Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
20989 件
( 前年度比 + 2207 件 )
( 発行機関数 387 機関 )
発行機関一覧 > 岩手県 > 全域 > 西和野Ⅰ遺跡発掘調査報告書

西和野Ⅰ遺跡発掘調査報告書

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/19349
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19349
ファイル
書名 西和野Ⅰ遺跡発掘調査報告書
発行(管理)機関 Banner - 岩手県
書名かな にしわの1いせきはっくつちょうさほうこくしょ
副書名 土地区画整理事業高台Ⅳ関連遺跡発掘調査
巻次
シリーズ名 岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 669
編著者名
編集機関
公益財団法人 岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター
発行機関
岩手県陸前高田市復興局市街地整備課
公益財団法人 岩手県文化振興事業団
発行年月日 20170224
作成機関ID 03000
郵便番号 0200853
電話番号 0196389001
住所 岩手県盛岡市下飯岡11地割185番地
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 西和野Ⅰ遺跡
遺跡名かな にしわの1いせき
本内順位
遺跡所在地 陸前高田市高田町字鳴石50ほか
所在地ふりがな りくぜんたかたしたかたちょうあざなるいし50ほか
市町村コード 03210
遺跡番号 NF57-2186
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 390143
東経(世界測地系) 1413759
調査期間
20150407-20150508
調査面積
12775
調査原因 土地区画整理事業高台Ⅳ
種別
主な時代 弥生+古代
主な遺構 方形周溝+土坑+柱穴状土坑
主な遺物 土師器+弥生土器+続縄文土器+石器
特記事項 赤穴式土器+後北C₂・D式土器
要約

古代の方形周溝1基、土坑8基、柱穴状土坑6個を検出した。いずれも丘陵の頭頂部に形成されており、意図的に場所を選定していたことが読み取れる。土坑は底面の炭層と壁面の被熱痕より大半が木炭窯として使用されていたものと判断している。墓域や木炭の供給地として機能していたことが本遺跡の役割として1つ想定できる。遺物では、当該期の土師器の他に弥生時代終末期の赤穴式に該当する土器、続縄文系統の後北C₂・D式が出土している。弥生時代後期にも集落が営まれ、遠隔地との交流が行われていたことが推測される。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 85
ファイルダウンロード数 : 104

全国のイベント

内容が似ている報告書