Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
発行機関の方へ
21710 reports
( compared to the privious fiscal year + 558 reports )
( Participation 417 Orgs )

Simple Search

( dendrochronology OR 年輪年代学 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume : 1984
Series : 年報
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19841225
Submit Date : 2015-09-09
資料館の特別展示······························································································49 <b>年輪年代学</b>(4
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 48
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19900831
Submit Date : 2016-07-07
から木材の伐採年代を知る方法を編みだしたのが年輪年代法<b>dendrochronology</b>である。この方法によって年輪の年代が判明ナると、それぞれの年の年輪の特性を分析し、その年輪が形成された年の気象条件を推定する研究を進めることも可能になる。それ
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2017
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20170714
Submit Date : 2017-08-02
学研究室では、年輪年代法による考古学・建築史学・美術史学・歴史学への応用的研究を進めています。現在は特にマイクロフォーカスX線CTや、デジタル画像技術を用いた、非破壊年輪年代測定法を開発しています。また、<b>年輪年代学</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2012
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20120711
Submit Date : 2016-07-12
、2011年3月にいたるまで、都城発掘調査部平城地区が担当した発掘調査は平城京内外で合わせて1000次(回)を超えます。発掘調査に際しては、考古学、文献史学、建築史学、庭園史学それに保存修復科学や<b>年輪年代学</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2016
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20160729
Submit Date : 2016-08-04
Institute 年代学研究室:<b>年輪年代学</b>用大型木材標本の収蔵状況<b>Dendrochronological</b> Dating Section : The extent of the stored large wood
Thumnail
Subtitle : 昭和59年度発掘調査概報
Volume :
Series Number : 74
Participation-organizations : 仙台市 - 宮城県
Publisher : 仙台市教育委員会
Publish Date : 19850300
Submit Date : 2013-12-17
……………………………………………………………………・84 調査成果の普及と関連活動…………………………………………………………………………94 VⅥⅦⅧⅨXⅥ付章柵木材による<b>年輪年代学</b>の研究………奈良国立文化財研究所光谷拓実……Ⅲ………。96 写真
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2004
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20040625
Submit Date : 2016-07-12
境研究室では、古環境の復原的研究、<b>年輪年代学</b>による考古学的研究をおこなっています。保存修復科学研究室では、遺物や遺跡の分析的研究、保存修復に関する自然科学的研究をおこなっています。保存修復工学研究室では、遺跡
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 61
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20160600
Submit Date : 2016-07-22
研の活動を広く海外に発信することともなり、今後の進展が期待されます。 (都城発掘調査部長玉田芳英)ノリッチ大聖堂と研究所(研究所HPより)協定に調印した水鳥所長と松村所長–7 –奈文研ニュースNo.61 シンポジウムパネルディスカッションの様子大型木材標本の収蔵状況<b>年輪年代学</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 42
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20110900
Submit Date : 2016-07-22
科学コーナー」がオープンしました。このコーナーでは、奈良文化財研究所埋蔵文化財センターでおこなっている文化財の科学的な研究、最新の技術について紹介しています。会場は、「保存科学」「環境考古学」「<b>年輪年代学</b>」「測量
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 7
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20021200
Submit Date : 2016-07-20
建築の解体修理が一段落したこともあり、古代建築研究は停滞気味であると考えられるようになっていましたが、近年、阪神淡路大震災を契機とする構造力学的解析の重視、<b>年輪年代学</b>による木材伐採年の特定などの科学的手法の導入、史跡
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 19
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20051200
Submit Date : 2016-07-21
て遺跡出土の木材試料窓際では、研究員のジム・パークスがスケルトンプロッティングによる年輪年代測定作業中<b>年輪年代学</b>の発祥地アリゾナアメリカ合衆国のアリゾナ州ツーソンにあるアリゾナ大学年輪研究所(the Laboratory of
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 26
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20070900
Submit Date : 2016-07-21
までの同定結果をみるとその大半はヒノキが占め、あとはコウヤマキといったぐあいです。樹齢は、200〜300年あまりのものが多く見受けられます。これらの柱根は、年代学研究室が1980年から長年にわたって推進してきた<b>年輪年代学</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 28
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20080300
Submit Date : 2016-07-21
後の人生を大きくかえる出来事があった。当時の所長、坪井清足先生から、突然「オイ。光谷、デンドロをやらないか。」と言われたのに始まる。これは、<b>年輪年代学</b>の研究をやるようにという、御達しであった。1980年4月か
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 62
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20160900
Submit Date : 2016-11-18
を尖らせた板状の木製品で、主に祭祀に用いられたと考えられています。今回出土した斎串は、同じ形式に分類されるものが多く、それらの木目が非常によく似ていたことから「同じ材から作られたかどうか」を調べるために、斎串や一緒に出土した割材を<b>年輪年代学</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 15
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20041200
Submit Date : 2016-07-21
なレイアウトなどについても多くの実例をもとに講師と意見交換をしながら体得しました。瓦の拓本をとる実習もおこないました。日本の歴史、日本考古学についての概説はもちろん、環境考古学では土壌や骨の分析を、年代測定では<b>年輪年代学</b>についても学んでいます。今回の研修では、時間
Thumnail
Subtitle : 森吉山ダム建設事業に係る埋蔵文化財発掘調査報告書22
Volume :
Series Number : 453
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 20100331
Submit Date : 2013-02-06
膜構造調査:株式会社吉田生物研究所木製品樹種同定、骨同定:パレオ・ラボ5放射性炭素年代測定と植物遺体群分析については東京大学大学院辻誠一郎教授から、<b>年輪年代学</b>調査については東北大学植物園大山幹成助教、日本
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2015
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20150821
Submit Date : 2016-07-12
natural disasters is also being carried out from <b>dendrochronological</b> measurements of buried tree trunks
Thumnail
Subtitle :
Volume : 1986
Series : 年報
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19870225
Submit Date : 2015-09-09
文化財の経年変化······························································································45 <b>年輪年代学</b>(6
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2011
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20110825
Submit Date : 2016-07-12
)を超えます。発掘調査に際しては、考古学、文献史学、建築史学、庭園史学それに保存修復科学や<b>年輪年代学</b>、環境考古学等の考古科学等、当研究所の擁する様々な分
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2010
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人国立文化財機構奈良文化財研究所
Publish Date : 20100900
Submit Date : 2016-07-12
技法の復元的研究もおこなっています。年代学研究室では、<b>年輪年代学</b>による考古学・建築史学・美術史・歴史学への応用的研究を進めています。現在は特にマイクロフォーカスX線CTや、デジタル画像技術を用いた、非破