Headerlogo en 奈良文化財研究所 ホーム
Search
Translate Free Word
List
Others
Event nav
Word map
Howto
Meeting entry
20625 reports
( compared to the privious fiscal year + 1828 reports )
( Participation 381 Orgs )

Simple Search

( "yayoi pottery" OR 弥生土器 )

Site Name・Site Name Transcription・Address・Address Transcription・Site Number
Thumnail
Subtitle :
Volume :
Series Number : 弥生時代編
Participation-organizations : 中野市 - 長野県
Publisher : 中野市教育委員会
Publish Date : 19990301
Submit Date : 2011-05-16
もの長い間続きましたが、約2千4百年前、米作りの技術は約百年ほどかけて、本州の北端、青森県にまで広がります。r体列島に住む人々の生活は大きく変わったのでした。縄文土器と<b>弥生土器</b>ヒは姥ケ沢遺跡出卜.の縄
Thumnail
Subtitle : 4次調査 松山市保健センター南部分室・松山市南部児童センター整備事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 146
Author : 武正 良浩
Participation-organizations : 松山市 - 愛媛県
Publisher : 松山市教育委員会/財団法人松山市生涯学習振興財団埋蔵文化財センター
Publish Date : 20100331
Submit Date : 2012-04-10
図版の作成は大西朋子が行った。6.遺構図・遺物図の縮尺は、縮分値をスケール下に記した。7.本書で使用した<b>弥生土器</b>の編年については『<b>弥生土器</b>の様式と編年。四国編』「伊予中部地域」梅木謙-2000を参考にした。8.遺構
Thumnail
Subtitle : 本州四国連絡道路建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume : 4
Series Number : 177
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 19980320
Submit Date : 2016-12-22
<b>弥生土器</b>+石器
Thumnail
Subtitle : 吉志部瓦窯跡、垂水遺跡
Volume :
Series :
Series Number :
Participation-organizations : 吹田市 - 大阪府
Publisher : 吹田市教育委員会
Publish Date : 19880331
Submit Date : 2010-02-23
黒褐色粘質土、淡灰色粘質土を主体にした厚さ約40cmの弥生時代の遺物包含層があり、ここからは遺存状態の良好な中期の<b>弥生土器</b>が出土した。さらに下の土層の状況把握のため、地表下約3.5m(T.P.0.6m)まで
Thumnail
Subtitle : 島名・福田坪一体型特定土地区画整理事業及び常磐新線建設工事地内埋蔵文化財調査報告書
Volume :
Series Number : 230
Author : 鹿島 直樹
Participation-organizations : 財団法人茨城県教育財団 - 茨城県
Publisher : 財団法人茨城県教育財団
Publish Date : 20040326
Submit Date : 2014-12-20
地区画整理事業及び常磐新線建設事業に伴う事前調査所収遺跡名種別主な時代主な遺構主な遺物特記事項島名一町田集落跡古墳竪穴住居跡1 軒<b>弥生土器</b>(壷)土師器<b>弥生土器</b>が共伴し遺跡(杯・賓)ている。墓域近世地下式墳1 基金属製品(古銭・煙管・銅鋏),骨片その他時期不明土坑64基縄文土器(探鉢)次序
Thumnail
Subtitle : 第7次調査報告書
Volume :
Series Number : 907
Author : 吉武 学
Participation-organizations : 福岡市 - 福岡県
Publisher : 福岡市教育委員会
Publish Date : 20060331
Submit Date : 2017-07-06
会社アシックスには水道水を提供頂いた。記して感謝申し上げたい。また、井戸から出土した瀬戸内系<b>弥生土器</b>について、福岡市埋蔵文化財センターの常松幹雄氏にご教示頂いた。調査は以下の組織で行った。調査
Thumnail
Subtitle : 一般国道475号東海環状自動車道
Volume :
Series Number : 186-1
Participation-organizations : 三重県埋蔵文化財センター - 三重県
Publisher : 三重県埋蔵文化財センター
Publish Date : 20000300
Submit Date : 2017-07-28
包含層より<b>弥生土器</b>出土
Thumnail
Subtitle : (都)大日線緊急街路整備工事に伴う発掘調査報告書
Volume : 2
Series Number : 372
Participation-organizations : 兵庫県教育委員会 - 兵庫県
Publisher : 兵庫県教育委員会
Publish Date : 20100320
Submit Date : 2017-03-30
は微高地の最も高位となる地点に立地しているが、さらに微細に見ると遺跡は複数の微高地から構成され、それぞれの微高地上に遺構が分布するようである。遺跡の中央付近には郡内最古の古代寺院である市之郷廃寺が所在する。遺跡の大半は旧国鉄の操車場であったが、その建設の際に出土した<b>弥生土器</b>
Thumnail
Subtitle : 一般国道11号高松東道路建設に伴う埋蔵文化財発掘調査報告
Volume : 5
Series Number : 27
Participation-organizations : 高松市 - 香川県
Publisher : 高松市教育委員会
Publish Date : 19950331
Submit Date : 2010-12-09
クホーによって掘削を行いながら土層観察等によって遺跡の有無を判断した。試掘範囲内には最終的に21本の試掘濤を設定し、掘削を行った。その内、井手東I遺跡の調査範囲である13、14Trにおいて幅4.5m、深さ0.6mと幅0,6m、深さ0.2mの規模をもつ濤状遺構を確認し、<b>弥生土器</b>
Thumnail
Subtitle : 高松市立林小学校校舎建設事業に伴う埋蔵文化財発掘調査報告書
Volume :
Series Number : 127
Participation-organizations : 高松市 - 香川県
Publisher : 高松市教育委員会
Publish Date : 20100331
Submit Date : 2011-09-17
高遺跡の花粉PL.5<b>弥生土器</b>集合PL.61第1遺構面全景(北から)2第1遺構面東側遺構検出状況(北から)3第1遺構面西側遺構検出状況(北から)PL.71.第2遺構面検出(北から)※ピットは上面からの掘込2.SR 1

Refine my results

Tag
Participation-organizations
Report Type
Publish Year
Auther