Headerlogo 奈良文化財研究所 ホーム
検索
一覧
その他
Event nav
Word map
Howto
現在の登録数
19509 件
( 前年度比 + 674 件 )
( 発行機関数 377 機関 )

大谷川Ⅱ(遺構編)図版編

URL http://sitereports.nabunken.go.jp/1229
ファイル
書名 大谷川Ⅱ(遺構編)図版編
書名かな おおやがわⅢ(いこうへん)ずはんへん
副書名 昭和59・60年度巴川(大谷川)総合治水対策特定河川事業埋蔵文化財調査報告書(神明原・元宮川遺跡)
巻次
シリーズ名 静岡県埋蔵文化財調査研究所調査報告
シリーズ番号 11
編著者名
編集機関
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
発行機関
財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
発行年月日 19870330
作成機関ID 22001
郵便番号 4240044
電話番号 0543671171
住所 静岡県清水市江尻台町18-5
報告書種別 a01.報告書・概報・要覧(発掘調査・遺跡整備・復元工事)
資料タイプ Research Paper
所蔵大学(NCID)
JP番号
備考
遺跡
遺跡名 神明原・元宮川遺跡
遺跡名かな しんめいばら・もとみやがわいせき
本内順位 1
遺跡所在地 静岡県静岡市川合新田字内荒
所在地ふりがな しずおかけんしずおかしおおや・にしおおや・みずかみ・みやがわ
市町村コード 22102
遺跡番号
北緯(日本測地系)
東経(日本測地系)
北緯(世界測地系) 345717
東経(世界測地系) 1382525
調査期間
19840401_19850331
19850408_19860331
調査面積
25463
調査原因 放水路建設
種別
集落・祭祀・散布地
主な時代 縄文+弥生+古墳+古代+中世
主な遺構 弥生後期末~古墳前期初頭:掘立柱建物、溝状遺構、大型柱穴、土坑他 古墳前期:焼土、溝状遺構、井戸状遺構、粘土採掘跡、土器集中部他 古墳中期:溝状遺構、旧河道跡、井戸状遺構、小穴群他 古墳後期:遺物集中部、旧河道跡、溝状遺構 奈良~平安:井戸状遺構、掘立柱建物、旧河道跡、溝状遺構、小穴群他 平安末~中世:溝状遺構、井戸状遺構、旧河道跡
主な遺物 縄文後期~晩期:土器、石鏃、ヤス、木製品(弓・丸木船・櫂等)他 弥生中期:土器 弥生後期末~古墳前期初頭:弥生土器、土師器、木製柄杓、不明木製品、砥石他 古墳前期:土師器(壺・甕・高坏・器台・坩等)、手捏土器、土錘、碧玉製管玉、ガラス小玉、滑石製模造品、木製広鍬、腰掛状木製品、舟形木製品他 古墳中期:土師器(壺・高坏・器台・坩等)、須惠器、手捏土器、滑石製模造品(勾玉・臼玉)他 古墳後期:須惠器、土師器、桃の種子、動物遺存体(馬・牛・鹿・犬・イルカ・鯨・鮪等)、木製品(人形・馬形・木製模造品・横櫛・鎌柄・横槌・曲物等)、石製丸玉、石製勾玉、耳環、紡錘車 奈良~平安:須惠器、土師器、灰釉陶器、緑釉陶器、墨書土器、手捏土器、木製品(井戸材・斎串・人形・馬形・刀形他)、馬形土製品・ナスビ形着柄鍬、木簡、耳環、紡錘車、銙帯金具、銭貨他 平安末~中世:土器、大平鉢、山茶碗、青磁、白磁、墨書土器、木製品(人形・箸状・棒状・鏃形木製羽根・紡輪・下駄・曲物・井戸材・椀・小型板塔婆・金剛草履等)、木簡、馬骨、銭貨、絵馬、鉄鏃、短刀他
特記事項 大谷川の中~下流域に当たる大谷1・2区、西大谷3~8区、水上1~11区、宮川3~6区の報告。遺跡で中心となるのは、古墳時代後期~古代の、旧流路に廃棄された大量の祭祀遺物であり、「水辺の祭祀」の状況を彷彿とさせる遺跡である。古代~中世には集落も形成されており、特に中世集落は、静清平野では類例が少なく、貴重である。
要約

このエントリーをはてなブックマークに追加
詳細ページ表示回数 : 21
ファイルダウンロード数 : 19

全国のイベント