Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
20753 reports
( compared to the privious fiscal year + 1967 reports )
( Participation 385 Orgs )

Simple Search

( "grain impression" OR 籾圧痕 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle : 秋田県男鹿市における縄文・弥生・平安時代遺跡の調査
Volume :
Series Number : 110
Author : 児玉 準
Participation-organizations : 県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19840331
Submit Date : 2013-02-06
圧痕が付着ないし封入されており、胎ニ仁内に内包されているものを加えるならば¥<b>籾圧痕</b>の数は優に2桁を越えるであろう。これが人為的に付着ないしは胎土内に封入させたものであるならば、こう
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 208
Author : 小畑 弘己
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19890331
Submit Date : 2016-09-15
君休遺跡3次調査の井堰と古墳時代水田写真5 1区中世水田の調査(七月)写真6 Ⅱ区中世水田の調査(八月)写真7 第3号井堰の調査(九月)写真8 第3号井堰の解体(十一月)写真9 壷形土器(106)内面の<b>籾圧痕</b>
Thumnail
Subtitle : 筑後市大字常用所在遺跡の調査
Volume : 6
Series Number : 50
Author : 永見 秀徳
Participation-organizations : 筑後市 - 福岡県
Publisher : 筑後市教育委員会
Publish Date : 20030331
Submit Date : 2013-05-14
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 板付遺跡 第68次調査
Volume :
Series Number : 718
Author : 藏冨士 寛
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20020329
Submit Date : 2017-06-22
諸岡川に挟まれた台地上に営まれる(図2)。1951年から4年間に渡って行なわれた、日本考古学協会による調査は、周囲を取り巻く環濠の存在、刻目突帯文と板付Ⅰ式土器の共伴するという事実、炭化米や<b>籾圧痕</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 161
Participation-organizations : 松本市 - 長野県
Publisher : 松本市教育委員会
Publish Date : 20020329
Submit Date : 2011-05-16
土土師器杯(13.0) 外ハケメ内工具ナデロ縁ヨヨナデ溝1-1 溝1フク土山茶碗椀(7.6) ロクロナデ付高台口縁ヘラケズリ高台に<b>籾圧痕</b>有歪有溝1-2 溝1フク土白磁皿(11.6) 一部ロクロナデロ縁ヨヨナデ溝1
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 33
Author : 田中 早苗
Participation-organizations : 阪南市 - 大阪府
Publisher : 阪南市教育委員会生涯学習部生涯学習推進課
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2011-07-20
指オサエ後ナデ内面ヘラ削り密(砂粒含む) 良好外内断淡橙褐色黄褐色低部に<b>籾圧痕</b>土坑5 弥生長頸壺器高6.0 器厚0。8 面面外内ヘラミガキ密(砂粒含む) 良好外橙褐色内〃断黄橙褐色線刻ピッ波佐見碗口径10.0 器高2.2 外面
Thumnail
Subtitle : 平成8年度公共事業
Volume :
Series Number : 37
Participation-organizations : 八尾市 - 大阪府
Publisher : 八尾市教育委員会
Publish Date : 19970331
Submit Date : 2013-05-31
系甕底部底径4cm 外面)タタキ・内面)ナデ灰白色密良好底部1/4のみ残存包含層V様式系奏底部底径4.4cm 外面)タタキ・内面)ナデ灰黄褐色密良好‐4 包含層V様式系奏底部底径4.2cm 外面)タタキ・内面)ナデにぶい黄橙色密良好底部<b>籾圧痕</b>
Thumnail
Subtitle : 平成6年度 榎垣外遺跡ほか発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 岡谷市 - 長野県
Publisher : 岡谷市教育委員会
Publish Date : 19960301
Submit Date : 2011-05-16
)、更に刺突の加えられたもの(第22図)とに分けた。今回発見された土器片の中には<b>籾圧痕</b>の南るものが多く・また土器胎土の中に含まれた物が炭化Lて残ったと思われるものなどが発見された。石器(第17∼18図
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 184
Participation-organizations : 埋蔵文化財センター - 山形県
Publisher : 財団法人山形県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20100331
Submit Date : 2013-02-12
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :  
Volume :
Series Number : 49
Participation-organizations : 小矢部市 - 富山県
Publisher : 小矢部市教育委員会
Publish Date : 20010330
Submit Date : 2012-03-13
ら奈良時代、Ⅵ層から弥生時代終末期の上器が出土した。-12- 3後谷条里遺跡3 まとめ調査で確認できた遺構は、川跡のみである。これに伴う遺物は弥生時代終末期のものである。図16-2の甕は口縁部内面に土器製作の過程でついた<b>籾圧痕</b>