Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
20852 reports
( compared to the privious fiscal year + 2066 reports )
( Participation 387 Orgs )

Simple Search

Participation-organizations福岡県

( "comma-shaped beads" OR 曲玉 OR 勾玉 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 836
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2017-07-01
に掲載した挿図の製図は林由紀子、今井が行った。5.本書に掲載した遺構、遺物写真の撮影は中村が行った。6.本調査に関わる記録、遺物等は福岡市埋蔵文化財センターに収蔵保管される予定である。7・付編として福岡市埋蔵文化財センターの比佐陽一郎氏による本調査出土の<b>勾玉</b>
Thumnail
Subtitle : 蒲田部木原遺跡群第10次調査報告
Volume :
Series Number : 976
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20080331
Submit Date : 2017-07-08
〜60は弥生土器の甕である。56はく字状の口縁を成し、短部を僅かに跳ね上げる。57〜60は逆L字状の口縁で59は突帯を巡らす。62は壷の底部。63は高杯の脚部。64は滑石製品を再利用した<b>勾玉</b>である。−14
Thumnail
Subtitle : 影ヶ浦古墳群第2次調査報告
Volume :
Series Number : 241
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19910315
Submit Date : 2016-09-21
る。茎部に木柄が鋳着する。滑石製品17は石室右裾部付近の表土から出土した。滑石製紡錘車である。径6、0cmを測る。18は墳丘南西裾付近から出土した<b>勾玉</b>である。全長4、4cmを測る。土器20は周溝北東部、24
Thumnail
Subtitle : 弥生時代住居址と前方後円墳の調査
Volume :
Series Number : 45
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19780331
Submit Date : 2016-08-04
の遺物の配置は玄室主軸の左右の群に大別される。東側の一群は奥壁に近く<b>勾玉</b>1,碧玉製丸玉1,ガラス製丸玉45,ガラス製小玉29,石製小玉1の計77個(完形で取り上げたもの)の玉類が散布し,一部はつないだ状態であった。玉の散布の東によって耳環1,西に
Thumnail
Subtitle : 昭和59・60年度の重要遺跡確認調査及び緊急調査概報
Volume :
Series Number : 141
Author : 井澤 洋一
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19860331
Submit Date : 2016-09-07
では古墳にかかわる遺物について述べる。1.玉類棺内の首から胸にかけて出土したものである。玉は4点出土しており,硬玉製の<b>勾玉</b>1点,碧玉製の管玉2点,ガラス製小玉1点である。<b>勾玉</b>の長さは約1.9cm,厚さ0・67cmを測る。2.鏡一
Thumnail
Subtitle : 集落址編
Volume :
Series Number : 207
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19890325
Submit Date : 2016-09-15
−09出土土器実測図(1/4)SC−09出土<b>勾玉</b>実−測図(2/3)SC−10実測図(1/60)SC−10出土土器実測図(1)(1/4)SC−10出土土器実測図(2)(1/4)SC−10出土石器実測図(1
Thumnail
Subtitle : 東油山古墳E群第1次調査
Volume :
Series Number : 823
Author : 荒牧 宏行
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2017-06-30
内には多くの副葬品が残り、特に金を張った耳環や銀製、ガラス製の玉、瑪瑙製の<b>勾玉</b>など装身具も多く出土し、また葬られた遺体の数や配置も推測できる貴重な発見となりました。本書はこうした調査成果を収めたもので、やむなく、多様
Thumnail
Subtitle : 藤崎遺跡32次調査報告
Volume :
Series Number : 824
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2017-06-30
中型前期覆口?甕壺骨小片、<b>勾玉</b>ロ縁打ち欠きヲ39 1 区甕棺N 11 54 。−W 19 56、57、58 3 4−15 0 大型立岩接言甕甕歯片少量44 1 区甕棺N −7 0 。1W 2 0 78
Thumnail
Subtitle : 井尻B遺跡第17次調査(B区)の報告
Volume :
Series Number : 834
Author : 屋山 洋
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2017-06-30
(1 3・ガラス<b>勾玉</b>鋳型1 1)………28Fig. 29SC 4086実測図(1 50)…………………29Fig. 30SC 4188実測図(1 50)…………………30Title:井尻B遺跡13/表紙
Thumnail
Subtitle : B-5号墳の調査
Volume :
Series Number : 697
Author : 米倉 秀紀
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20011227
Submit Date : 2017-06-22
た閉塞石の下の仕切石すぐ近くから、鉄鉱3点とガラス<b>勾玉</b>1点が出土した。すべて床面上からの出土であるO 鉄鉱は比較的原位置に近いと考えられる。(4)閉塞(図8)石室の閉塞は羨道部で行っている。仕切石から約40cm地点から1・4m地点
Thumnail
Subtitle : 有田遺跡群第178次調査報告
Volume :
Series Number : 512
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19970331
Submit Date : 2016-11-16
に従いつつ互いに共有しあう周溝墓周溝を完掘したため,調査区に降った雨の多くが周溝SD−440に集まって流れ,溝底が浸食され,溝が深く長くなってしまうという現象も起こった。7月26日には木棺墓SR−121の棺内で<b>勾玉</b>が検出され,27日には<b>勾玉</b>,小玉,28
Thumnail
Subtitle : 第4次調査
Volume :
Series Number : 412
Author : 山口 譲二
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2016-10-20
形甕の胴下半部の破片で、2条のコの字状貼り付け凸帯を巡らしている。0025は口縁端を丸く仕上げた鉢(あるいは高塀)の小片で、口径29.6cm。1008は糸魚川産出と考えられる素翠製<b>勾玉</b>で、穿孔は表裏から行なわれている。長さ2
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 420
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2016-10-21
には粘土枕、肩部にも粘土が置かれている。棺の内法は、頭部で45cm、足部で35cm、全長142cmをはかる。頚位を南におき、棺の内面および蓋石の内面に赤色顔料を塗彩する。被葬者は女性で<b>勾玉</b>
Thumnail
Subtitle : 比恵遺跡群第45次発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 402
Author : 佐藤 一郎
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2016-10-19
、73はSKO8、74はPit78、75はPitll からの出土である。63は滑石製<b>勾玉</b>、64−67・74は滑石製臼玉、68・75はガラス製小玉、69はガラス製丸玉、70は碧玉製管玉、72.73は土
Thumnail
Subtitle : 都市高速道路5号線建設に伴う埋蔵文化財調査報告
Volume :
Series Number : 702
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20020305
Submit Date : 2017-06-22
ころ生産が始まった須恵器が多量に出土しました。それとともに当時の祭祀具であった子持<b>勾玉</b>が5点出土し、当時の人々の精神生活を示す貴重な発見となりました。本書が市民の皆様の埋蔵文化財に対するご理解を深める一助となりますとともに、学術
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 26
Author : 山崎 純男
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19740330
Submit Date : 2016-07-26
な開発によりその大部分は破壊され、奴国における社会研究の進展はあまりみられない。奴国における主たる生産活動は平野部微高地に位置する板付、比恵遺跡にみられる農業生産が認められるが、一部、青銅器生産、ガラス<b>勾玉</b>生産の存在は注−3 −南.事第
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 348
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19930310
Submit Date : 2016-10-08
内部には住居址は検出されず、掘立柱建物が3棟検出された。古墳時代には石棺墓が6基と100軒を超す住居址が検出された。石棺墓には獣帯鏡や内行花紋鏡、<b>勾玉</b>、管玉等が副葬されていた。昭和61年度
Thumnail
Subtitle : 第2次調査
Volume :
Series Number : 349
Author : 山崎 龍雄
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2016-10-11
時代前期の旧河川や集落跡及び古墳時代中期の祭祀遺構などが発見され、前期の旧河川跡からは、最古の家形土製品を始め、木製脚付杯・炭化米など、また、古墳時代の祭祀遺構では市内で数例しか出土例がない子持<b>勾玉</b>が出土するなど、各時代で貴重な遺物の発見がありました。発掘
Thumnail
Subtitle : 博多遺跡群第37次調査報告
Volume :
Series Number : 244
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19910315
Submit Date : 2016-09-23
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 5
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19690331
Submit Date : 2016-07-18
がごく一部分に終っていることがわかった。中央部に鏡鑑1両、滑石製小<b>勾玉</b>群がありそのや、南に硬玉製<b>勾玉</b>と碧玉製管玉の群があって、・被葬者の身辺につけられた状態をしめしている。南西隅には刀.剣.金族・蕨手刀子などが、側壁沿いにまとめてあり、また