Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
発行機関の方へ
20937 reports
( compared to the privious fiscal year + 2155 reports )
( Participation 387 Orgs )

Simple Search

( "polished stone axe" OR 磨製石斧 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle : 一般県道相良人吉線単県道路改良事業に伴う埋蔵文化財発掘調査
Volume : 1
Series Number : 251
Author : 後藤 克博
Participation-organizations : 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Publisher : 熊本県教育委員会
Publish Date : 20091225
Submit Date : 2015-12-24
〃−13−H17 . 1 0 . 2 4 デーH183.23 主な遺櫛竪堀調査面積調査原因7 . 5 0 0 ㎡一般県道相良人吉線単県道路改良事業主な遺物特記事項<b>磨製石斧</b>黒昭石土師器(小皿)熊本
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 165
Author : 二宮 忠司
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19870331
Submit Date : 2016-09-10
遺構は,段落部分から検出したが,形状からみて井戸の底面とも考えられるが確定はできない。3.遺物図示した以外に数十点の須恵器破片が出土したがどれも図示できないものである。1は玄武岩を石材とした<b>磨製石斧</b>であるO刃部
Thumnail
Subtitle : 平成15年度発掘調査概報
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 三重県立斎宮歴史博物館 - 三重県
Publisher : 斎宮歴史博物館
Publish Date : 20050300
Submit Date : 2017-05-30
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 大月東小学校校舎建替えに伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number :
Participation-organizations : 大月市 - 山梨県
Publisher : 大月市教育委員会 | 昭和測量株式会社
Publish Date : 20150331
Submit Date : 2015-12-08
曽利、加曾利E、称名寺、堀ノ内、加曾利B、打製石斧、<b>磨製石斧</b>、石皿、磨石、ドリル、石錘特殊配石遺構1 曽利Ⅳ~Ⅴ、加曾利EⅣ、堀之内式、磨石、スクレイパー、<b>磨製石斧</b>、石鏃、多孔石集石遺構2 土坑5 平安
Thumnail
Subtitle : 飯綱高原浅川線道路改良に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 82
Author : 千野 浩
Participation-organizations : 長野市 - 長野県
Publisher : 長野市埋蔵文化財センター
Publish Date : 19970330
Submit Date : 2011-06-02
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2
Series Number : 7
Participation-organizations : 大月町 - 高知県
Publisher : 大月町教育委員会
Publish Date : 20070331
Submit Date : 2010-06-03
緑の外面に弧線及び端部を屈曲する沈線を有する。7は無文で、波状口緑の傾斜部と思われる。9・10は平底の底部である。9 は底裏僅かに窪み、体部器は肉薄である。10は底部器肉厚でやや楕円を呈する。出土石器11は<b>磨製石斧</b>である。基部を中心に上部1/3
Thumnail
Subtitle : 旧石器時代と平安時代住居址
Volume :
Series Number :
Author : 中村 由克
Participation-organizations : 信濃町 - 長野県
Publisher : 信濃町教育委員会
Publish Date : 20000320
Submit Date : 2011-05-16
図の下面からも裏面側に向け縦長剥片を剥離した剥離面が見られ、石刃石核の最終形態と考えられる。石材は珪質凝灰質頁岩である。[局部<b>磨製石斧</b>と台形石器の石器群] 主要な石器は局部<b>磨製石斧</b>2点と台形石器11点、スクレイパー3点、ヘラ形石器1点、石核5点である。局部<b>磨製石斧</b>
Thumnail
Subtitle : 2013年度広原遺跡群における考古・古環境調査
Volume :
Series :
Series Number : 2
Participation-organizations : 明治大学 - 長野県
Publisher : 明治大学黒耀石研究センター
Publish Date : 20140315
Submit Date : 2016-05-24
器石器群の基本的な石器組成である.そのうち二次加工剥片は,縄文石器と旧石器の分離が完了していないが,2b 層・3 層で出土頻度が減少すること,0 1m 石器土器礫年代測定用サンプル局部<b>磨製石斧</b>黒曜石集石1 黒曜石集石2 -31304.0
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 220
Author : 植松 暁彦
Participation-organizations : 埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 公益財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20150331
Submit Date : 2015-10-01
:橙色頁岩(C) 赤色:赤色鉄石英(D) ▲:ナイフ形石器▼:石刃◎:石核★:台形様石器・台形剥片◆:局部<b>磨製石斧</b>●:石器(剥片・砕片等)×:炭化物接合資料:実線折面接合等:破線谷末掘部Ⅲ遺跡の概観26
Thumnail
Subtitle : 第54回国民体育大会秋季主会場整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 2
Series Number : 178
Author : 池田 朋生
Participation-organizations : 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Publisher : 熊本県教育委員会
Publish Date : 19990331
Submit Date : 2015-12-07
査方法9第2節基本層序9第3節文化層12 第4節上層の一括資料19 第5節遺構20 石器集中域20 炭化物集中域20 土坑状遺構21 礫群22 炭化材23 第6節遺物24 台形様石器24 刃部<b>磨製石斧</b>
Thumnail
Subtitle : 長野県北佐久郡御代田町内遺跡平成12年度発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 31
Author : 堤 隆
Participation-organizations : 御代田町 - 長野県
Publisher : 御代田町教育委員会
Publish Date : 20010323
Submit Date : 2011-05-16
確認調査試掘立会調査所収遺跡名種別主な時代主な遺構主な遺物特記事項宮平遺跡中金井遺跡群集落址散布地縄文中期・後期中世竪穴住居址7軒検出されず深鉢・打製石斧<b>磨製石斧</b>検出されず御代田町の埋蔵文化財発掘調査報告書第1集御代田町教育委員会第2集御代田町教育委員会第3集御代田町教育委員会第4集御
Thumnail
Subtitle : 第4次調査の報告
Volume :
Series Number : 1058
Author : 米倉 秀紀
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2017-07-13
の両面を使用しているやや大型の砥石である。研磨による擦痕が認められる。ともに砂岩系の石材を使用している。93は玄武岩製<b>磨製石斧</b>で、最大幅7.7㎝、厚さ4.9㎝を測る。太形蛤刃石斧であろう。頭部の形態は扁平で、弥生時代中期の形態に近い。94は長
Thumnail
Subtitle : 第3次調査報告
Volume :
Series Number : 1059
Author : 今井 隆博
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20090331
Submit Date : 2017-07-13
けて遺物をとりあげている。遺物は3層のものが最も多い。出土遺物は夜臼式土器が中心で、板付式土器が少量共伴する。土器には煤が付着したものも見られる。その他に土製紡錘車、大洞系土器、<b>磨製石斧</b>、磨製石剣の切先、天河石(アマ
Thumnail
Subtitle : 東入部遺跡群第2次調査報告(2)
Volume :
Series Number : 652
Author : 濱石 哲也
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20000331
Submit Date : 2017-06-15
粒が多い。332は壷の鹿部。上げ底で、外面はヘラによる横ナデ。内面は黒色となる。323は<b>磨製石斧</b>の上面が剥げたものを再加工したものか。玄武岩製。324は古銅輝石安山岩剥片の側線を加工したスクレーパー。327・328
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 692
Author : 池田 祐司
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20010330
Submit Date : 2017-06-21
い突帯がめぐり赤色顔料を施す。130は晩期の浅鉢。131は粘板岩製の扁平片刃石斧、132は細粒砂岩製の<b>磨製石斧</b>、133は自然石を敲打具として使用する。134は砂岩の砥石で3面に使用が見られる。他に玄武岩片、小石、黒曜石砕片、剥片、鏃
Thumnail
Subtitle : 一般国道475号東海環状自動車道建設事業に伴う
Volume :
Series Number : 186-5
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20030300
Submit Date : 2017-07-28
縄文土器+片刃<b>磨製石斧</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 3
Participation-organizations : 長崎県埋蔵文化財センター - 長崎県
Publisher : 岐宿町教育委員会
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2015-12-09
した地理的な位置からも茶園遺跡下層の細石器石器群はその始源について新たな視点を提供するものとなりました。また上層では細石器石器群とともに石槍・局部<b>磨製石斧</b>が出土しております。それらの系譜も今後の研究課題であります。最後になりましたが,今回の調査にあたられました県教育委員会文化課,調査
Thumnail
Subtitle : 鴨子台遺跡・八幡台遺跡
Volume :
Series Number : 230
Participation-organizations : 県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19921101
Submit Date : 2013-02-25
で掲載した。なお、鴨子台遺跡刃部<b>磨製石斧</b>は2 / 3 で掲載した。5 . 石器実測区i に使用したスクリーン@トーンの凡例は以下のとおりである。接面被熱痕損傷部接合資料断面の隙間6 . 石器
Thumnail
Subtitle : 西土佐村西土佐地区圃場整備に伴う緊急発掘調査報告書
Volume : 1
Series Number : 4
Author : 木村 剛朗
Participation-organizations : 四万十市 - 高知県
Publisher : 高知県西土佐村教育委員会
Publish Date : 20000331
Submit Date : 2010-05-31
高知県西土佐村埋蔵文化財調査報告書第4集大宮・宮崎遺跡1 (続編)2000.3 高知県幡多郡西土佐村教育委員会巻頭図版局部<b>磨製石斧</b>(大宮・宮崎遺跡2地点出土)左側・表面、中央・側面、右側・裏面
Thumnail
Subtitle : 一般国道55号日和佐道路建設に伴う発掘調査報告
Volume :
Series Number : 69
Participation-organizations : 県教育委員会 - 徳島県
Publisher : 徳島県教育委員会・財団法人徳島県埋蔵文化財センター・国土交通省四国地方整備局
Publish Date : 20080331
Submit Date : 2011-06-18
歳山の多角底の底部の破片である。66は撥型、67・68は定角式の磨梨石斧である。69も<b>磨製石斧</b>であるが大きく破損している。70は扁平な自然礫を使用した砥石である。71〜79は硬質の砂岩の自然礫の縁辺部に敲打を加え、刃部

Refine my results

Tag
Participation-organizations
Report Type
Publish Year
Auther