Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21466 件
( 前年度比 + 313 件 )
( 発行機関数 412 機関 )

芹田東沖遺跡

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/22073
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.22073
ファイル
書名 芹田東沖遺跡
発行(管理)機関 長野市 - 長野県
書名かな せりたひがしおきいせき
副書名 若里市民文化ホール地点 都市計画道路栗田安茂里線地点
巻次
シリーズ名 長野市の埋蔵文化財
シリーズ番号 129
編著者名
編集機関
長野市教育委員会
発行機関
長野市埋蔵文化財センター
発行年月日 20110331
作成機関ID 20201
郵便番号 3812212
電話番号 0262840004
住所 長野県長野市小島田町1414番地
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 芹田東沖遺跡
遺跡名かな せりたひがしおきいせき
本内順位
遺跡所在地 長野県長野市若里3丁目字東沖894他
所在地ふりがな ながのけんながのしわかさと3ちょうめあざひがしおき894ほか
市町村コード 20201
遺跡番号 B-017
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 363752
東経(世界測地系) 1381147
調査期間
19930517-19931021
19940509-19950203
19950522-19950616
20081106-20081205
調査面積
8290
2310
990
470
調査原因 公共施設建設 道路改善
種別
集落
主な時代 弥生+古墳+奈良+平安
主な遺構 竪穴住居+溝+土坑+掘立柱建物
主な遺物 弥生土器+土師器+須恵器+灰釉陶器+砥石
特記事項
要約

 調査地は裾花川扇状地末端の低地域に属し、犀川流路に接した南側には浸食崖が形成されている。一帯に堆積する土壌には、未分解の有機質が混合するなど、低湿な環境下において連続的に形成された粘土が主体であり、通常の集落遺跡と比較してやや特異な立地条件の中で、古墳時代後期から奈良・平安時代にかけての遺構・遺物を検出した。
 検出遺構・遺物の中では、奈良時代段階の竪穴住居と掘立柱建物の構成と、「市寸」と墨書された土器の出土が注意される。「市寸」は中世荘園名に連なる地名「市村」を示していると判断されるものであり、同地名が奈良時代にまで遡ることが証明されるとともに、遺跡の成立が律令体制下における信濃国水内郡芹田郷との連関において理解される可能性も示唆されることとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 23
ファイルダウンロード数 : 11

全国のイベント

内容が似ている報告書