Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
20626 reports
( compared to the privious fiscal year + 1829 reports )
( Participation 381 Orgs )
2017年10月7日
東京有楽町にて
「デジタル技術で魅せる文化財
奈文研とICT」
開催

Tokyo itc

Simple Search

( haniwa OR 埴輪 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 10
Author : 澤出 晃越
Participation-organizations : 深谷市 - 埼玉県
Publisher : 深谷市教育委員会
Publish Date : 19850330
Submit Date : 2014-01-16
や壁の状況などから住居跡とは考え難い。出土した土師岱甕は6世紀中頃のものと考えられ、<b>埴輪</b>製作工人たちが使用したものと推定できる。第3 号溝状遺構は、第2 次発掘調査で検出された溝状遺構の続きである。昭和5 5 年度の第3 次発
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 5
Participation-organizations : 田原本町 - 奈良県
Publisher : 田原本町教育委員会
Publish Date : 20070330
Submit Date : 2013-01-21
The Site of Tawaramoto Vol.5 田原本の遺跡5 ∴守.■∴了!絢貌線画職級嘉嘩華華華華率毎窺∴」田原本町教育委員会古墳に立て飾られた様々な<b>埴輪</b>3世紀から6世紀
Thumnail
Subtitle : 四国横断自動車道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume : 25
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 県教育委員会 - 香川県
Publisher : 香川県教育委員会 | 財団法人香川県埋蔵文化財調査センター | 日本道路公団
Publish Date : 19961129
Submit Date : 2010-03-18
四国横断自動車道建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告第二十五冊中間西井坪遺跡I 1996,11 香川県教育委員会(財)香川県埋蔵文化財調査センター日本道路公団焼成土坑・谷3遺物出土状態巻頭図版2 上円筒<b>埴輪</b>
Thumnail
Subtitle : 発掘調査概報Ⅰ
Volume : 1
Series Number : 94
Author : 秋山 隆雄
Participation-organizations : 小山市 - 栃木県
Publisher : 小山市教育委員会
Publish Date : 20150226
Submit Date : 2017-07-23
の景観づくりがおこなわれております。これも地元の皆様のご理解、ご協力があってのことと存じます。市では、平成25 年から整備に伴う発掘調査事業を開始いたしました。発掘調査では、<b>埴輪</b>列や二重に廻る堀跡などが確認され、改め
Thumnail
Subtitle : 発掘調査概報Ⅱ
Volume : 2
Series Number : 100
Author : 秋山 隆雄
Participation-organizations : 小山市 - 栃木県
Publisher : 小山市教育委員会
Publish Date : 20160226
Submit Date : 2017-07-23
小山市文化財調査報告書第100 集国史跡発掘調査概報Ⅱ2016 栃木県小山市教育委員会題字大鹿まゆみ前方部<b>埴輪列後円部埴輪</b>列口絵序琵琶塚古墳の発掘調査事業も開始以来3 年の年月が経過しました。墳丘上に<b>埴輪</b>
Thumnail
Subtitle : 飯氏古墳群A-1号墳 墳丘確認調査
Volume :
Series Number : 833
Author : 藏冨士 寛
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2017-06-30
る前方後円墳であること。2)主体部は初期横穴式石室(北部九州型石室)であること。3)円筒<b>埴輪</b>や須恵器、鉄鉱等の出土遺物から、「5世紀後半代のより新しい時期」に位置づけることができること以上の成果を踏まえ、今回
Thumnail
Subtitle : 石のカラト古墳・音乗谷古墳の調査
Volume : 1
Series Number : 72
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2015-07-21
な上円下方墳というその墳丘形態についても近年ようやく類例が増加し、この方面からも調査成果の詳細な報告が要望されているところでした。本書はこれらに対して少なからぬ寄与を果たすものと確信しております。また、石のカラト古墳の次に扱いました音乗谷古墳は、出土した<b>埴輪</b>
Thumnail
Subtitle : 平成19年度 発掘調査概要報告書 / 国指定史跡「新田原古墳群」史跡整備にともなう発掘調査概要報告書(11)
Volume : 11
Series Number : 51
Author : 有馬 義人
Participation-organizations : 新富町 - 宮崎県
Publisher : 宮崎県児湯郡新富町教育委員会
Publish Date : 20080300
Submit Date : 2012-06-21
ジ…………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………………… 図1一ツ瀬川流域の古墳と古墳群2ページ図2祇園原古墳群の古墳分布3ページ図3百足塚古墳の復元模式図6ページ図4新田原59号墳の調査区10ページ図559号墳の各調査区と円筒<b>埴輪</b>15ペー
Thumnail
Subtitle : 平成20年度 発掘調査概要報告書
Volume : 12
Series Number : 54
Author : 有馬 義人
Participation-organizations : 新富町 - 宮崎県
Publisher : 宮崎県児湯郡新富町教育委員会
Publish Date : 20090300
Submit Date : 2012-06-21
されている。その後、同形の前方後円墳は継続しないが、5世紀中頃になって大久保塚古墳が造られる。表採される<b>埴輪</b>や墳形は、先述のように西都原古墳群の女狭穂塚古墳や茶臼原古墳群の児屋根塚古墳に類似するため、近接
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Author : 宮崎 哲治
Participation-organizations : 県教育委員会 - 香川県
Publisher : 香川県教育委員会/国土交通省四国地方整備局
Publish Date : 20100910
Submit Date : 2011-09-17
路改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告別宮北遺跡・別宮北古墳群2010。9 香川県教育委員会国土交通省四国地方整備局別宮北古墳群1・2号墳(西から) 別宮北古墳群3∼5号墳(東から) 巻頭図版2 別宮北古墳群2号墳出土馬形<b>埴輪</b>頭部別宮北遺跡。別宮

Refine my results

Tag
Participation-organizations
Report Type
Publish Year
Auther