Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
発行機関の方へ
21343 reports
( compared to the privious fiscal year + 189 reports )
( Participation 403 Orgs )

Simple Search

( "brush-mark finishing" OR 刷毛目 OR ハケメ OR はけめ OR ハケ目 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number :
Author : 福田 正人
Participation-organizations : 大月市 - 山梨県
Publisher : 大月市教育委員会
Publish Date : 20010630
Submit Date : 2014-03-01
は全面ヘラ削りされている。口縁部は玉縁仕上t元4は体著レト面に縦<b>はけめ</b>、内面は横なで仕上t元口縁は厚口縁。5は体きレト面に縦ハケロ、口縁は薄口縁。̲L33860m 1窺第15図Iロー1(2) HT‑2(第17〜21図, 遺跡
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 10
Participation-organizations : 岡山市 - 岡山県
Publisher : 御津町教育委員会
Publish Date : 20020331
Submit Date : 2009-06-03
mm以下砂粒極少暗肌灰淡灰褐2 9 高杯よこなで<b>はけめ</b>なで0.5〜1 mm砂粒少灰肌自肌灰3 0 高杯不明無調整不明0.5−2 mm細礫灰橙淡灰橙3 1 高杯へらみがき無調整なで0.5 mm以下
Thumnail
Subtitle : 第4次調査報告
Volume :
Series Number : 1148
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20120316
Submit Date : 2017-07-21
は良好堅緻で色調は淡赤橙色を呈し、外面には凹線状の強いヨコナデがみられる。9 世紀後半であろう。17 は断面方形の高台が付く。8 世紀後半と考える。23 は平瓦片で、胎土は粗砂を少なく含み、色調は灰色~暗灰色を呈す。凹面はヘラナデ、凸面には<b>ハケメ</b>
Thumnail
Subtitle : 金武地区農村振興総合整備統合補助事業関係調査報告2
Volume :
Series Number : 866
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2017-07-04
には鎬連弁文と考えられるヘラ書きが見られる。2 、3 は土鍋で内面に横方向の<b>刷毛目</b>、外面はなで調整で<b>刷毛目</b>を消―26 ―49.25m 49.0m 48.75m 008 009 011 001 -a -b -c 121 010 004 003
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 44
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会
Publish Date : 19810331
Submit Date : 2017-06-19
も直線的となるものが多く、鎌倉時代でも後半のものが主流を占める。土師器はほとんどが甕の体部であり、外面に<b>ハケ目</b>を施しているが、年代を細分できる資料は得られなかった。SX2出士の土師器皿は、薄手の均ーな土器で、口径1 2 . 7
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 63
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会
Publish Date : 19840331
Submit Date : 2017-06-19
はなだらかに内面はやや角をなして斜め外方にまっすぐ伸び、端部は丸くおさまる。内底部は、外方向への細い<b>ハケ目</b>、体部内面は、左上方への細い<b>ハケ目</b>が施され、口縁部内外面ともヨコナデ調整される。体部外面は器壁が弱く調整不明。炎を
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 133-2
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19960329
Submit Date : 2017-07-11
の遺物(1~3) が、いずれも周溝内より出土した。壺( 1 ・2 ) やや短頸で、大きく外反する口頸部を持つ。広口壺である。口縁端部に明瞭な拡張する面を持ち、( 2 ) には櫛歯刺突列を施す。体部の内外面は<b>ハケ目</b>
Thumnail
Subtitle : 国道3号線改良工事に伴う吉塚第1次地点遺跡の調査
Volume :
Series Number : 202
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 19890315
Submit Date : 2016-09-15
及び口縁部内面は回転を利用したとみえる撫で調整が行なわれている。体部内面<b>刷毛目</b>調整日調整後、撫で調整を行なってい−74−\」/一」(」\1 1 る。肩部に連続する印花文が施される。胎土はやや砂みがあり、ガラス棟の粒子が観察される。焼成は堅緻で、器表
Thumnail
Subtitle : 一般国道208号玉名バイパス改築事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 2
Series Number : 218
Author : 坂田 和弘
Participation-organizations : 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Publisher : 熊本県教育委員会
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2015-12-24
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 九州新幹線建設工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告(2分冊)
Volume : 1
Series Number : 278
Participation-organizations : 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Publisher : 熊本県教育委員会
Publish Date : 20130331
Submit Date : 2015-12-24
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 山梨県中央自動車道埋蔵文化財包蔵地発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 24
Participation-organizations : 山梨県埋蔵文化財センター - 山梨県
Publisher : 山梨県教育委員会/日本道路公団
Publish Date : 19870331
Submit Date : 2013-04-23
に区別はできないが、供膳形態の組成を担う器種であろう。3 •4 は高杯であろうか。甕は箆磨き整形と<b>刷毛目</b>整形の2 種が見られるが、共伴するものである。- 7 - 1 1 号住居址(第1 2図)S T A 521 +70 S
Thumnail
Subtitle : 太田第2土地区画整理事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告 
Volume : 第7冊
Series Number : 第69集
Participation-organizations : 高松市 - 香川県
Publisher :
Publish Date : 20040331
Submit Date : 2017-06-13
,2247〜2250は口縁端部に凹線文を施す。2252・2253は甕Iで,体部外面に叩き痕を明瞭に残す。2254〜2257は甕Jで,2254は体部外面に<b>刷毛目</b>を残す。2258〜2323は甕Gで,いわ
Thumnail
Subtitle : 木葉川災害復旧等関連緊急事業に伴う埋蔵文化財発掘調査
Volume : 1
Series Number : 264
Author : 馬場 正弘
Participation-organizations : 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Publisher : 熊本県教育委員会
Publish Date : 20110331
Submit Date : 2015-12-07
等は、出土遺物観察表で掲載した。6須恵器については、断面を黒で塗色し、その他のものは白抜きにした。7土師器甕および鉢の内面の調整で、ヘラ削りは矢印で方向を示した。また、<b>刷毛目</b>の方向は、終点
Thumnail
Subtitle : 1
Volume :
Series Number : 79
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会
Publish Date : 19890331
Submit Date : 2017-07-05
に対口縁部内外面ヨコナデ褐色暗褐良鍔以下の体羽釜しほぽ直角。体部丸体部外面斜位の荒いハ色部外面ススし' o ケメ。内面横位の細か付着。い<b>ハケメ</b>。1 1 SK6 土師器3 2 , 6 1/6 「く」の字状に外反体部外面上方<b>ハケメ</b>調淡褐淡褐良PLI‑5 鍋し、口縁
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 10
Author : 小島 純一
Participation-organizations : 前橋市 - 群馬県
Publisher : 粕川村教育委員会
Publish Date : 19890331
Submit Date : 2015-11-19
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 福岡県筑後市大字蔵数、西牟田所在遺跡の調査
Volume : 8
Series Number : 71
Participation-organizations : 筑後市 - 福岡県
Publisher : 筑後市教育委員会
Publish Date : 20060310
Submit Date : 2013-05-14
iと1 7 . 4C f f i で器面調整は外面及び口縁部内面は<b>刷毛目</b>、内面ケズリである。2 7は口縁部が緩やかに外に開いており、復元口径1 5 . 8Cf f i である。2 8・2 9はロ
Thumnail
Subtitle : 福岡県筑後市大字四ケ所所在遺跡の調査
Volume : 1
Series Number : 10
Author : 小林 勇作
Participation-organizations : 筑後市 - 福岡県
Publisher : 筑後市教育委員会
Publish Date : 19940331
Submit Date : 2013-05-24
OOl 出土の瓶(2) と同一固体と思われる。瓦器火入れ(10) 高台径16. 6 cm を測り、1. 2cm の小孔を有する。外面はナデで、内面は横方向に<b>刷毛目</b>を施す。白磁皿(5. 6) 5 は口径10
Thumnail
Subtitle : 新熊本県八代総合庁舎建設事業に伴う埋蔵文化財調査報告
Volume : 1
Series Number : 153
Author : 高谷 和生
Participation-organizations : 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Publisher : 熊本県教育委員会
Publish Date : 19960331
Submit Date : 2015-12-24
に綾を持つ特徴を有し、ラッパ状に広がる。外面は指圧が一部残存するがナデ調整、内面は<b>ハケ目</b>調整で、頭部内側には指圧が明瞭に残る。2は高台付須恵器杯で上層よりの出土。高台は外側縁辺側に張り付き、径が10cm とやや大型で、外面
Thumnail
Subtitle : 県営圃場整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume : 1
Series Number : 134
Author : 江本 直
Participation-organizations : 熊本県教育庁教育総務局文化課 - 熊本県
Publisher : 熊本県教育委員会
Publish Date : 19930331
Submit Date : 2016-03-31
大型の住居跡でほぼ正方形である。出土遺物(第11図)高坪の実測が可能であった。やや小型の高坪で脚部片資料である。明褐色の色調で石英などの砂粒を多く含んおり焼成は充分である。筒部に<b>刷毛目</b>の調整痕が見られる。4個の
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 39
Participation-organizations : 秋田県教育委員会 - 秋田県
Publisher : 秋田県教育委員会
Publish Date : 19760331
Submit Date : 2013-01-17
ハケ自ヘラミガ白キハケ呂ハケ自ヘラミガキへラミガキ~,ラミガキへ、ラミガキ令ラミ力、. キ<b>ハケ目ハケ目整底部内面外面一木葉痕ハケ目木葉痕木葉痕木葉痕木葉痕へラミカーキハケ日現は現高を示すハケ</b>目=<b>刷毛目</b>ーは調整不明備,考心J t . D 壷・甑番住居跡号名l

Refine my results

Tag
Participation-organizations
Report Type
Publish Year
Auther