロマン研究会
発行年月日 : 20161008
作成日 : 2018-03-30
世石浴中世石塔には博容塔は無く、主に板碑と五輪塔、宝匿印塔で構成される。板碑は鎌立時代、武藍国でその北部山地で産する緑泥片岩を石材にして塔嬰を遣ったのを初めとする. 下総固では古噴的<b>石室</b>に世われていた黒雲母片山方( 筑波石) を引
Thumnail
副書名 : ひかり工業団地内埋蔵文化財調査報告
巻次 : 2
シリーズ番号 : 第21集
編著者名 : 道澤 明
発行(管理)機関 : 横芝光町 - 千葉県
発行機関 : 千葉県企業庁
発行年月日 : 20000330
作成日 : 2018-04-27
が発達していて崩れやすい。上岩橋居は硬写真4 城山の地層いシノレ卜層でこの上部が中水!曹となって水がよく湧き、井戸や水場が作られている。清川層は粗い砂の層である。上総層群上部はさらに硬いシルト層で、これをプロック状に切り出して古墳<b>石室</b>