Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
現在の登録数
20626 件
( 前年度比 + 1829 件 )
( 発行機関数 381 機関 )
2017年10月7日
東京有楽町にて
「デジタル技術で魅せる文化財
奈文研とICT」
開催

Tokyo itc

下懸遺跡

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/1289
DOI http://doi.org/10.24484/sitereports.1289
ファイル
書名 下懸遺跡
発行(管理)機関 Banner - 愛知県
書名かな しもかけいせき
副書名
巻次
シリーズ名 愛知県埋蔵文化財センター調査報告書
シリーズ番号 144
編著者名
編集機関
財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
発行機関
財団法人愛知県教育・スポーツ振興財団 愛知県埋蔵文化財センター
発行年月日 20090331
作成機関ID 32307
郵便番号 4980017
電話番号 0567674161
住所 愛知県弥富市前ヶ須町野方802-24
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・復元工事)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 下懸遺跡
遺跡名かな しもかけいせき
本内順位 1
遺跡所在地 愛知県安城市小川町下懸
所在地ふりがな あいちけんあんじょうしおがわちょうしもかけ
市町村コード 23213
遺跡番号 540127
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345426
東経(世界測地系) 1370543
調査期間
20001200-20010300
調査面積
3700
調査原因 鹿乗川改修
種別
集落
主な時代 弥生+古墳+奈良
主な遺構 竪穴住居+方形周溝墓/自然流路(谷地形 )
主な遺物 -弥生土器+木製品/-銅鏃+小型鉄製品/-木簡+墨書土器
特記事項
要約

本遺跡は柱石低地の微高地に位置する。検出された遺構は、弥生時代後期後半から古墳時代初期が中心で、竪穴建物・溝・土坑などが検出される居住域と方形周溝墓群で構成される墓域が検出されている。その前面には他に地形が広がるが、未製品を多く含む木製品が出土しており、近接して木製品の制作に関わるエリアが存在したと考えらる。

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 66
ファイルダウンロード数 : 63

全国のイベント

愛知県 の今後のイベント