Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
現在の登録数
20626 件
( 前年度比 + 1829 件 )
( 発行機関数 381 機関 )
2017年10月7日
東京有楽町にて
「デジタル技術で魅せる文化財
奈文研とICT」
開催

Tokyo itc

一色青海遺跡2

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/1413
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.1413
ファイル
書名 一色青海遺跡2
発行(管理)機関 Banner - 愛知県
書名かな いっしきあおかいいせきに
副書名
巻次
シリーズ名 愛知県埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 147
編著者名
編集機関
財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
発行機関
財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
発行年月日 20080331
作成機関ID 32307
郵便番号 4980017
電話番号 0567674161
住所 愛知県弥富市前ヶ須町野方802-24
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・復元工事)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
本文・遺物図版編
遺構図版編
遺跡
遺跡名 一色青海遺跡2
遺跡名かな いっしきあおかいいせき2
本内順位 1
遺跡所在地 愛知県稲沢市平和町須ヶ谷
所在地ふりがな あいちけんいなざわしへいわちょうすがたに
市町村コード 23220
遺跡番号 270013
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 351408
東経(世界測地系) 1364524
調査期間
20030618-20040317
調査面積
7124
調査原因 日光川上流流域下水道浄化センター建設
種別
集落/墓
主な時代 弥生/鎌倉+南北朝+室町+戦国
主な遺構 竪穴建物104棟+掘立柱建物15棟+柵列4基+方形周溝墓5基+溝20条+土坑205基/溝36条+土坑222基
主な遺物 弥生土器+土製垂飾(鹿の線刻)+木製品+石器+管玉+動物遺体+植物遺体
特記事項 桁行6間(17.6m)、梁間1間(5.1m)、床面積89.8平米の大型掘立柱建物を確認。/
要約

濃尾平野南西部の拠点になる弥生中期後葉の集落跡。集落の中心部を調査し、東日本で最大級の大型掘立柱建物1 棟のほか、大型竪穴建物数棟を確認し、当該期における弥生集落の内部構造を明らかにした。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 87
ファイルダウンロード数 : 96

全国のイベント

愛知県 の今後のイベント