Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
キーワードから探す
一覧から探す
その他
おすすめ
発行機関の方へ
現在の登録数
21772 件
( 前年度比 + 620 件 )
( 発行機関数 419 機関 )

駿河山遺跡Ⅳ (弥生・古墳・歴史時代編2)

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/21606
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.21606
ファイル
書名 駿河山遺跡Ⅳ (弥生・古墳・歴史時代編2)
書名かな するがやまいせきよん (やよい・こふん・れきしじだいへんに)
副書名 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
巻次 島田市-6
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財センター調査報告
シリーズ番号 14
編著者名
編集機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行機関
静岡県埋蔵文化財センター
発行年月日 20120326
作成機関ID 22000
郵便番号 4228002
電話番号 0542624261
住所 静岡県静岡市駿河区谷田23番20号
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・保存管理計画)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 駿河山遺跡
遺跡名かな するがやまいせき
本内順位
遺跡所在地 静岡県島田市牛尾
所在地ふりがな しずおかけんしまだしうしお
市町村コード 22209
遺跡番号 25
北緯(日本測地系) 345101
東経(日本測地系) 1380757
北緯(世界測地系) 345113
東経(世界測地系) 1380746
調査期間
19980800-20020300
調査面積
23783
調査原因 第二東名建設事業
種別
集落
主な時代 弥生+古墳
主な遺構 竪穴状遺構、掘立柱建物跡、方形周溝墓
主な遺物 弥生土器、土師器、石器、ガラス玉、鉄製品
特記事項
要約

 駿河山遺跡は、縄文時代中期前半~後期前半、弥生時代後期~古墳時代前期、平安時代~中世に至る複合遺跡である。本書は弥生時代~古墳時代・歴史時代についての第2分冊である。
 駿河山の台地に人が住み始めるのは縄文時代中期前半からで、後期前半頃までで一旦集落は廃絶する。その後人が住み始めるのは弥生時代後期中葉で、後期後葉にかけて急激に集落は拡大したとみられる。
 調査区南西側では長方形の竪穴状遺構が1基検出された。出土遺物から判断して、弥生時代後期中葉の遺構と考えられる。また、柱穴が小規模であることや炉が検出されていないことから、非日常的な用途に用いられた建物跡と考えられる。
 掘立柱建物跡は計63棟が調査区のほぼ全域で検出された。桁行3間以上の大型建物が2棟、桁行2~3間の建物は35棟、梁間1間、桁行1間の建物は26棟である。掘立柱建物跡の柱穴から出土した遺物はそれほど多くはないが、いずれも弥生時代後期から古墳時代前期の遺物である。
 方形周溝墓は36基検出された。形態としては、周溝が全周するものや四隅が切れるもの、隅が1~2カ所切れるものなどがある。これら方形周溝墓は調査区中央と西側に分布している。切合い関係かと出土遺物から判断して、中央部から西側への変遷が想定できる。こうした墓域の変遷は、集落の再編が行われた可能性を示唆するものと考えられる。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 34
ファイルダウンロード数 : 17

全国のイベント

内容が似ている報告書