Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
発行機関の方へ
20937 reports
( compared to the privious fiscal year + 2155 reports )
( Participation 387 Orgs )

Simple Search

( "pollen analysis" OR 花粉分析 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle : 静清バイパス(瀬名地区)埋蔵文化財調査報告書
Volume : 4
Series Number : 61
Participation-organizations : 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Publisher : 財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2014-01-08
じめに第2節層序と試料1各調査区内の層序および試料2 遺跡内部の層序第3節分析方法1 珪藻分析2 <b>花粉分析</b>株式会社古環境研究所l l 1 2 4 4 4 6 パリノ・サーヴェイ株式会社第4節各
Thumnail
Subtitle : 払田柵跡調査事務所年報1990
Volume :
Series Number : 216
Author : 児玉 準
Participation-organizations : 県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19910331
Submit Date : 2013-05-14
田県教育庁払田楠跡調査事務所所長冨樫泰時例本書は秋田県教育庁払田柵跡調査事務所が、平成2 した第8 4 ‑‑8 7 次調査の概要報告である。2 発掘調査、年報の作成にあたって、下記の方々から御協力をいただいた。千畑町本堂域間字百円木、森崎土地所有者各位3 <b>花粉分析</b>・樹種
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 34
Participation-organizations : 長野市 - 長野県
Publisher : 長野市教育委員会
Publish Date : 19890320
Submit Date : 2011-06-02
········································51 図25県営圃場整備事業地区出土木製品2········································52 図26石川条里遺跡<b>花粉分析</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 20
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19720331
Submit Date : 2016-07-26
の発見調査の構成序説調査の経過目次五︑<b>花粉分析</b>四︑地形と地質三︑建築遺構について二︑籾痕・鉄・馬について第四章総括一︑古代の糟屋四︑金属製品・その他一︑土製品二︑木製品三︑石製品第三章遺物2 六︑中世馬.第1 図第2 図第3 m 凶第4
Thumnail
Subtitle : 都市計画道路和泉中央線整備事業に伴う調査
Volume :
Series Number : 2011-9
Participation-organizations : 府教育委員会 - 大阪府
Publisher : 大阪府教育委員会
Publish Date : 20120330
Submit Date : 2017-02-20
が株式会社エムズにそれぞれ委託した。5. 本書に掲載した遺物の撮影は有限会社阿南写真工房に委託した。6. 平成15年度、平成16年度に土壌の<b>花粉分析</b>をパリノ・サーヴェイ株式会社に委託し、その結果を掲載した。7. 調査
Thumnail
Subtitle : 波介川河口導流事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 122
Participation-organizations : 高知県立埋蔵文化財センター - 高知県
Publisher : 公益財団法人高知県文化財団埋蔵文化財センター
Publish Date : 20110929
Submit Date : 2014-03-13
性炭素年代測定・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・23 表2 暦年較正結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・24 表3 <b>花粉分析</b>結果・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・25 表4 植物
Thumnail
Subtitle : 2002年度大阪市長吉東部地区土地区画整理事業施行に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 大阪市 - 大阪府
Publisher : 財団法人大阪市文化財協会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2011-07-19
時代の遺構と遺物面)奈良時代の遺構と遺物i)珪藻分析面)植物珪酸体分析v)昆虫同定五)古墳時代の遺構と遺物iv)中。近世の遺構と遺物五)<b>花粉分析</b>iv)種実同定五)<b>花粉分析</b>市)種実同定D珪藻分析面)植物珪酸体分析v)昆虫
Thumnail
Subtitle : 波介川河口導流事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 1
Series Number : 101
Author : 出原 恵三
Participation-organizations : 高知県立埋蔵文化財センター - 高知県
Publisher : 公益財団法人高知県文化財団埋蔵文化財センター
Publish Date : 20080301
Submit Date : 2014-03-20
および木製品について放射性炭素年代測定、珪藻分析、<b>花粉分析</b>、植物珪酸体分析を行った。2本調査の成果(1)S区①基本層準S区南壁基本層準(Fig.11)XⅧ層:不明瞭な水平葉理をなす灰色シルト質粘土。深堀の結果1m以上続いていることを確認。XⅦ
Thumnail
Subtitle : 府営瓜破東一丁目住宅建替え工事に伴う発掘調査
Volume : 2
Series Number : 2013-2
Author : 林 日佐子
Participation-organizations : 府教育委員会 - 大阪府
Publisher : 大阪府教育委員会
Publish Date : 20131227
Submit Date : 2016-10-19
に株式会社吉田生物研究所に、<b>花粉分析</b>・珪藻分析・種実遺体分析・木材分析は、平成23年度にパリノ・サーヴェイ株式会社に、また、鉄製品の保存処理は、平成24年度にJFEテクノリサーチ株式会社に委託した。7.出土遺物と記録資料は、大阪
Thumnail
Subtitle : 広原遺跡群第1次~第3次調査報告書
Volume :
Series Number : 1
Participation-organizations : 明治大学 - 長野県
Publisher : 明治大学黒耀石研究センター
Publish Date : 20160331
Submit Date : 2016-05-26
地における人類活動と湿地の形成の対応関係を,地形学,考古学,火山灰分析,<b>花粉分析</b>,植物珪酸体分析,珪藻分析,黒曜石の産地分析,放射性炭素年代から解明することに努めた。言うは易く実践するに容易でないこの課題を文字どおり可能な限り総合し,到達
Thumnail
Subtitle : 払田柵跡調査事務所年報1989
Volume :
Series Number : 200
Author : 児玉 準
Participation-organizations : 県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19900331
Submit Date : 2013-02-06
土塀が崩壊後に角材列に変わることは、これまでの内郭線の調査成果をいっそっ裏付ける結果となりました。ボーリング調査による<b>花粉分析</b>では古代において落葉広葉樹林のほかスギ林も存在した可能性が判明しました。本書
Thumnail
Subtitle : 大型動物化石産出地内の発掘調査報告
Volume :
Series Number : 7
Author : 吉村 公男
Participation-organizations : 河合町 - 奈良県
Publisher : 河合町教育委員会
Publish Date : 19920331
Submit Date : 2012-10-16
についてトレンチの側面に孔径約5 c m で、ほぼ水平な穴がみられたので、石膏で型どりをした。途中から二股にわかれていた。表面の模様から材化石が腐ってしまった跡にできた孔であろう。また、当時の植物を知るために<b>花粉分析</b>の試料を7
Thumnail
Subtitle : 原の辻遺跡調査研究事業調査報告書
Volume :
Series Number : 9
Participation-organizations : 長崎県埋蔵文化財センター - 長崎県
Publisher : 長崎県教育委員会
Publish Date : 20130331
Submit Date : 2014-05-16
0 0 1m 1m 1m 8層8層8層6層6層6層11層11層11層<b>花粉分析</b>試料1 <b>花粉分析</b>試料1 <b>花粉分析</b>試料1 5.000m 5.000m 141 135 2号土坑2号ピット1号ピット3号ピ
Thumnail
Subtitle : 第60次~64次調査概要
Volume :
Series Number : 139
Participation-organizations : 県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19860331
Submit Date : 2013-02-06
歴史民俗博物館歴史研究部助教授平川南氏に台願いした。4 <b>花粉分析</b>は、パリノ・サーヴェイ株式会社に依頼した。5 土色の記載については、小山正忠・竹原秀雄編著『新版標準土色帖Jl ( 1 9 7 6 . 9 ) を参考にした口6 実測図は、国土調査法第X
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 奥津 春生
Participation-organizations : 仙台市 - 宮城県
Publisher : 仙台市教育委員会
Publish Date : 19640400
Submit Date : 2014-02-28
層の亜炭層(10〜30cm)の<b>花粉分析</b>5),2)は第1表の通りでセコイヤが優勢な要素になっている。d)化石葉・果実など霊屋橋周辺の亜炭層の上盤・下盤から,化石葉・果実・種子が採販されるが,その
Thumnail
Subtitle : 名古屋環状2号線建設に伴なう発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 1
Participation-organizations : 愛知県埋蔵文化財センター - 愛知県
Publisher : 愛知県教育サービスセンター
Publish Date : 19840331
Submit Date : 2015-09-30
等は調査参加者全員で行い,加えて以下の方がたの協力があった。足立利子,大江茂子,大脇裕子,河瀬豊子,杉山美智子,戸川真理,牛田長千,加賀良子,土居幸子。9<b>花粉分析</b>は藤則雄(金沢大学教授)氏より論考を賜った。さら
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良女子大学 - 奈良県
Publisher : 奈良女子大学
Publish Date : 19860228
Submit Date : 2011-07-12
上貴重な発見を含んでいます。また、この度は、<b>花粉分析</b>その他関連の自然科学分野からの論稿をはじめて収め得たことも、特筆しておきたい点であります。今回の発掘調査においても、奈良
Thumnail
Subtitle : 平成4年度静岡県立浜松技能開発専門校埋蔵文化財調査報告書
Volume :
Series Number : 53
Participation-organizations : 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Publisher : 財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publish Date : 19940331
Submit Date : 2013-12-27
の天竜川右岸三角州平野の西側にある三方原台地の東側の半田町半田山遺跡では中期前半とともに、後期後半の集落がある(川江他1982)。これらが、三角州平野での水田耕作をいとなんでいたかどうかは不明である。8 古墳時代前期の箕輪遺跡(15層水田・11層水田)付近(1)弥生後期から古墳前期にかけての寒冷化の進行と天王低地付近の遺跡箕輪遺跡での木本<b>花粉分析</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県土木部河川課・島根県教育委員会
Publish Date : 19820300
Submit Date : 2010-06-25
他の遺物………………………………………………………35 まとめ……………………………………………………………………36 松江市。西川津遺跡の<b>花粉分析</b>…………………………………………………38 西川
Thumnail
Subtitle : 一般国道9号出雲バイパス建設予定地内埋蔵文化財発掘調査報告
Volume : 2
Series Number : 2
Participation-organizations : 県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県埋蔵文化財調査センター
Publish Date : 19990331
Submit Date : 2009-04-28
の補足調査を行い9月11日に終了した。Cl―S区、C2‑S区「水田耕作土」「<b>花粉分析</b>」9月17日より西側のC2‑S区より調査に着手した。先行して調査されていたB2区の

Refine my results

Tag
Participation-organizations
Report Type
Publish Year
Auther