Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
20852 reports
( compared to the privious fiscal year + 2066 reports )
( Participation 387 Orgs )

Simple Search

Tag掘立柱建物

( "comma-shaped beads" OR 曲玉 OR 勾玉 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle : 市道改良工事に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 笠間市 - 茨城県
Publisher : 笠間市教育委員会
Publish Date : 20110615
Submit Date : 2016-03-28
一FIIIII茨城県笠間市宍戸城跡―道改良工事に伴う発掘調査報告書―2011 笠間市教育委員会有限会社<b>勾玉</b>工房Mogi 茨城県笠間市宍戸城跡―道改良工事に伴う発掘調査報告書一2011 笠間市教育委員会有限会社<b>勾玉</b>
Thumnail
Subtitle : 発掘調査概報II
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 奥井 哲秀
Participation-organizations : 茨木市 - 大阪府
Publisher : 東奈良遺跡調査会
Publish Date : 19810228
Submit Date : 2010-07-11
墓群を検出。特に大溝出上の上器は多量であり、弥生時代後期から古墳時代前期への過渡期の貴重な資料となった。またG‑8地区では、全国的に注目を受けた銅鐸・銅支。<b>勾玉</b>の然絶と輪口。叩き板等の貫重な遺物とともに、弥生
Thumnail
Subtitle : 畑地帯総合整備事業(小原地区)に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 笠間市 - 茨城県
Publisher : 笠間市教育委員会
Publish Date : 20100315
Submit Date : 2016-01-29
茨城県笠間市長跡―畑地帯総合整備事業(小原地区) に伴う埋蔵文化財発掘1調査報告書一2010 笠間市教育委員会有限会社<b>勾玉</b>工房Mogi 序笠間市は,茨城県のほぼ中央に位置し,北西
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 73
Author : 江川 幸子
Participation-organizations : 松江市 - 島根県
Publisher : 松江市教育委員会/松江市教育文化振興事業団
Publish Date : 19960300
Submit Date : 2009-04-28
の検出状況から考えてさらに西方へ広がっていたものと考えられる。実際、約20年近く前に市道建設工事に伴う発掘調査が実施されたときに、大量の上師器や滑石製<b>勾玉</b>、焼土墳が検出されたときいている①。周辺を見渡してみると、各時代の遺跡が散在しているが、古墳
Thumnail
Subtitle : 西宮待機宿舎新築工事に伴う発掘調査報告書
Volume : 2
Series Number : 182
Author : 柏原 正民
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 19990330
Submit Date : 2016-12-22
図版3 上:SH14 写真図版4 上・中・下:SDO9 写真図版5 上:SXOl 中:SHO3・10 下:SHO5 中:子持<b>勾玉</b>出土状況下:SH12 中:SH15 下:作業風景中・下:SXO2 写真図版6
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 836
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2017-07-01
に掲載した挿図の製図は林由紀子、今井が行った。5.本書に掲載した遺構、遺物写真の撮影は中村が行った。6.本調査に関わる記録、遺物等は福岡市埋蔵文化財センターに収蔵保管される予定である。7・付編として福岡市埋蔵文化財センターの比佐陽一郎氏による本調査出土の<b>勾玉</b>
Thumnail
Subtitle : 蒲田部木原遺跡群第10次調査報告
Volume :
Series Number : 976
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20080331
Submit Date : 2017-07-08
〜60は弥生土器の甕である。56はく字状の口縁を成し、短部を僅かに跳ね上げる。57〜60は逆L字状の口縁で59は突帯を巡らす。62は壷の底部。63は高杯の脚部。64は滑石製品を再利用した<b>勾玉</b>である。−14
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 95
Author : 瀬古 諒子
Participation-organizations : 松江市 - 島根県
Publisher : 松江市教育委員会/松江市教育文化振興事業団
Publish Date : 20040309
Submit Date : 2009-04-28
不明の遺構と遺物・………………………………………………………………………………55 5。地滑り地形について。…………………………………………………………………………………57 第4章自然化学分析I.石田古墳出土<b>勾玉</b>、管玉
Thumnail
Subtitle : オリオン機械(株)倉庫建設に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 佐藤 信之
Participation-organizations : 千曲市 - 長野県
Publisher : 更埴市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2011-05-16
で口縁部は、くの字状に外反しており、25は長胴化の傾向を示している。26は有段口縁の壺、27は対状の壺である。小型丸底土器の存在は認められない。玉類には<b>勾玉</b>、管玉、自玉が各1̀点あり、いずれも滑石製である。蟄2 吻
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 8
Participation-organizations : 県教育庁 - 島根県
Publisher : 島根県教育庁埋蔵文化財調査センター
Publish Date : 20070330
Submit Date : 2009-04-28
に掲載した遺跡は、嶋根郡家比定地の一つである芝原遺跡の南面に展開しています。東前田遺跡においては奈良時代の土器溜りと多嘴瓶、大谷口遺跡では古代の木簡、中嶺遺跡では7世紀代から8世紀代にかけての集落と子持<b>勾玉</b>
Thumnail
Subtitle : 筋違C・D・E・F・G・H・I・川附
Volume :
Series Number : 52
Participation-organizations : 松山市 - 愛媛県
Publisher : 松山市教育委員会/財団法人松山市生涯学習振興財団埋蔵文化財センター
Publish Date : 19960328
Submit Date : 2011-11-21
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume : 3
Series Number : 52
Participation-organizations : 四條畷市 - 大阪府
Publisher : 四條畷市教育委員会
Publish Date : 20160331
Submit Date : 2017-12-06
)2.1地区溝1遺物出土状況(南東から)写真図版71.1地区溝1・2合流部遺物出土状況(南西から)2.2地区遺構完掘全景(南東から)写真図版81.2地区子持<b>勾玉</b>出土状況(西から)2.3地区遺構完掘全景(南東
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 野々市市 - 石川県
Publisher : 野々市町教育委員会
Publish Date : 19960329
Submit Date : 2014-05-09
面直上から出土した。この他緑色凝灰岩の原石や玉の未製品、翡翠の<b>勾玉</b>などが発見されている。S D25と29は竪穴をはさんだ両側にそれぞれ掘られ、同一方向、規模・深さ
Thumnail
Subtitle : 井尻B遺跡第17次調査(B区)の報告
Volume :
Series Number : 834
Author : 屋山 洋
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2017-06-30
(1 3・ガラス<b>勾玉</b>鋳型1 1)………28Fig. 29SC 4086実測図(1 50)…………………29Fig. 30SC 4188実測図(1 50)…………………30Title:井尻B遺跡13/表紙
Thumnail
Subtitle : 有田遺跡群第178次調査報告
Volume :
Series Number : 512
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19970331
Submit Date : 2016-11-16
に従いつつ互いに共有しあう周溝墓周溝を完掘したため,調査区に降った雨の多くが周溝SD−440に集まって流れ,溝底が浸食され,溝が深く長くなってしまうという現象も起こった。7月26日には木棺墓SR−121の棺内で<b>勾玉</b>が検出され,27日には<b>勾玉</b>,小玉,28
Thumnail
Subtitle : 第4次調査
Volume :
Series Number : 412
Author : 山口 譲二
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2016-10-20
形甕の胴下半部の破片で、2条のコの字状貼り付け凸帯を巡らしている。0025は口縁端を丸く仕上げた鉢(あるいは高塀)の小片で、口径29.6cm。1008は糸魚川産出と考えられる素翠製<b>勾玉</b>で、穿孔は表裏から行なわれている。長さ2
Thumnail
Subtitle : 比恵遺跡群第45次発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 402
Author : 佐藤 一郎
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2016-10-19
、73はSKO8、74はPit78、75はPitll からの出土である。63は滑石製<b>勾玉</b>、64−67・74は滑石製臼玉、68・75はガラス製小玉、69はガラス製丸玉、70は碧玉製管玉、72.73は土
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 25
Participation-organizations : 熊谷市 - 埼玉県
Publisher : 埼玉県熊谷市教育委員会
Publish Date : 20170324
Submit Date : 2017-07-31
殿神社裏のかつて湧水があった箇所には西別府祭祀遺跡が所在し、古墳時代後期から平安時代までの土師器・須恵器と共に古墳時代後期の馬形・櫛型・<b>勾玉</b>形・有孔円板形・有線円板形・剣形等の滑石製模造品が約297 点発見されており、県内
Thumnail
Subtitle : 栗林地区築堤建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 中島 庄一
Participation-organizations : 中野市 - 長野県
Publisher : 中野市教育委員会
Publish Date : 20010331
Submit Date : 2011-05-16
、縄文時代早期の土器・石器約160点、弥生時代の竪穴住居跡5軒、棚列1、溝、土器の他鉄鏃、ヤリガンナ、紡錘車、土製<b>勾玉</b>、管玉、奈良・平安時代の須恵器片等を検出した。また平成5(1993)年には、上信
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Author : 山元 素子
Participation-organizations : 県教育委員会 - 香川県
Publisher : 香川県教育委員会/香川県埋蔵文化財調査センター/土地開発公社
Publish Date : 20031031
Submit Date : 2011-09-17
は破片が小さく摩減の進んだものであった。なおSDk06に重複するSDk12から碧玉製の<b>勾玉</b>が出土したが、もともとはSDk06に由来するものと考えられる。98。102以外はSDk12と重複する部分の最下部から出土した。95〜97は壺。95は口

Refine my results

Tag
Participation-organizations
Report Type
Publish Year
Auther