Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21473 件
( 前年度比 + 320 件 )
( 発行機関数 412 機関 )
発行機関一覧 > 岩手県 > 全域 > 重津部Ⅰ遺跡発掘調査報告書

重津部Ⅰ遺跡発掘調査報告書

URL https://sitereports.nabunken.go.jp/19340
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.19340
ファイル
書名 重津部Ⅰ遺跡発掘調査報告書
発行(管理)機関 Banner - 岩手県
書名かな おもつべ1いせきはっくつちょうさほうこくしょ
副書名 河川等災害復旧事業二級市道沼の浜青の滝線沼の浜地区整備事業関連遺跡発掘調査
巻次
シリーズ名 岩手県文化振興事業団埋蔵文化財調査報告書
シリーズ番号 664
編著者名
編集機関
公益財団法人 岩手県文化振興事業団埋蔵文化財センター
発行機関
岩手県沿岸広域振興局土木部宮古土木センター
公益財団法人 岩手県文化振興事業団
発行年月日 20170317
作成機関ID 03000
郵便番号 0200853
電話番号 0196389001
住所 岩手県盛岡市下飯岡11地割185番地
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 重津部Ⅰ遺跡
遺跡名かな おもつべ1いせき
本内順位
遺跡所在地 岩手県宮古市田老字重津部地内
所在地ふりがな いわてけんみやこしたろうあざおもつべちない
市町村コード 03202
遺跡番号 KG84-1259
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 394559
東経(世界測地系) 1415902
調査期間
20150803-20151120
調査面積
8700
調査原因 道路建設
種別
集落跡
主な時代 縄文+弥生+古代
主な遺構 竪穴住居跡+土坑+陥し穴+焼土+柱穴状遺構
主な遺物 縄文土器+弥生土器+古代土器+土製品+石器+石製品
特記事項 縄文時代前期の集落。弥生時代の土器。平安時代の土器。
要約

調査地は縄文時代居住域であることがわかった。南向き斜面に7棟の竪穴住居と焼土、土坑などがみつかった。これらの時期は縄文時代前期でも早い段階に集中している。住居跡がみつかったのは調査区内のごく一部で、本来、地形改変を受けた斜面の上方や、調査区の西方にも集落が広がっていたものとみられる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 88
ファイルダウンロード数 : 90

全国のイベント

内容が似ている報告書