Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
発行機関の方へ
21490 reports
( compared to the privious fiscal year + 337 reports )
( Participation 413 Orgs )

Simple Search

( metallurgy OR 冶金 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle : 鎌倉時代(13世紀)における蒙古襲来に対する石築地の第二次(昭和43年度)調査
Volume :
Series Number : 4
Author : 柳田 純孝
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19690331
Submit Date : 2016-07-17
国唯一の文化財である史跡元窺防塁の保存整備事業計画を策定し︑その保存活用を促すため︑国および県の補助を受け︑前年度にひきつづき総合的調査を行いました︒九州大学鏡山猛教授を団長とし︑九州大学文学部考古学︑国史学︑工学部建築学︑水工土木学︑<b>冶金</b>学︑理学
Thumnail
Subtitle : 鎌倉時代(13世紀)における蒙古襲来に対する石築地の第三次(昭和44年度)調査
Volume :
Series Number : 11
Author : 柳田 純考
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19701201
Submit Date : 2016-07-20
両地区の発掘調査を実施し︑このたび︑最終年次の西新地区の調査を行ないました︒九州大学鏡山猛教授を団長とし︑九州大学文学部考古学︑国史学︑工学部建築学︑水工土木学︑<b>冶金</b>学︑理学部地質学の各研究室をはじめ︑地元
Thumnail
Subtitle : 主要県道萩週報線単独道路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume :
Series Number : 12
Participation-organizations : 美祢市 - 山口県
Publisher : 美東町遺跡調査会
Publish Date : 20050325
Submit Date : 2009-11-24
調査)(1)調査区割・層位(2)遺構(3)遣物(土器類等)(4)遺物(<b>冶金</b>関係)2.B地区(平成11年度調査)(1)調査区割・層位(2)遺構(3)遺物(土器類等)(4)遺物(<b>冶金</b>関係)3.B地区(平成16年度
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2009
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20090710
Submit Date : 2015-07-21
次補足調査出土<b>冶金</b>関連遺物の再検討36 平城宮跡東院地区から出土した緡銭38 黒漆塗工具及び刀子の事前調査40 長徳寺木造薬師如来坐像の年輪年代調査42 遺構露出展示の今日的課題44 平成20 年度
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2010
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20100615
Submit Date : 2015-07-21
宮東方基幹排水路SD2700 出土<b>冶金</b>関連遺物の再検討………………………………………62 檜扇の製作に関わる新知見……………………………………………………………………………64 平城
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2011
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20110615
Submit Date : 2015-07-21
-…………………………………54 平城宮第33・70次調査出土<b>冶金</b>関連遺構・遺物の再検討……………………………………………56 平城宮出土隅木蓋再考……………………………………………………………………………………58 平城
Thumnail
Subtitle : 飛鳥藤原第119-5次発掘調査報告
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2016-11-17
鋳造遺構の型取り・…………………………………………………………………。20 Ⅲ出土遺物1 ガラス関連遺物・…………………………………………………………………………。21 2 <b>冶金</b>関連遺物・……………………………………………………………………………・21 3 鉄釜
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奥出雲町 - 島根県
Publisher : 仁多町教育委員会
Publish Date : 19890231
Submit Date : 2010-04-17
克安(島根大学理学部) 出土鉄滓等の<b>冶金</b>的検討清永欣吾(日立金属安来工場<b>冶金</b>研究所) 佐藤豊( 〃和鋼記念館) 本書は調査者が作製した。なお、古文書等からの検討は長瀬質が分担執筆した。実測
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育委員会
Publish Date : 19930300
Submit Date : 2010-06-25
は鍛冶炉用炉壁と推定される。14)資料No 4鉄釘は砂鉄を原料とした鉄素材が用いられたものと推定される。以上の調査は島根県教育委員会の依頼により,調査は日立金属株式会社<b>冶金</b>研究所で実施し, 日立
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 140
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所埋蔵文化財センター
Publish Date : 20100326
Submit Date : 2016-07-27
ンダと中国の間に注意深くかけられた橋をきわめて人間的で親密な方法で表現したものである。それは責任者であったAnne van Grevenstein 教授によって述べられた魅力的なプロジェクトに対する結論であった。中国における<b>冶金文化遣産の研究と保存に関するいくつ力ヽの考え梅建軍本論文では中国における冶金</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 65
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20170600
Submit Date : 2017-07-18
東西溝と長方形平面の土坑でした。真っ黒な土を掘ってみると、炭化物や坩堝・羽口・鉄滓・銅滓・炉壁片等、<b>冶金</b>に関連した遺物が非常に多く出土しました。いっぽう、遺構面自体が焼けて硬化している様子はありませんでした。おそらく、本調査区は近傍に所在した<b>冶金</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 安来市 - 島根県
Publisher : 安来市教育委員会
Publish Date : 19840300
Submit Date : 2010-06-25
、永見が行なった。3.本書の執筆・編集は永見があたり、骨蔵器蓋鉄椀の調査は清永欣吾(日立金属株式会社安来工場<b>冶金</b>研究所長)、敷石遺構の石材については中村邦明(松江市立第二中学校教諭)、そし
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奥出雲町 - 島根県
Publisher : 仁多町教育委員会(埋蔵文化財調査室)
Publish Date : 20010701
Submit Date : 2009-04-28
合せ鍛えの鍛着の痕跡であろうか。また柄・鍔・舶金具の装着方法も後世の日本刀とは異なることも注目される。鏃はすべて剣先状の長頸鏃である。これら鉄器のうち大刀及び鏃2 本について、比較的近隣で出上した大刀2口との比較において<b>冶金</b>、金属
Thumnail
Subtitle : 飯石地区農道離着陸場整備事業に伴う
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 雲南市 - 島根県
Publisher : 掛合町教育委員会
Publish Date : 19970300
Submit Date : 2013-05-08
測定北九州市東区松香台九州環境管理協会鉄淳、鉄塊系遺物の<b>冶金学的検討安来市日立金属株式会社冶金</b>研究所和銅博物館この分析結果の報告書中の資料番号のNo3、N04は2号炉でなくSK03よりの出土遺物であることを断っておく。2号炉
Thumnail
Subtitle : 県単独緊急防災事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 487
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20170328
Submit Date : 2017-06-30
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 2
Author : 原 俊二
Participation-organizations : 出雲市 - 島根県
Publisher : 平田市教育委員会
Publish Date : 19900300
Submit Date : 2009-11-13
教育課主事補)調査補助員原田敏照(島根大学学生)調査指導鳥谷芳雄(島根県教育庁文化課主事)4 人骨の鑑定は鳥取大学医学部井上晃孝助教授に、鉄棒の分析は日立金属株式会社安来工場<b>冶金</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 奥出雲町 - 島根県
Publisher : 横田町教育委員会
Publish Date : 19831225
Submit Date : 2011-06-22
輝夫) 3.本書は上記調査員が協議して編集した。執筆は調査員が分担して行った。担当者は各項の文末に記す。図面、図版の作製(実測、トレース、写真撮影など)は杉原と蓮岡が行った。4.鉄滓の化学分析については、日立金属昧度来工場<b>冶金</b>
Thumnail
Subtitle : 鍛冶屋奥谷川荒廃砂防工事予定地内埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 雲南市 - 島根県
Publisher : 大東町教育委員会
Publish Date : 19940300
Submit Date : 2013-05-08
の結果は江戸時代とみられる太鍛冶跡とされ、出土した銑津等は別途、和親博物館佐藤豊民に依靡して分所や<b>冶金</b>学的な検討を行った。また、木炭片から年代を測定するため、日本アイソトープ協会で放射性炭素による年代測定も行った。これ
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 杉原 清一
Participation-organizations : 出雲市 - 島根県
Publisher : 佐田町教育委員会
Publish Date : 19920300
Submit Date : 2009-11-24
の釜であったと想像される。採取資料の<b>冶金</b>学的検討結果もこれを裏付けるもので、技術的には朝日たたら、日ノ平たたら、久谷たたらの場合が比較されている。3.第2炉床第2炉床は第1炉床の山寄りに並行して在り、第1炉築