Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21772 件
( 前年度比 + 620 件 )
( 発行機関数 419 機関 )
2017-07-22 岐阜県
飛騨市

日本の製紙技術からみた山中和紙

日 時:7月22日(土)  14:00~15:30
場 所:河合町公民館 3階 大会議室
参加料:無料
持ち物:筆記用具
 ※託児を希望される方は、下記連絡先へ7月14日(金)16時までに申込みください。

 飛騨河合で独特の風景にもなっている山中和紙。首都大学東京大学院の山田昌久教授が、日本全国の和紙の
製紙技術からみた山中和紙の特質を語ります。
 「雪ざらし」の技術はめずらしいのか?他の雪国では見られないのか?など、全国的な和紙技術と比較して、
山中和紙の技術を学びます。

《首都大学東京大学院・山田昌久教授》
  専門は考古学。20数年前より、宮川での考古学と民俗学調査を皮切りに飛騨の研究を続けています。
 3年前より河合の山中和紙について調査を開始し、古代に始まった日本の製紙の発展形態を考えてこられま
 した。
Banner
主催飛騨市教育委員会 文化振興課
連絡先
〒509-4292
飛騨市古川町本町2-22
飛騨市教育委員会 文化振興課
Tel:0577-73-7496 Fax:0577-73-7497
このエントリーをはてなブックマークに追加