Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
おすすめ
発行機関の方へ
21774 reports
( compared to the privious fiscal year + 622 reports )
( Participation 419 Orgs )

Simple Search

( amalgam OR アマルガム )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle : 平成18年度発掘調査報告書ほか
Volume :
Series Number : 90
Participation-organizations : 多賀城市 - 宮城県
Publisher : 多賀城市教育委員会
Publish Date : 20080328
Submit Date : 2013-06-20
に微量に水銀が確認できた(註3)以上の結果から、地金は銅で、表面に金<b>アマルガム</b>法による鍍金が施されていることが明らかとなった。※番号はスペクトルのグラフ及び本文と対応分析箇所1:表面の緑青分析箇所6:接合部分分析箇所3:赤褐
Thumnail
Subtitle :
Volume : 1998
Series : 年報
Series Number : Ⅰ
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19980930
Submit Date : 2015-09-09
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 出土遺物の色彩と輝き
Volume :
Series Number : 19
Author : 森下 浩行
Participation-organizations : 奈良市 - 奈良県
Publisher : 奈良市教育委員会
Publish Date : 20011101
Submit Date : 2011-11-11
、水銀朱には別の利用法がありました。それは、水銀の融点が低いのを利用して鍍金、金メッキに使用されたようです。これを<b>アマルガム</b>銭金法と呼びます。『万葉集』には、「真金吹く丹生の真朱」という表現もあり、当時
Thumnail
Subtitle : 第二東名建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 森町-6
Series Number : 6
Participation-organizations : 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Publisher : 静岡県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20120316
Submit Date : 2018-04-11
成分の元素と見られる。なお、ほとんどの試料から水銀(Hg)が検出されているが、水銀(Hg)は耳環に箔処理を施す際に使用された<b>アマルガム</b>に由来するものと推察される。<b>アマルガム</b>
Thumnail
Subtitle : 那珂遺跡群67次調査の概要
Volume :
Series Number : 672
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20010330
Submit Date : 2017-06-20
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 12
Participation-organizations : 山梨県埋蔵文化財センター - 山梨県
Publisher : 山梨県埋蔵文化財センター
Publish Date : 19960331
Submit Date : 2014-02-06
市御所遺跡の平安時代の住居跡から出上した石器に金粉と水銀朱が付着していることが明らかになり、<b>アマルガム</b>鍍金に係わる遺物として注目されています。また、県指定史跡甲府城の調査は6年目にはいり、大きな成果を上げております。このほか、県内
Thumnail
Subtitle : 主要地方道指宿鹿児島インター線改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume : 1
Series Number : 196
Participation-organizations : 鹿児島県教育委員会 - 鹿児島県
Publisher : 鹿児島県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20180331
Submit Date : 2018-06-15
山鉱山のまとまった記録は,明治43 年の井上(1910)によるものがある。そこには開坑が明治32(1899) 年で,当時は池田湖畔の製錬所で混汞法(=<b>アマルガム</b>法)と青化法によって青金(金銀の合金)を生
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series :
Series Number :
Author : 中野 敦夫
Participation-organizations : 明和町 - 三重県
Publisher : 明和町教育委員会
Publish Date : 20010331
Submit Date : 2018-04-05
結果の一覧を表-1に示す。母材は銅製であった。接合部は、いずれも母材よりも相対的に銀(Ag)のピークが高い。銀単体か銀ロウ(銀と銅の合金)を用いて接合しているとみられる。表面は金<b>アマルガム</b>による鍍金と推定される。柄巻
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 13
Author : 西川 英樹
Participation-organizations : 加古川市 - 兵庫県
Publisher : 加古川市教育委員会
Publish Date : 20001225
Submit Date : 2012-02-17
耳環はヒ素、銀を含有する銅芯の上に銀の薄板を巻き、①<b>アマルガム</b>により鍍金を施した、②水銀を使用して金箔を貼る、のいずれかの方法で製作されたと考えられる。(菅井裕子中越正子渡辺智恵美) 重さ後a b a b' C d
Thumnail
Subtitle : 大月バイパス建設に伴う発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 154
Participation-organizations : 山梨県埋蔵文化財センター - 山梨県
Publisher : 山梨県教育委員会
Publish Date : 19980331
Submit Date : 2013-03-22
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2007
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20070620
Submit Date : 2015-07-21
から精錬まで)から製品を作る銀細工の作業まで、一貫して行なっていた可能性を指摘することができる。混汞法(<b>アマルガム</b>法)の可能性銀粒の中に、鉛ではなく水銀を伴うものが存在した(図44)。分析
Thumnail
Subtitle : 桑原石ヶ元古墳群調査の報告
Volume :
Series Number : 744
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20030331
Submit Date : 2017-06-23
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 県営首里城公園中城御殿発掘調査報告書
Volume : 6
Series Number : 95
Participation-organizations : 沖縄県立埋蔵文化財センター - 沖縄県
Publisher : 沖縄県立埋蔵文化財センター
Publish Date : 20180331
Submit Date : 2018-05-25
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 5
Participation-organizations : 島根県教育庁 - 島根県
Publisher : 建設省松江国道工事事務所 | 島根県教育委員会
Publish Date : 19940300
Submit Date : 2010-06-25
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 平成19年度(都)沼津三島線重点街路整備事業(地方特定)工事に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 184
Participation-organizations : 静岡県埋蔵文化財センター - 静岡県
Publisher : 財団法人静岡県埋蔵文化財調査研究所
Publish Date : 20080320
Submit Date : 2015-12-14
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 15
Participation-organizations : 出雲市 - 島根県
Publisher : 出雲市教育委員会
Publish Date : 20120531
Submit Date : 2017-06-09
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle : 石のカラト古墳・音乗谷古墳の調査
Volume : 1
Series Number : 72
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 独立行政法人文化財研究所奈良文化財研究所
Publish Date : 20050331
Submit Date : 2015-07-21
Highlight was not work when hit position over 50000 character
Thumnail
Subtitle :
Volume : 1996
Series : 年報
Series Number :
Participation-organizations : 奈良文化財研究所 - 奈良県
Publisher : 奈良国立文化財研究所
Publish Date : 19970315
Submit Date : 2015-09-09
建築の飾り金具などの荘厳にも応用されるようになった。図1 は1 9 9 3 年の発掘調査で本薬師寺から出土した垂木先金具の一部である。埋蔵中に表面を覆うようになった緑青さびの下から現れた賞金色が、創建当初の豪華さを続わせる。古代における鍍金法は、水銀と金の合金である金<b>アマルガム</b>
Thumnail
Subtitle :
Volume : 2
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 三重県立斎宮歴史博物館 - 三重県
Publisher : 斎宮歴史博物館
Publish Date : 20100326
Submit Date : 2017-05-12
時代前期とみられる第次調査の金銅製蛇尾の出土とあわせ、官衙としての斎宮の一端を示すものである。一方、第次調査出土の金銅製釦は製作技法でも注目される。分析によると表側は金<b>アマルガム</b>によるめっき、裏側は金箔張りと技法を違えており、裏側
Thumnail
Subtitle : 平成14年度発掘調査概報
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 三重県立斎宮歴史博物館 - 三重県
Publisher : 斎宮歴史博物館
Publish Date : 20040300
Submit Date : 2017-05-30
Highlight was not work when hit position over 50000 character