Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
現在の登録数
20852 件
( 前年度比 + 2066 件 )
( 発行機関数 387 機関 )

簡易検索

※遺跡名・遺跡名かな・遺跡所在地・所在地ふりがな・遺跡番号 を入力
Thumnail
副書名 : 総合運動公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 丸亀市 - 香川県
発行機関 : 丸亀市教育委員会/元興寺文化財研究所
発行年月日 : 20040300
作成日 : 2010-03-18
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
Thumnail
副書名 : 総合運動公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 丸亀市 - 香川県
発行機関 : 丸亀市教育委員会 | 元興寺文化財研究所
発行年月日 : 20030300
作成日 : 2010-03-18
の破片と考えられ、ヘラ描きの有軸木葉文を有する。外面ヘラミガキを施すと考えられるが表面<b>劣化</b>のため不明瞭である。9は復元底径7 6cmを測る底部である。胎土は黄褐色を呈し、2mm程度のやや大きめの砂礫を含む。loは復
Thumnail
副書名 : 総合運動公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 丸亀市 - 香川県
発行機関 : 丸亀市教育委員会 | 元興寺文化財研究所
発行年月日 : 20060300
作成日 : 2010-03-18
を参照されたい。また、出土した人骨については<b>劣化</b>が著しく、単体で骨を取り出すことも困難な上に、出土状況に意味があると考えられるため、出土状況のまま土ごと取り上げ、気存処理を行った。SD335 (Fig.39) 調査
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 埋蔵文化財ニュース
シリーズ番号 : 153
発行(管理)機関 : 奈良文化財研究所 - 奈良県
発行機関 : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所埋蔵文化財センター
発行年月日 : 20130329
作成日 : 2016-07-27
研.モ次元計課‑9月3011〜10J・J 4 H ‑10 名μ測程修保存科学从礎I(金属製辿物)課程10月8 川〜10 月1711 10 名μ三次元計測の利川に│剄し金属製造物の材質およて必要な専門的知識と技び<b>劣化</b>
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 埋蔵文化財ニュース
シリーズ番号 : 149
発行(管理)機関 : 奈良文化財研究所 - 奈良県
発行機関 : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所埋蔵文化財センター
発行年月日 : 20120330
作成日 : 2016-07-27
の発掘調査文化財調査にお見やすく読みや古文書・歴史資文化的景観調査動物遺存体や碵史跡整備におけ護をはじめとしる建築遺構や出射性炭素年代測質および<b>劣化</b>状稙、木取
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 埋蔵文化財ニュース
シリーズ番号 : 140
発行(管理)機関 : 奈良文化財研究所 - 奈良県
発行機関 : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所埋蔵文化財センター
発行年月日 : 20100326
作成日 : 2016-07-27
ではこの概念をよく表わしている文化遺産の保存修復に関するいくつかのケーススタディを取り上げることにする。寒冷地における歴史的石造建造物の<b>劣化</b>と保存対策石崎武志(東文研)、高見雅三(北海道立地質研究所)、田中享二(東工大)、松尾隆士(清水建設)日本には、多くの歴史的レンカ建造物や石造建造物がある。それ
Thumnail
副書名 : 県道市之蔵山梨線バイパス道路建設工事に伴う発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 5
発行(管理)機関 : 笛吹市 - 山梨県
発行機関 : 笛吹市教育委員会
発行年月日 : 20070330
作成日 : 2014-03-07
材には粘土と礫を用いており、袖石と煙道の狽1 壁に礫が使われていた。燃焼部からは小型甕(34)が倒位で出上し、加えて被熱による<b>劣化</b>した状態であったことから、支脚に用いられたものと推測される。またカマド右脇の東I品部分でも、集中
Thumnail
副書名 : 総合運動公園整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
発行(管理)機関 : 丸亀市 - 香川県
発行機関 : 丸亀市教育委員会/元興寺文化財研究所
発行年月日 : 20050300
作成日 : 2010-03-18
) 土器古式土師器甕が出土した。残存高4.Ocmを測り、強く「く」字状に外反する日縁部を有し、回縁端部を上方に摘み上げる。内外面表面<b>劣化</b>のため調整等は不明である。胎土は5〜7mmの長石粒を多量に含み、暗赤
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 694
発行(管理)機関 : 福岡市 - 福岡県
発行機関 : 福岡市教育委員会
発行年月日 : 20010330
作成日 : 2017-06-21
防塁の保存上の問題と対策(5)元窺防塁の<b>劣化</b>現況と保存・修理計画第VI章復元・修理施工内容図Fig・l Fig.2 Fig.3 Fig.4 Fig.5 Fig.6 Fig.7 Fig.8 挿図目次元蓮防塁「生の桧原地区」位置
Thumnail
副書名 :
巻次 : 2012年3月
シリーズ番号 : 9
編著者名 : 中村 文枝
発行(管理)機関 : まんのう町 - 香川県
発行機関 : まんのう町教育委員会
発行年月日 : 20120331
作成日 : 2013-03-23
と同じ傾斜で堆積している。第12テラス造成の形跡、遺構面は検出されず、遺物も出土しなかった。腐葉土・腐植土層は約10cm、流土層は黄褐色粗砂質上で15〜30cm堆積している。地山は黄色系粘質土で白色<b>劣化</b>石の礫を含み、谷に
Thumnail
副書名 : JAフルーツ山梨加納岩統一共選所建設に伴う発掘調査報告書
巻次 :
シリーズ番号 : 8
発行(管理)機関 : 山梨市 - 山梨県
発行機関 : JAフルーツ山梨/山梨市教育委員会/財団法人山梨文化財研究所
発行年月日 : 20050331
作成日 : 2014-02-11
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
Thumnail
副書名 : 静清バイパス(瀬名地区)埋蔵文化財調査報告書
巻次 : 5
シリーズ番号 : 79
発行(管理)機関 : 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
発行機関 : 財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
発行年月日 : 19960329
作成日 : 2014-01-17
ゾ穴板樹の転用を穿った厚い板材を転用したものである。双方とも一方の小口が丸く加工されているが、摩滅が著しい。もう一方の小口は転用時に垂直に切り落とされている。W52はホゾ穴の周囲が著しく<b>劣化</b>しているが、左側緑部の分富日鋼閲瑠第4図1区17C層建
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 : 164
発行(管理)機関 : 松本市 - 長野県
発行機関 : 松本市教育委員会
発行年月日 : 20020329
作成日 : 2011-05-16
ロ縁部ヨコナデ甕(30.6) 内外面:ハケメ→口縁部ヨコナデH 甕<b>劣化</b>著しく観察不可、二次被熱カH 甕(30.6) <b>劣化</b>著しく観察不可、二次被熱カH 甕<b>劣化</b>著しく観察不可、二次被熱カSB4 H 甕<b>劣化</b>著しく観察不可、二次
Thumnail
副書名 : 沿岸地域遺跡分布調査報告
巻次 :
シリーズ番号 : 第87集
発行(管理)機関 : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
発行機関 : 沖縄県立埋蔵文化財センター
発行年月日 : 20170331
作成日 : 2017-07-10
ヒット箇所はおよそ50000文字までしか表示されません。
Thumnail
副書名 : 第30次調査報告書I(縄文~近世編)
巻次 :
シリーズ番号 : 149
発行(管理)機関 : 仙台市 - 宮城県
発行機関 : 仙台市教育委員会
発行年月日 : 19910300
作成日 : 2014-03-06
をするためのサンプルの採取を行った。こうして作業および補足調査が12月まで続いた。そして、10月末には再度現地説明会を開き、埋め戻す前の状況を公開した。この日は快晴にも恵まれ約1000人の見学者が訪れた。また、調査中の樹木の<b>劣化</b>
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 : 奈文研ニュース
シリーズ番号 : 21
発行(管理)機関 : 奈良文化財研究所 - 奈良県
発行機関 : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
発行年月日 : 20060600
作成日 : 2016-07-21
布十五斤尾治ア若麻績ア1 (表)(裏)2 3 4 5 国宝高松塚古墳壁画修理のための石室解体実験始まる昭和47年(1972)に発見された国宝高松塚古墳壁画は、30数年を経過し環境変化などさまざまな原因で<b>劣化</b>
Thumnail
副書名 :
巻次 : 平成21年度
シリーズ名 : 発掘調査報告書
シリーズ番号 :
編著者名 : 佐藤 亜聖
発行(管理)機関 : 元興寺文化財研究所 - 奈良県
発行機関 : 財団法人元興寺文化財研究所
発行年月日 : 20110331
作成日 : 2011-11-11
のものである。土師器皿(13)手づくね成形で、口縁端部を外反させ口縁部内面に面を持たせる。表面<b>劣化</b>のため調整等は不明である。胎土は褐色で砂粒を多く含む。南都Ⅲ期のもので、10 世紀半ば〜後半のものである。黒色土器A
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ名 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 川原 和人
発行(管理)機関 : 吉賀町 - 島根県
発行機関 : 柿木村教育委員会
発行年月日 : 19960331
作成日 : 2010-04-13
を中心に暗灰色粘質土層を主包含層として縄文式土器片が数点と弥生式土器片が数点及びMN区からも縄文・弥生式上器片が数点出土したが、いずれも小片であると共に<b>劣化</b>が激しく水洗いで溶けるくらいである。またMN区からは唐津焼きと思えるものも数点出土した。石片
Thumnail
副書名 :
巻次 :
シリーズ番号 :
編著者名 : 前澤 郁浩
発行(管理)機関 : 大和高田市 - 奈良県
発行機関 : 大和高田市教育委員会
発行年月日 : 20060331
作成日 : 2017-07-08
部盗掘坑掘削後の状況皮膜だけを残した楯の破片が粘土塊に貼り付いた状態で複数出土している。鏡は平緑の外縁に2重の鋸歯文とその内側に波状文がめぐっていることを観察できる。楯は、一部の破片に鋸歯文を構成する斜線が見受けられるが、<b>劣化</b>が進み、また個々の破片が小さいこともあって、文様
Thumnail
副書名 :
巻次 : 平成19年度
シリーズ名 : 発掘調査報告書
シリーズ番号 :
編著者名 : 佐藤 亜聖
発行(管理)機関 : 元興寺文化財研究所 - 奈良県
発行機関 : 財団法人元興寺文化財研究所
発行年月日 : 20090331
作成日 : 2011-11-11
の青磁染付、丹波焼擂鉢、自然木が出土した。近世の遺構と考えられる。(3)出土遺物1 期の遺構出土遺物SA080 出土遺物(図46)柱痕跡及び抜取穴出土遺物土師器杯(1) 杯C である。表面<b>劣化</b>が著しく、調整

絞込

本文頻出用語
発行機関
報告書種別
発行年
編著者名