Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
発行機関の方へ
21768 reports
( compared to the privious fiscal year + 616 reports )
( Participation 419 Orgs )

Simple Search

Participation-organizations三重県

( "backed blade" OR ナイフ形石器 OR ナイフシェイプドトゥール )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 133-6
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19960300
Submit Date : 2017-07-11
は、東2 歴史的環境( l ) 旧石器•縄文時代この地域の旧石器時代から縄文時代初めにかけての代表的な遺跡として、玉城町カリコ遺跡( 2 ) や小俣町ママ田遺跡がある。多量の<b>ナイフ形石器</b>、尖頭
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 146-3
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19970300
Submit Date : 2017-07-19
時代旧石器時代・縄文時代については、遺構は確認されず遺物の出土のみであった。出土層位はほとんどが遺物包含層、古墳の盛土・旧表土からである。<b>ナイフ形石器</b>( 1 1 3 ) はいずれもチャート製で、縦長
Thumnail
Subtitle : 多気郡明和町上村
Volume :
Series Number : 181
Author : 西出 孝
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19981000
Submit Date : 2017-07-19
構レベル測定終了。B地区下層TPを1 0 ケ所設定。7 月1 8 日掘り下げ作業再開。TPより<b>ナイフ形石器</b>出土。並行してA地区の遺構検出。遺物は、B地区に比べ少ない。7 月2 4 日A地区の掘り下げほぽ終了。コドノB
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 87-13
Author : 田村 陽一
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会 | 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19910331
Submit Date : 2017-07-05
どの遺物が出士した。遺構の中心時期である飛鳥〜奈良時代の遺物が多い。その他の時期のものも葦的にはすくないものの、旧石器時代の<b>ナイフ形石器</b>、縄文時代草創期の有茎尖頭器、同中期・晩期の土器と石器、弥生時代の土器、古墳時代〜中世
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 242
Author : 萩原 義彦
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20030300
Submit Date : 2017-07-28
代の概況は発掘調査による成果から窺えない状況である。よって凡そ志摩半島周辺域で概略をみていきたい。まず旧石器については、発掘調査による成果がほとんどなく、遺物の表面採集によって知られている遺跡がほとんどである。阿児町では、<b>ナイフ形石器</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 82
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会
Publish Date : 19880331
Submit Date : 2017-06-19
地域で唯一発掘調査が行われており、県下で二例目の国府型<b>ナイフ形石器</b>をはじめ、チャート製の小型<b>ナイフ形石器</b>、舟底形石器、掻器、楔形石器、石核等が出土している( 3 ) 。当遺跡の東方約7 0 0 m の東伸遺跡( 2 ) では、<b>ナイフ形石器</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 160
Author : 松葉 和也
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19970331
Submit Date : 2017-07-19
・落ち込み掘削。写真撮影、遺構実測。遺物中に<b>ナイフ形石器</b>とみられるものがあるとの指摘。下層調査の必要がある。2 3日2 5日2 8日1 1 月1 1日1 2日1 4日1 8日2 0日2 2日2 5日2 6
Thumnail
Subtitle : 三重県多気郡大台町柳原
Volume :
Series Number : 158
Author : 松葉 和也
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19970300
Submit Date : 2017-07-19
城町カリコ遺跡とともに県内有数の旧石器時代の遺跡として知られている。1 9 7 6 年から翌年にかけて行われた発掘調査では、<b>ナイフ形石器</b>・スクレイパーをはじめとする遺物が2 万点以上出土している。他には大台町中野遺跡( 4 ) 、同町黒ヶ谷遺跡( 5 ) 、同町
Thumnail
Subtitle : 一般県道度会玉城線道路改良事業に伴う
Volume :
Series Number : 103
Author : 上村 安生
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会 | 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19920300
Submit Date : 2017-07-05
年と5 9 年に発掘調査が行われており、国府型<b>ナイフ形石器</b>をはじめ、チャート製の小型<b>ナイフ形石器</b>、舟底形石器、掻器、楔形石器、石核等が出①土している。当遺跡の東北約7 0 0 mの東伸遺跡( 3
Thumnail
Subtitle : 一般県道田丸停車場斎明線道路改良事業に伴う
Volume :
Series Number : 104
Author : 上村 安生
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19920300
Submit Date : 2017-07-05
り明らかになってきている。なかでも、上地山遺跡( 2 ) は昭和5 8 年と5 9 年に発掘調在が行われており、国府型<b>ナイフ形石器</b>をはじめ、チャート製の小型<b>ナイフ形石器</b>、舟底形石器、1 蚤器、楔形石器、石核等が出①士し
Thumnail
Subtitle :
Volume : 1
Series : 研究紀要
Series Number : 16-2
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20070300
Submit Date : 2017-08-10
いに連綿と並宜する様相がうかがえる。次に各時期の動向を概観してみたい。なお、嬉野宮野町より上流域の狭陰な山間部については、今のところ、矢下(大垣内)遺跡で断片的に確認されているだけである。旧石器時代雲出川流域を含めて中勢地域で<b>ナイフ形石器</b>
Thumnail
Subtitle : 一般国道23号中勢道路(12工区)建設事業に伴う 
Volume :
Series Number : 115-31
Author : 水橋 公恵
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20130300
Submit Date : 2017-08-28
ごとに簡単に述べる。(1)旧石器・縄文時代旧石器時代の遺構は確認されていないが、四ツ野B遺跡②(23)で<b>ナイフ形石器</b>が出土している。縄文時代の遺構としては、木造赤坂遺跡(21)や井手ノ上遺跡③(22)で検
Thumnail
Subtitle : 多気郡多気町土羽所在
Volume :
Series Number : 298
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20080300
Submit Date : 2017-08-17
時代]多気町内の文化の幕開けは、町内土羽の東南部から始まる。三川遺跡(2)や、当遺跡に隣接した丘陵平坦面に広がる平林遺跡(3)では、<b>ナイフ形石器</b>や縦長剥片が採集されている。これ
Thumnail
Subtitle : 多紀郡大台町下三瀬所在
Volume :
Series Number : 369
Author : 小倉 礼
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20160318
Submit Date : 2017-06-01
歴史的環境旧大台町町域にあたる宮川中流左岸の河岸段丘は、旧石器時代から縄文時代の遺跡が多い。宮川と支流の濁川が合流する栃原地区には、<b>ナイフ形石器</b>等、豊富な出土品で知られる出張遺跡①(大台町栃原)や早
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 125-3
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19950300
Submit Date : 2017-07-11
時点で本遺跡で検出された土師器焼成坑の数は2 1 4基となった。これと並行して、前年度の試掘で明らかになった第3次調査区の下層、第4次調査区の下層を調査し、<b>ナイフ形石器</b>や剥片などが出土した。調査区は標裔1 4 .5m から1 5 m の低
Thumnail
Subtitle : 三重県多気郡勢和村片野
Volume :
Series Number : 171
Author : 松葉 和也
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19990300
Submit Date : 2017-07-19
( 5 ) で<b>ナイフ形石器</b>が採集されている。2 縄文時代縄文時代になると遺跡数は増加する。草創期の遺跡では、北新木遺跡( 6 ) で木葉形尖頭器、コバサマB遺跡( 7 ) で有
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 75
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県教育委員会
Publish Date : 19860300
Submit Date : 2017-06-19
・尖頭器•石銭などを出土した切原のナゴサ遺跡や、<b>ナイフ形石器</b>・掻器・石錢などを出土した船越②のヒロサキ遺跡があげられる。ヒロサキ遺跡では、黒曜石製の石鏃も見られ興味深い。縄文時代では、船元I 式、爪型
Thumnail
Subtitle : 三重県松阪市中万町大川上
Volume :
Series Number : 189
Author : 柴山 圭子
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19990331
Submit Date : 2017-07-28
歴史は旧石器時代まで遡ることができる。下流の上寺遺跡③( 3 ) で<b>ナイフ形石器</b>が出土しているが、当時の人々の生活の中心は上・中流域であったようである。縄文時代早期になると、押形文士器が出士している鴻ノ木遺跡( 4 ) 、朱中遺跡( 5
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 227
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20020300
Submit Date : 2017-07-28
的環境志登茂川流域の最古の人間活動の痕跡は、先土器時代末まで遡る。中鳶遺跡の南、見当山丘陵の北側( 1 ) 端部に所在する津市一身田の⑬大古曽遺跡や志登茂川を望む台地上に立地する津市大里窪田町の⑪六大( 2 ) B遺跡では、<b>ナイフ形石器</b>
Thumnail
Subtitle : 一般国道23号中勢道路(9工区)建設事業に伴う
Volume :
Series Number : 115-11
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20060300
Submit Date : 2017-08-10
茂川と中ノ川の間に広がるこの丘陵には須恵器古窯跡が多数確認されている。2歴史的環境六大B遺跡(1)は、弥生時代から近世に至る複合遺跡である。遺物だけをみればチャート製の<b>ナイフ形石器</b>がA地区①で出土している。<b>ナイフ形石器</b>は本遺Ⅱ位置と環境−6 −第2図遺跡位置図(1